MENU CLOSE

ネットの話題

「お餅とシマエナガは相性がいい」鳥類随一のかわいらしさに悶絶

こどもの日を前に、Twitterに投稿されたのは……

シマエナガの目、口、足を描いた柏餅。やなぎさわごうさんがアカウント「ぼく、シマエナガ。」に投稿しました
シマエナガの目、口、足を描いた柏餅。やなぎさわごうさんがアカウント「ぼく、シマエナガ。」に投稿しました 出典: 「ぼく、シマエナガ。」のTwitter

目次

「柏餅かわいい」という文章とともにツイッターへ投稿された写真は、シマエナガが描かれていて――。近年、人気が高まっている野鳥「シマエナガ」。それを柏餅で表現した「ぼく、シマエナガ。(@daily_simaenaga)」の投稿が大きな反響を呼んでいます。アカウントを運営するやなぎさわごうさんに話を聞きました。

子どもの日を前に投稿

シマエナガが描かれた柏餅が投稿されたのは「こどもの日」を前にした4月26日。

ツイッターでは「かわいすぎて食べられない」「何になってもかわいい」と多くのリプライが寄せられ、約19万の「いいね」が寄せられています。

このアカウントを運営しているのは、5年以上前からシマエナガを撮り続け、かわいい姿の写真を投稿しているやなぎさわごうさん。「お餅とシマエナガは相性がいいんです」と笑います。例年この季節には「柏餅のシマエナガ」を投稿していることから、今年も投稿したといいます。

「目と口を描いたときに可愛くなるよう、ころんとした形状の柏餅を探して、100均のチョコペンで目を描きました。葉っぱは綺麗に巻き直しました」

なかなか撮れずハマったシマエナガ

シマエナガは北海道に住む野鳥で、本州にもいるエナガの亜種です。体長は14センチほど。

札幌の都市部でも見ることができ、やなぎさわさんは「素早く動くので、最初は可愛い写真を撮ることが全くできませんでした。機材を揃えて、時間をかけてようやく撮れましたが、そのときにはすでにハマっていました」と振り返ります。

やなぎさわさんはSNSに、写真だけでなくシマエナガをモチーフにしたスイーツも投稿。

「白くて丸い物に●と▲の目と口を描くと大体シマエナガになるので、白玉や豆大福やお団子を使って今回と似たようなツイートをしています」

柏餅でこだわったポイントは、シマエナガの体に対して、目と口の大きさ・配置。
「シンプルな構成ですが、少しの違いで可愛くなくなったりします」と振り返ります。

海外の人からも「かわいい!」反響

すっかりシマエナガの魅力にとりつかれたやなぎさわさん。シマエナガの可愛いさはもちろんですが、最もとりこになった理由は別にあるそうです。

幻の鳥というわけではなく身近にいる鳥で、コツをつかめば会えますが、「数が多いわけではないのでそう簡単には会えません。かつ、撮影もそこそこ難しいという点が、ここまでハマった理由だと考えています」。

今回のツイートはこれまでで3番目のRT数が多かったといい、海外からのコメントも多かったので、「シマエナガの可愛さが、日本だけではなく海外の方にも伝わったと思うと嬉しく思います」と話します。

「シンプルながら一目で多くの方が『可愛い』と思える造型は鳥類随一ではないでしょうか。シマエナガを撮り始めて5年たちましたが、彼らの生態を知れば知るほどハマっています。これからもずっと撮り続けるのだろうと思います」


やなぎさわごう著『空飛ぶ豆大福 きょうもシマエナガがかわいいね』(しずく書房)
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます