MENU CLOSE

ネットの話題

「現実を生きるリカちゃん」インスタ投稿に反響 大人を虜にする哀愁

ストレス社会を生き抜く〝清涼剤〟に

うつろな目で遠くを見つめる、スウェット姿のリカちゃん……。社会人として心をすり減らす、ちょっと「大人」な彼女の姿を伝えるインスタグラムアカウントが、共感を巻き起こしています。
うつろな目で遠くを見つめる、スウェット姿のリカちゃん……。社会人として心をすり減らす、ちょっと「大人」な彼女の姿を伝えるインスタグラムアカウントが、共感を巻き起こしています。 出典: 「現実を生きるリカちゃん」のインスタグラム(licca_real)

目次

50年以上の長きにわたり、人々に愛されてきたドール「リカちゃん」。この人形が登場する、とあるインスタグラムアカウントが、絶大な支持を集めています。会社員になったリカちゃんの怠惰な暮らしぶりについて、画像や動画で伝える内容です。元来のファンタジックな世界観を、なぜ覆し続けるのか? 自身も社会の世知辛さと向き合う、作者の女性に話を聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

髪振り乱しごろ寝…凄まじい生活感

販売元のタカラトミーによると、リカちゃんは1967年に発売されたドールです。様々な衣服を着せ替えることができ、人形遊びの定番パートナーとして、多くの人々の心をつかんできました。

しかし話題のインスタアカウント「現実を生きるリカちゃん」(licca_real)を一目見ると、その牧歌的イメージが、美しいまでに打ち壊されます。どの投稿でも、大人になったリカちゃんが、悲哀に満ちた表情を見せているのです。

例えば、「仕事終わりのリカちゃん」と題された画像。髪を振り乱したまま、ソファの上でごろ寝する姿が確認できます。そばにあるテーブルの上を目を移すと、メイク落としに使ったのか、黒ずんだティッシュが……。哀愁漂う一枚です。

ベッドの上に、スウェットや下着などが散乱している光景を、呆然(ぼうぜん)と眺める様子を写したものもあります。足元には、たこ足配線状態の延長コードが置かれ、凄(すさ)まじい生活感を醸し出しています。

寝坊後、慌ただしく出勤するまでの「モーニングルーティン」動画などを含め、これまでに40以上のコンテンツが公開されました。高評価を示す「いいね!」の数が、数千~数万単位に上る投稿も少なくありません。

今年1月に開設されたアカウントのフォロワー数は、増加の一途をたどっています。約2週間前に2500人を突破後、ツイッター上に投稿された関連画像が話題をさらい、人気が爆発。29日時点で、32万人を超えました。

「仕事終わりのリカちゃん」。疲労から、ソファの上で泥のように眠るリカちゃんの姿に、度肝を抜かれる。
「仕事終わりのリカちゃん」。疲労から、ソファの上で泥のように眠るリカちゃんの姿に、度肝を抜かれる。 出典:「現実を生きるリカちゃん」のインスタグラム(licca_real)

「リカ活」が思い出させた手作業の喜び

「取り上げるシチュエーションは、ほぼ私自身の日常の切り抜きです」。投稿者で、20代の女性会社員が、コンテンツの内容について語ります。

幼少期から手芸や工作に親しみ、写真を使った絵本を作るなどしてきました。好きなことを形にする喜びを、実感する日々。しかし成長するにつれ忙しくなり、いつしか趣味の時間が取れなくなっていきます。

そんな中で注目したのが、リカちゃんでした。

元々リカちゃんには「素敵なお姉さん」という印象があり、小学生の頃は、ほぼ毎日遊んでいたそうです。就職後もインスタグラム上の「リカ活(大人が様々な形でリカちゃんとの時間を過ごすこと)」画像などを見て、楽しんできました。

「私が目にしたどのリカちゃんも、とても可愛くてリアルでした。『ズボラでだらしない、こんな自分でも、リカちゃんに投影したら可愛くなるのかな?』。そんな風に興味が湧いたことが、取り組みのきっかけです」

創作は試行錯誤の連続です。コンテンツの雰囲気に合うよう、ネットでリカちゃんの衣装を購入したり、自作したり。またテレビやYouTube好きが高じ、動画編集について独学。比較的苦手な写真撮影は、納得の一枚が撮れるまで粘るといいます。

「アカウントでは、リカちゃんのズボラな生活を映し出しています。ちょっと抜けた一面がありつつも、きれいな服装をさせたらバチッと決まる。私も彼女同様、親しみやすくて格好良い、素敵なお姉さんになりたい。いつも、そう思っています」

「給料前にインスタントラーメンをすするリカちゃん」。スウェットと即席麺という組み合わせが、絶妙な哀愁を生み出す。
「給料前にインスタントラーメンをすするリカちゃん」。スウェットと即席麺という組み合わせが、絶妙な哀愁を生み出す。 出典:「現実を生きるリカちゃん」のインスタグラム(licca_real)

「リカちゃんにも、色んな生き方がある」

ところで女性は先日、「現実を生きるリカちゃん」について、アカウント上でこうつぶやきました。

ただの社畜独身女がストレス社会を生き抜くためにリカちゃんに自分を投影しているアカウントです
「現実を生きるリカちゃん」のインスタグラム(licca_real)

思いは情報の受け手にも伝わり、「自分の日常かと思った」「私も同じことやってる」など、リカちゃんに自らの姿を見て取る人々のコメントが絶えません。

このことに関し、女性は「こんなに反応がいただけるなんて……。世の中みんな、意外とこんな感じなんだ、と勝手に安心しています」と笑います。

女性はYouTubeチャンネル「現実を生きるリカちゃんねる」も運営し、大人になったリカちゃんの毎日を、多方面に発信しています。今後、どんなコンテンツを世に届けたいですか――。最後に尋ねてみると、次のような答えが返ってきました。

「リカちゃんは、私と一緒に年齢を重ねています。その時々の出来事、思っていること、流行っていることを映し出していければ。『人間と同じく、リカちゃんにも色んな生き方があるのかもね』くらいに思って頂きたいです」

「この取り組みは、私自身をリカちゃんに重ね『リカちゃんが可愛いってことは、同じ境遇にある私も可愛いってことだ』と、自分を愛(め)でるためのものです。コンテンツを見て下さる方にも、そうして頂けたらうれしいですね」
リカちゃんの「モーニングルーティン」動画 出典: YouTubeチャンネル「現実を生きるリカちゃんねる」

【関連リンク1】「現実を生きるリカちゃん」のインスタグラムアカウント
【関連リンク2】「現実を生きるリカちゃん」のYouTubeアカウント

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます