MENU CLOSE

マンガ

517329

幼稚園で起きた「正義が暴走した日」マンガに「誰も悪くない」怖さ

涙で伝えた「ちょっとでも覚えていて」

エェコさん(@nakiri_aik)描いた《正義が暴走した日「幼稚園で起きた出来事」》
エェコさん(@nakiri_aik)描いた《正義が暴走した日「幼稚園で起きた出来事」》 出典: エェコさんのツイート

目次

「みんなが悪いと言ってるから、この人が悪いんだ」。周囲の声から思い込んでしまい、自分で確かめないままに、批判の声を広げてしまう……。そんな「正義の暴走」で、自分の娘が幼稚園で子どもたちに「悪い」と決めつけられてしまった出来事を描いた漫画が話題となっています。大人の世界でも起こりうるトラブル。謝罪の場で、母が幼稚園の子どもたちに伝えた内容に「大切なことを教えていただいた」とコメントが寄せられています。

エェコさんが描いた「正義が暴走した日」

話題となっているのは、漫画家・エェコさん(@nakiri_aik)がツイッターに投稿した漫画です。実際にあった出来事を描いた漫画は、娘がぶたれてケガをしてしまったという電話が、幼稚園からかかってきたことから始まります。
出典:エェコさんのツイート
ケガ自体は軽いものだったのですが、エェコさんが幼稚園にかけつけると娘はパニックで泣きじゃくっています。先生が、エェコさんに経緯を説明してくれました。

きっかけはキャラクターの「シール」。エェコさんの娘に「シールをあげようか?」といつも聞いてくる友だちがおり、「ほしい」と答えると「あげない」と言われることが何回かあったそうです。困る娘にエェコさんが「『いらない』って言えばもう言ってこないと思うよ」とアドバイスしたことで、この日、娘は友だちの「あげようか?」を初めて断りました。
出典:エェコさんのツイート

ところがいつもと違う返事に、友だちは腹が立ったようです。「ヒドイこと言われた」と周囲の子どもに胸の内を明かすと、「娘がひどいことをした」という言葉だけが広がっていきました。

「本当は違うのに」と思っても、娘は怖くて萎縮してしまい何も言えません。すると、「ひどいことをしたのに謝らない」という話を聞いた男の子が、娘を叩いてしまったのでした。男の子は頭を叩こうとしたようですが、頰に当たり、娘はショックで泣いていたのです。

出典:エェコさんのツイート
園庭の隅で行われていた出来事で、気付かなかったことを先生は平謝り。一方エェコさんは「先生のせいではないです……」と答えながら、一連の出来事をかみしめて「みんな悪くない」と考え始めます。

最初に「ヒドイ」と言った友だちも、意地悪ではなく自分の感じたことを話している。他の子どもたちも、自分たちが「正しい」と思った。男の子も、周囲の意見を信じた……。しかし、こうして人数が増えることで、ひとつの意見が「正しい」とされてしまう「正義の暴走」を、エェコさんは目の当たりにしたのでした。
出典:エェコさんのツイート

「心が傷つくって家族もみんな悲しい気持ちになる」

翌日、娘は初めて幼稚園に「行きたくない」と口にしたため、エェコさんは家で娘とゆっくり過ごすことにしました。その翌日は参観日でしたが、娘は「行く」と即答。参観中も元気に過ごしていました。

帰ろうとした時、エェコさんは先生に呼び止められます。一連のトラブルに関わった子どもたちとその保護者が、謝罪したいとのことでした。迷いながらも行ってみると、子どもたちは元気に仲直り。「お母さんからも何かありますか?」と言われたエェコさんは、子どもたちに「知っておいてほしいことがあるんだ」と伝えます。
出典:エェコさんのツイート
幼稚園と友だちが大好きだった娘が初めて「行きたくない」って言ったこと。みんなを嫌いになったわけじゃなく、「怖い」と思ったこと。心が傷つくと体のようには治らないこと。誰も悪くない、ということ……。

「もしまたこういうことになったら両方のお話を聞いてあげてほしいの 『みんな』が言ってるからそれが正しいって思わないで 両方のお話もちゃんと聞いてあげて」

「必ず先生にも一緒に考えてって混ざってもらって下さい みんなはまだ子どもだからみんなだけで解決するのはできないと思うんだ だから大人の知恵も借りて下さい」
出典:エェコさんのツイート
「心が傷つくって その子だけじゃなくて パパやママ…家族もみんな悲しい気持ちになるんだ だから…だから…」。そう話しながら、エェコさんの目からは涙が流れていました。

「大人でもとても難しいことですが とても大切なことだと思っています 全部でなくても…一部でもいいから 覚えていてほしい… そう願っています」という言葉で漫画はしめくくられています。

「誰も悪くない」自身の体験があったから

作品には、6万件以上のいいねが集まり、「我々も意識しなくてはならない」「すごく大事な内容だ」「いいお母さんだ」などのコメントが寄せられています。特に目立つのは、自分の身に起こったら「誰も悪くない」と思えるかどうか、という葛藤でした。

こうした考えに至った背景ついて、作者のエェコさんは「実は私自身、小学校の頃に娘と同じ体験をしました」と明かします。

「その時は娘の時より酷く集団で責め立てられ暴力も振るわれました。とても怖かったです。その後、先生が気がついて双方に事情を聞いてくれたのですが、相手方はたった一人の『あいつが動物をいじめていた』という言葉を信じ、行為に及んだということがわかりました」

しかし、その相手の言い分の真相は「勘違い」でした。エェコさんが野良猫をなでていたところを、猫を叩いているように見間違えていたのです。
出典:エェコさんのツイート
「暴力はいけないことなので相手方は思いっきり先生や親御さんに怒られていましたが、みんな正義だったんです。そんな体験があったからだと思いますが『誰も悪くない』と思えたんだと思います。必ず双方から事情を聞くのは大切だと考えています」

こうした娘の体験を経て、「私の体験談で同じように悩んでいる方のお役に立てられれば」と思い、今回の漫画を描いたのだといいます。

「ちょっとでも覚えていてくれたら」

もともと娘は、熱が出ても「行きたい」というほど幼稚園が大好きでした。今回の出来事で「行きたくない」と言ったことは、エェコさんにとってもショックだったそうです。しかし「今は娘の心のケアを最優先」と休ませたことは、娘にとっても安心できる時間になったのではないでしょうか。エェコさんによると、今も娘と友だちは「あの出来事があったの?ってくらい仲よく遊んでいます。うれしいです」。

子どもたちに伝えた話についても、「なるべく子どもにもわかりやすい言葉を選んで伝えたつもりです。ちょっとでも覚えていてくれたら嬉しいなと思っています」とエェコさん。
出典:エェコさんのツイート

「娘は年齢が低いので無事解決できましたが、年齢があがるにつれてより複雑な出来事が起こってしまうかもしれません。その時、この漫画のような方法では解決できない場面が出てくると思います。しかしやり方は違えどなるべく平和的に解決するため、できる限り子どもをサポートできたらなと思っています」

   ◇

エェコさんのTwitter:@nakiri_aik
ブログ「ヲタママだっていーじゃない!」:http://wotaku-ikuji.blog.jp/

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます