MENU CLOSE

連載

#74 コミチ漫画コラボ

「父の日は〝好きな人〟に思いをはせる日」母が漏らした本音を漫画に

家事や育児に積極的ではない父――そう思っていたけれど…
家事や育児に積極的ではない父――そう思っていたけれど… 出典: みりこさんのマンガ「母と父のはなし」

目次

家事・育児に積極的ではない父。「なんで母は結婚したんだろう」と思っていたけれど――。家族のために頑張っている父へ感謝の気持ちを伝える「父の日」ですが、みりこさん(@rkare_ota)には、少し違った思いを抱くようになったきっかけがありました。SNSに投稿したマンガに込めた思いを聞きました。

マンガ「母と父のはなし」:子どもながらに「父は家事や育児に積極的ではない」と思っていたみりこさん。2年前、母とふたりで飲んでいた時に、母がぽろりとこぼした本音は――。マンガのSNSを運営する「コミチ」とwithnewsのマンガ募集企画「#わたしの父の日」に応募し、大賞を受賞しました。

母へ家事・育児を任せきりの父

両親と3姉妹、5人家族の長女として生まれたみりこさん。

物心ついた頃から、父親は仕事で遅くまで帰ってきませんでした。休日にはドライブへ連れていってくれましたが、ごはんや掃除・洗濯といった家事はすべて母親に任せきりでした。

なぜ結婚したの?と思ったいたけれど……
なぜ結婚したの?と思ったいたけれど…… 出典:みりこさんのマンガ「母と父のはなし」

専業主婦の母はそれをてきぱきとこなしていたといいます。みりこさんが中学に上がってからはパートも始め、たまにグチをこぼすことがあっても、父との大きなケンカはなかったそうです。

「家事には休みがありませんし、母は娯楽も後回しにしているようでした。子ども心に大変だろうなと感じていて、なぜふたりは結婚したんだろうと思っていました」と振り返ります。

母の日に比べて父の日は…

みりこさんにとっては平日一緒にいる母の方が「頼れる存在」。これまでの父の日は「ネクタイなどのプレゼントをあげて終わり」という日だったといいます。

「母の日は『家事を母の代わりに全部やる日にしよう』とか、感謝の気持ちを出しやすかったんですが……父は家事もしていなかったし、当時は会社での仕事の大変さも分からず、どう感謝したらいいか分からない気持ちでした」

母が漏らした本音

2年前、みりこさんがパートナーとの同棲を始めるために実家を出ることになりました。

その直前、母の好きなアイドルのコンサートに出かけ、終わった後に居酒屋で打ち上げをします。

コンサートの帰りにふたりで飲んでいると…
コンサートの帰りにふたりで飲んでいると… 出典:みりこさんのマンガ「母と父のはなし」

ほろ酔いの母は「引っ越し前にみりことふたりで飲めてよかったよ」とつぶやき、こう続けます。

「ママから好きになったの、パパが初めてだったんだ」
「そんな好きな人と一緒になれて、子どもにも恵まれて……ママは幸せ者だよ」

幸せそうに語る母の本音を聞いて、「『父』『夫』という肩書以前に、父も一人の人間であり、『母』の”好きな人”だったんだな」と感じたそうです。

子どもの知らない歴史があった

父と出かけてきたことをうれしそうに報告したり、帰りの遅い父をうとうとしながら待ったり――。そんな母のことを思い出しました。

「ママは幸せ者だよ」といってほほえむ母
「ママは幸せ者だよ」といってほほえむ母 出典:みりこさんのマンガ「母と父のはなし」

「ふたりの人間として出会って、思い合って生きてきた。子どもの知らない歴史があったんだなぁ」

そんな両親への感謝の気持ちで、このマンガを描いたといいます。

子どものために我慢していたのかな

昔から、結婚した理由を尋ねても、ふたりとも「相手が『結婚して』って言うから」とはぐらかしていたそうです。

みりこさんはどこかで「子どものために我慢してたんじゃないのかな」と心配していました。

家を出る時になって、気づくことは……
家を出る時になって、気づくことは…… 出典:みりこさんのマンガ「母と父のはなし」

だからこそ「母は『幸せだ』と思っていたんだな、とホッとしました」。

「日常生活を回していくために普段は見せていなかった部分が、ぽろっとお酒の席で出てきたのかな」と振り返ります。

〝好きな人〟が原動力になって

きっと母にも、大変だったことや夫へ腹を立てたこともあったはずです。

「それでも〝好きな人〟が原動力だったんだなぁと……。365日、何十年間もずっとその気持ちだったわけではないと思いますが、『思い返したら幸せだった』という風に語ってくれました」

「ふたりにしか分からない関係性」があるといいます
「ふたりにしか分からない関係性」があるといいます 出典:みりこさんのマンガ「母と父のはなし」

自分自身と母を重ねて見るきっかけにもなったといいます。

「恥ずかしいけどよくできてる」

みりこさんは1年ほど前からマンガを描き始めました。
大好きだった少女マンガの連載再開をきっかけに、「漫画家になりたかった」という小さな頃の夢を思い出したからです。

会社員として働きながら、同棲している彼氏との日々や、日常で感じたことをテーマに、夜や土日に集中して作品を描き上げています。

母にマンガを描いたことを連絡したら「恥ずかしいけどよくできてるね」という反応だったそうです。

初めて「漫画家を目指している」と伝えたところ「やるんだったら最後まで頑張れ」と励ましてくれたといいます。

「父には見せていませんが、もし読んだとしたら照れ笑いするかな、と思います。ことしの父の日のプレゼントはまだ決めていませんが、何がほしいか聞いてみようかな」と笑います。

関係性はふたりにしか分からないもの

これまでSNSなどにアップしてきたマンガの中で、最も反響があった「母と父のはなし」。自身の立場を反映させて読んだ人も多かったようです。

みりこさんは「ふたりの関係性って、そのふたりにしか分からないもの。物事には始まりがあって、その関係性になっていることを伝えたかった」と話します。

みりこさんにとっては印象の薄い父の日でしたが……
みりこさんにとっては印象の薄い父の日でしたが…… 出典:みりこさんのマンガ「母と父のはなし」

みりこさんの両親も、子どもが手を離れてからは、ふたりでコーヒーを飲みにいったり、季節のお花を見に出かけたり……関係性が変化してきたといいます。

そんな関係性は、誰かが否定するものでも外野が決めつけることでもないし、優劣もない。

「この作品が、周りの人を見直すきっかけになったらうれしいです。今後も、誰かに大切に思ってもらえるようなマンガを描いていきたいです」

みりこさんの作品ページはこちら→https://lit.link/miriko
みりこさんの「コミチ」のページはこちら→https://comici.jp/users/rkare_ota
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます