MENU CLOSE

連載

11240

#14 漫画「あなたそれでも教師ですか」

悩んでも、心情の変化なんかない 美術科男子の〝あがき〟を漫画に

「悩んで何回も塗り直して表面凸凹だけど、離れてみたらさっきと同じ直線やん」

「あなたそれでも教師ですか」男子くん編
「あなたそれでも教師ですか」男子くん編

目次

画家になる夢を持ちつつ教職に就く主人公・「新米くん」が、勤務先の高校での生活を通じて成長していく姿を描くマンガ「あなたそれでも教師ですか」。新米くんが副担任として受け持つ美術科クラスの生徒、「男子くん」は、明確な夢がないことから、所在のなさを感じています。そんな男子くんに「俺のライバルになれ」と言った新米くん。「夢」の手前にあるものに気づかされるストーリーを描いたのは、作者でインスタグラムを中心に作品を発表している、イラストレーターのしろやぎ秋吾さん(@ siroyagishugo)です。答えの出ないモヤモヤを表現し「何も変わらなくてもいい」と割り切って描いたという作品について聞きました。

新米くんを追い抜いた男子くん

部活動の時間、男子くんは陸上部の仲間と一緒に、学校の外周をランニングしています。

男子くんは、前回の話で「夢って必要ですか」という男子くんの問いに対して「夢…目標…じゃあ俺のライバルになれ!」と返した新米くんを含む柔道部の集団を抜きます。

柔道着姿の新米くんは、「ライバル」の男子くんに抜かれて焦った様子。距離を徐々に詰めていきます。

「ライバル対決」 デッドヒートの結果は

必死になって抜き返した新米くんですが、男子くんは「ライバル宣言」を思い出したのか、そんな新米くんをもう一度抜き返します。

お互いを意識した二人は、デッドヒートを繰り広げますが、男子くんは陸上部。無理がたたった新米くんがダウンして、「ライバル対決」は、あえなく終焉を迎えます。

「走ってる時どこみてる?」

場面は変わり、男子くんは陸上部の仲間とトレーニングをしながら会話をしています。
友人から「なあ、田村ってさあ、走ってる時どこみてる?」と問われた男子くんは「どこってそりゃあ、ゴールに向かって…」と答えます。
ところが、まっすぐに伸びるトラックを前に「いやちがうか…」と前言を撤回します。

「ゴールのもっと向こうをみて走ってる」

そしてゴールのラインを超えると同時に、「けど、ここでおしまい」。

これまで「夢」について思いを巡らせていた男子くんですが、その夢はつまり陸上でいうところの「ゴールのもっと向こう」にあたるのかもしれません。そして、夢の手前に、一つの区切りである「ゴール」の存在があることも、ここでは表現されています。

一点透視図法の消失点=「夢」?

そして、中学時代を回顧する男子くん。美術を志すきっかけになった、「一点透視図法」の授業を思い出します。
男子くんが描いた作品を「がんばったじゃん」と褒めてくれた美術の先生は、一点透視図法の説明をする際、こんなことを言っていました。

「このままだと直線は消失点に向かって無限に伸びていってしまうので、線を描き足して奥行きを決めてあげよう」

そう言って、消失点の手前に一本の線を書き加えます。

それを思い出した、現在の男子くん。「無限に伸びる線…そっかあのときゴールのもっと向こうを描こうと思ったんだよ」

「しょーもな」――。
自宅の部屋に飾られた、中学時代に描いた作品を見つめ、男子くんは困ったような笑顔でつぶやきました。

悩んで、何もかわらなくてもいい

「夢」がみつからなくてモヤモヤし続けた男子くん編はこれで最終回です。
男子くんは、「夢」というぼんやりとしたものに具体性を持たせたくて、中学時代を振り返ったり、新米くんに「夢は必要ですか」と聞いてみたり、色々と試行錯誤しました。「男子くん編」では、男子くんの「夢」についてハッキリとした答えが出たわけではありません。ただ、男子くんが必死にあがいたその思考の跡そのものが作品になっているように思えるのです。
男子くんの姿をどう捉えてストーリーを構成したのか、作者のしろやぎさんに聞きました。

 【しろやぎさんコメント】

《走るのが気持ちいい。頭が酸欠になって自分の足が動いているのかもよくわからない状態になって、視線だけは前を向いていて奥の点に向かって吸い込まれていく。
その間は何も考えなくてよくて、言葉で言い表せられないような感覚で、シューっとなってスーってヒューンってなる感じ。

しんどいけどずっと走っていたい。終わりたいけど終わって欲しくない――。》

男子くんは、そんな感覚を、中学の時美術にハマってしまったときも、高校生になったいまも持っています。

もしかしたら中学の頃の男子くんは、漠然と、未来へ向かう希望みたいなのを持っていたのかもしれません。しかし高校生になって1年がもうすぐ終わりそうな頃、うっすら学校生活の終わりを感じた時に、卒業後がリアルにイメージできなくて色々悩んでみています。

私が漫画を描きながら考えていた男子くんのキャラクター像は、「高校生になっても変わらず走るのが好きな、真っ直ぐな人」です。悩んで結局何も変わらなくてもいいと思って描きました。

男子くんの「なんで先生になったのか」「夢って必要ですか」という質問に、新米くんが何て答えるのが正解なんだろうというのがどうしても分からなくて、「失敗させてみたら2人のどんな関わりが始まるんだろう?」と思って描きました。

新米くんとのやりとりなどを経ても、男子くんに大きな心情の変化はありませんでしたが、「悩んで何回も塗り直して表面凸凹だけど、離れてみたらさっきと同じ直線やん」ってことに気づいたのが、いまの男子くんです。

【次回予告】
次回からは「部活動編」が始まります。新米くんは美術の先生ではありますが、柔道部にも関わっています。畑違いの柔道部で、新米くんは何を思うのか――。他の先生たちとの関わりからも変化していく新米くんの物語です。

          ◇
withnewsでは、しろやぎさんの「あなたそれでも教師ですか」を毎週日曜日に配信予定です。新米くんを軸とした教育現場を描いていきます。

10代のための相談窓口あります

チャイルドライン
18歳以下の相談窓口。電話やチャットで相談できます。

Mex(ミークス)
10代のための相談窓口まとめサイト。なやみに関する記事や動画も見れます。
 
 

withnewsでは、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou ~きみとともに~」を続けています。
 


みんなの「#withyou #きみとともに」を見る
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます