MENU CLOSE

マンガ

700044

「お分かりいただけただろうか」子どもの寝かしつけ漫画に共感殺到

わかりみが深い「ほんとにあった怖い話」

ハルノナツミさん(@haruno_102)の漫画「お分かりいただけただろうか」
ハルノナツミさん(@haruno_102)の漫画「お分かりいただけただろうか」 出典: ハルノナツミさん(@haruno_102)のツイート

目次

「お分かりいただけただろうか」――。多くの保護者が苦心する子どもの寝かしつけ。やっとの思いで子どもを寝かした母の「その後」を、まるで「ホラー」のように描いた漫画がツイッターで話題になっています。「分かりすぎる」「ほんとにあった怖い話」と共感を集める漫画の作者に聞きました。

「お分かりいただけただろうか」

子どもの寝かしつけに苦しむ保護者は多いはず。ぐずってなかなか寝なかったり、眠ったかと思ったらすぐに起きてしまったり……。子育てに追われる中で、自分の生活の時間が持てるかどうかは、この寝かしつけにかかっています。

話題になっているのは、そんな寝かしつけの様子を描いたハルノナツミさん(@haruno_102)の漫画です。ツイートにはホラー番組よろしく、「お分かりいただけただろうか。」という言葉が添えられています。一体どういう意味でしょうか。
出典:ハルノナツミさん(@haruno_102)のツイート
「寝 寝た!!!」

寝かしつけのために添い寝をしていた母は、我が子が寝たことを確認。音や揺れで子どもを起こさないよう、慎重な身のこなしで布団から離脱します。華麗に子どもにバスタオルをかけたら、忍び足でとなりの部屋へ。

そしてここから、自分のための穏やかな時間の始まりです。ゆっくりコーヒーを淹れ、トーストを焼き、バターを塗り……さあ食べようとトーストを口に持って行くところで漫画は終わっています。
出典:ハルノナツミさん(@haruno_102)のツイート
しかし、最後のコマをよ~く見ると、「お分かりいただけただろうか」の意味がわかります。それではもう一度ご覧いただこう。笑顔でトーストを食べようとする母の向こうの部屋から、寝たはずの我が子がハイハイで近づいてくる様子が小さく描かれているのです……。

漫画には「わかりみが深すぎる」「全く同じ事が起こりました」「身に覚えがありすぎる」と共感の声が殺到し、5万件以上のいいねが集まっています。

「しんどさ」を昇華して漫画に

作者のハルノさんは0歳の娘の母。娘の子育てを描いたマンガやオリジナルのイラスト、似顔絵などを制作しています。

「育児に携わる人はみなさんそうだとは思いますが、産後から突然子ども中心の生活になり、加えて家事もこなしているとなかなか自分がゆっくりできる時間がとることができずにいます。漫画の通り、朝食が昼前になったり一食抜きになったりは日常茶飯事です」

何時間もかけてぐずる娘を寝かしつけ、ウキウキワクワクしながら淹れたてのコーヒーと焼き立てのトーストを用意しても、絶妙なタイミングで静かに起きてくる我が子。ハルノさんは「今までの寝かしつけした時間をかえして…と泣きたくなります」と振り返ります。
出典:ハルノナツミさん(@haruno_102)のツイート
「それ以外にも『あーしんどいな』と思うことはたくさんありますが、それに苛立ってしまうと更に辛くなってしまう」というハルノさん。こうしたエピソードを漫画に描いたきっかけとして、「当時だったら全く笑えませんが、こういう風にちょっと笑えるような漫画にして、昇華させて気持ちを楽にできないかと思った」といいます。
出典:ハルノナツミさん(@haruno_102)のツイート

共感が「プチ育児交流会」に

反響について「多くの方に笑っていただけたのでよかった」といいますが、その多さ・大きさについては、「自分の気持ちを昇華させるために描いた漫画が、まさかこんなに拡散されるとは」と驚きを隠せない様子です。「うちもそうだった」などの共感の声が多数集まっていることで「『やっぱりみんなそうなんだな。私だけじゃないんだ』と育児疲れを緩和されました」といいます。
出典:ハルノナツミさん(@haruno_102)のツイート
また、共感の他にも、『あの時大変だったんだな、お母さんありがとう!』『親にお礼言わないとなあ…』と、幼い子どもを育てる親の大変さを実感するコメントも寄せられています。ハルノさんは、こうしたコメントを見て、「私自身、親への感謝気持ちを再確認することができました。いつか機会を作って改めて親へお礼を述べたい」と感じたそうです。

「新型コロナウイルスの影響もあり、私は育児仲間との交流が少ないのですが、『うちもこうだったよ〜!』といった沢山のコメントをもらい、Twitterでプチ育児交流会に参加したような気分になれてとても面白かったです。また頑張ろう!と元気をもらえました!」
   ◇

ハルノナツミさんのTwitterアカウント:@haruno_102

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます