MENU CLOSE

ネットの話題

221688

コスプレ撮影のため「ロケ地を開墾」外出自粛コスプレイヤーの本気

「土地をコスプレさせてる」驚きの声

八重さんが「開拓」した畑のビフォー・アフター
八重さんが「開拓」した畑のビフォー・アフター 出典: 八重さん(@yae2424)のツイート

目次

「ロケ撮(ロケーション撮影)行けないならロケ地を作ればいいじゃない」。外出自粛期間を使って、家で持て余していた土地を耕し、ひまわり畑に変身させたコスプレイヤーの投稿が話題です。その変貌っぷりに、ツイッターでは「土地をコスプレさせてる」「コスプレイヤー版鉄腕DASH」「リアルどうぶつの森」と驚きと尊敬の声が集まっています。鳥や猪に邪魔されながらも、ひまわり畑を作り上げた八重さん(@yae2424)に聞きました。

「これが山に住まいしレイヤーの本気」

話題となっているのは、コスプレイヤーの八重さんが投稿したツイートです。「開拓」した畑のビフォー・アフターの写真を、このように紹介しています。
ロケ撮行けないならロケ地を作ればいいじゃない
ということで作ったやつ
うちにある使われてない放置された土地の開拓頑張りましたよ
4月から始めて草刈り耕し種まき鳥に食べられ種まき防鳥対策間引き草むしり…
これが山に住まいしレイヤーの本気笑
八重さん(@yae2424)のツイート
出典: 八重さん提供
投稿には、雑草が生い茂る空き地を耕し、うねを作り、種をまいてひまわりが育っていく過程も紹介されています。満開のひまわりがずらりと並ぶ美しさ。未だかつて見たことのない「レイヤーの本気」に、いいねも4万件以上集まっています。
ひまわり畑ができるまで
ひまわり畑ができるまで 出典:八重さん(@yae2424)のツイート

鳥に食べられ、猪になぎ倒され…

世界に広がるコスプレカルチャー。「コミックマーケット」などでも名物となっており、ハイクオリティなコスプレやユニークな作品がたびたびSNSで話題となり、リアルとネットをつないで熱狂を生み出しています。近年では、昔ながらの町並みや建物を利用するコスプレ撮影会が地方で開催され、町おこしとしても注目されてきました。

しかしウイルス禍によって、地方への移動やスタジオ撮影などがしにくい状況となっています。家でコスプレを楽しむ人たちも増えていますが、準備した衣装を身につけられないまま、季節が過ぎていった人もいたかもしれません。
新型コロナウイルスの影響が広がっていく中で、「今後撮影が出来なくなる」と思った八重さん。好きな花で、「以前から作ってみたかった」というひまわり畑作りに挑戦します。

もともと家が農家だったため、八重さん自身、幼い頃から畑仕事の手伝いをしていたそうです。今回、一部祖父母の力を借りながら作ったそうですが、畑作りは一筋縄ではいかなかったようです。

大変だったことは、「山なので芽が出てすぐ鳥に食べられたり、ある程度大きくなったら猪になぎ倒されたりしたことですね」。
40m×20mほどにわたってひまわり畑が広がっている
40m×20mほどにわたってひまわり畑が広がっている 出典:八重さん(@yae2424)のツイート
自然の力を目の当たりにしながらも、投稿にもあるように、満開のひまわりが並ぶ素敵なひまわり畑を作り上げました。八重さんは「とても手間がかかったので達成感が尋常じゃなかったです」と振り返ります。

ツイッターでは八重さんの行動力に「ロケ地まで作ったレイヤーさんは初めて見ました」と驚きの声が集まっています。大きな反響について、八重さんは「まさかこんなに拡散されるとは思いませんでした。頑張って作ったのでうれしいです」。
コスプレイヤーの八重さん
コスプレイヤーの八重さん 出典: 八重さん提供
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます