MENU CLOSE

ネットの話題

98804

ビームスTシャツ「女性蔑視」批判で販売中止 アートとの線引きは?

「モチーフとされた事象へのアンチテーゼ、説明不足だった」

「女性蔑視」批判を受けてビームスが販売を中止したTシャツ=公式サイトのスタッフブログから(現在は削除されています)
「女性蔑視」批判を受けてビームスが販売を中止したTシャツ=公式サイトのスタッフブログから(現在は削除されています)

目次

大手セレクトショップのビームス(BEAMS)が発売したTシャツに批判が集まり、8月31日に販売を中止したことが分かりました。ピンクチラシをモチーフとしたり性暴力を連想させたりする絵柄に対して、「女性蔑視だ」といった声が上がっていました。(北林慎也)

「可愛さと毒々しさが入り混じる」

ビームスは、アパレルブランド「LABRAT/ラブラット」によるTシャツを2020年4月中旬から販売していました。
発売当時、ビームスは以下のような紹介文でSNS投稿していました。

<LABRAT(ラブラット)>から届いた新作は、グラフィックに定評のあるface氏とのコラボレーションアイテム。可愛さと毒々しさが入り混じる印象的なアイテムです。
セレクトショップ大手・ビームス(BEAMS)の公式ウェブサイト
セレクトショップ大手・ビームス(BEAMS)の公式ウェブサイト 出典:https://www.beams.co.jp/

その絵柄は2種類。
女性に拳銃を突きつけて口を押さえた、性暴力を連想させるような絵柄と、下着が見える体育座りの制服姿の女子生徒を思わせるイラストに「おまたせ~エ」「ギャル募集中」「(電話)5474-6060」といった文字が組み合わされた、ピンクチラシを連想する絵柄です。

ビームスが4月中旬から販売していたTシャツ。すでに完売している
ビームスが4月中旬から販売していたTシャツ。すでに完売している 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

前者についてはすでに完売しており、後者のピンクチラシ風の絵柄のみ、販売を続けていました。
この絵柄のアイテム名は「Just call me」で、定価8800円が50%OFFの4400円(税込み)で売られていました。
ビームスのウェブサイトでは、この「Just call me」について、こう紹介していました。

<LABRAT(ラブラット)>から届いた新作は、アーティストのFACE氏とのコラボレーションアイテム。バックプリントには魅力的な女性が描かれており、氏のイラストならではな1品です。
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

また、このブランド「LABRAT/ラブラット」のキャッチコピーを、こう紹介していました。

LABRAT is .... 東京の洋服ブランドです
LABRAT is .... トキメキを忘れない
LABRAT is .... アダルトオンリー
LABRAT is .... モードとストリート
LABRAT is .... 君の服

ビームスのサイト上の説明によると、このブランドとのコラボ企画としてデザインを担当したFACEさんのプロフィールは、次の通りです。

アパレルブランドのデザイナーを務める傍ら、今の時代のCGの「誰にでもできる冷たさ」に疑問を持ち、2014年から「自分にしか出来ない温かさ」を求め、本格的に手描きのイラストを始める。 雑誌などの挿絵をはじめ、七里ガ浜のドライブインカフェ「Pacific DRIVE-IN」へのイラスト提供、渋谷MODIレストランフロアの壁画、伊勢丹ReStyleの装飾のイラスト担当、在日ファンクのグッズイラスト提供、GREEN ROOM Fes 2015の壁画を担当しました。またファッションブランドとのコラボレーションも 数多く、ファッションブランドとの関わりも深い。
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

ビームスのウェブサイトでは、店舗スタッフらによる試着イメージ写真も掲載。次のようなコメントが添えられていました。

<LABRAT(ラブラット)> FACE氏とのコラボ作品。なぜだかドキドキしてしまうグラフィックです。
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

批判の一方、擁護の声も

これに対してSNSでは、公式アカウントの商品紹介投稿や消費者による非難の投稿に、多くの批判の声が寄せられました。

気持ち悪い。ぜんぜん格好良くない
BEAMS終わってる
もうこの店の商品は買わない

ただ、その一方で、

もともと、そういうアイテム出してるブランド
たかだか服に騒ぎすぎ
嫌なら買わなきゃいい

といった擁護の声もありました。

批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

「肯定の意図はなかった」

これらの声を受けてwithnewsは8月31日、ビームスに見解と対応を聞きました。
ビームスでは取材を受けてすぐに販売の中止を決定。同日中に公式サイトからこの商品紹介ページを削除し、通信販売や店舗での販売を打ち切りました。

ビームス広報部は今回の商品企画について、このようにコメントしています。

<LABRAT>様に関しては、今回のface様との商品をはじめ、アーティストを起用した商品やストリートカルチャーに特化したグラフィック商材を多数取り扱いしております。Tシャツ等をキャンバスとして、さまざまなアート作品を発表している<BEAMS T>として、お取り組みを継続してきております。
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

また、「少女買春や性的搾取を肯定している」といった批判に対しては、こう釈明しています。

ビームスとしては肯定の意図はございませんでした。イラストから、そのモチーフとされた事象へのアンチテーゼを感じ取り、仕入れ・販売に至ったものの、販売過程においてその説明が徹底されておらず、誤解を招いてしまったことに責任を感じております。

ビームスでは今回の事態を受けて、「商品のコンセプトを丁寧にお客様に伝えられなかった」として、販売の即時中止を決めました。
現在は商品紹介ページも削除されています。

批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

表現の自由と商品流通の自由

一方で、ビームスの広報担当者は取材に対して、正直に苦渋を吐露しました。

「ラブラットさんはもともと、アートな表現を得意とするブランドです。今回の件を受けて、これまでのアーティスティックな作品までも否定され、ラブラットさんに迷惑がかかるような事態にならないか、心配でもあります」とのことでした。

批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真
批判を受けて販売を中止したTシャツの紹介写真 出典:ビームスの公式ウェブサイトから(現在は削除されています)

芸術や表現の自由は尊重されるべきで、その権利は侵されるべきではありません。

ただ、美術館という仕切られた空間で表現されたり、見る側がアートだという前提で接するのが一般的な美術作品であるのに対し、アパレル商品は見る側のシチュエーションを選べません。
様々な反応を引き起こす可能性がある絵柄がいきなり目に飛び込んできた時、それを不快に感じる人への配慮も考えなければいけません。

緑色のカバーで表紙を隠して売られる、成人向け雑誌(雑誌にモザイクをかけています) =2016年3月、堺市北区
緑色のカバーで表紙を隠して売られる、成人向け雑誌(雑誌にモザイクをかけています) =2016年3月、堺市北区 出典: 朝日新聞

コンビニエンスストアでの成人向け雑誌の販売規制など、表現の自由と商品流通の自由との折り合いをどう付けていくか?
引き続き辛抱強く、社会の側で議論を積み上げていく必要がありそうです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます