MENU CLOSE

ネットの話題

2557

それなら「こたつごと着てしまえばいい」メーカーの真面目な結論

「言われてみればないよね」

ツイッターで話題になったニッセンの新作ルームウェア「着れるこたつ」
ツイッターで話題になったニッセンの新作ルームウェア「着れるこたつ」 出典: ニッセンの通販サイト

目次

寒い季節、いっそのこと、こたつを着ることができたら――。そんな「人類の夢」をかなえた部屋着がツイッター上で注目を集めています。手がけたファッション通販会社に話を聞きました。

こたつ布団と「一体化」

話題になったのはファッション通販の「ニッセン」が10月23日に発売した「着れるこたつ」(税別6,990円)。

「こたつごと着てしまえばいいんですよ」という文章とともに投稿した写真には、茶色のこたつ布団と「一体化」して横たわる人の姿。

2枚目の写真を見ると、こたつ布団そのものに、首を出す穴と、そで、頭にかぶるフードがついているようです。

これは何なのか?

連投されたツイートには「着られるこたつ布団(ルームウェア)」との説明があります。

さらに「立ち上がる際に引っかからないようご留意くださいね」「こたつとまんべんなく一体化できますが、時には勇気を出して脱いでくださいね」「水分補給などしっかりして、快適なこたつむりライフを楽しんでくださいね」と呼びかけています。

このツイートは、5000回以上リツイートされ、「あったか天国の中で一生動けない」「人をダメにする」「そんなに人を堕落させたいのか!」とのコメントがつきました。


さらに、3日後の26日に、こたつ机がない状態で、着たときの写真が公開されると、まるで魔女のようなシルエットに、「プロメシュームごっこができそう」と「銀河鉄道999」のメーテルの母を思い出す人、「暖かそうなディメンターですね」とハリーポッターに出てくる吸魂鬼を連想する人と、大喜利状態になりました。

「まじめに作られました」

ギャグのような商品ですが、ニッセンに問い合わせると、広報の浪花勝史さんは「至ってまじめに、普通の企画会議で作られました」と説明しました。


開発したのは下着を扱う「インナー」チーム。コロナ禍で外出が減る中、好調に伸びていた部屋着で、秋冬の新作を考えていた企画会議でのことでした。

「寒いといったら、こたつ」
「こたつって背中が寒いよね」

そんな会話から生まれたのが、「着れるこたつ」だったそうです。まさかの部屋着からの発想でした。

誰も止めなかったのでしょうか?

浪花さんは「『言われてみればないよね』って感じで、誰も止めませんでしたね」。

こつこつと築いた信頼

インナーチームは、女性中心で編成されています。これまでも、店頭には並ばない幅広いサイズの下着、トランスジェンダーの人をターゲットにした下着、乳房を手術した後の人向けの下着など、「あったらいいのに」と思う商品を世に送り出してきました。

社内外でこつこつと築いた信頼と、業績の安定が、また、これまでにない、ユニークな商品を生み出す後押しになったようです。

社内向けの展示会でも、好評でした。

一度着てしまうと、「トイレに行くとき大変そう」など、ネット上でも突っ込みはある一方で、「黒がほしい!」と色違いを望む声や、複数人でも着られるものなど、新たな要望も寄せられています。

ウェブ限定販売なので、売れ行きを見ながら、続編も検討するとのこと。

「あったらいいな、という視点で、これからもお客様に『夢がかなった』と喜んでいただけるような、今までにない商品をお届けしていきたいと思います」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます