MENU CLOSE

話題

3539

体温計、なぜわきに挿す?猛暑でも正確、意外と知らない測り方の正解

間違いのない検温の方法、あなたは答えられますか?

新型コロナウイルスの流行を機に、こまめに検温する人が増えています。気になるのが、体温計の正しい使い方です。メーカー側に、詳しく尋ねてみました。(画像はイメージ)
新型コロナウイルスの流行を機に、こまめに検温する人が増えています。気になるのが、体温計の正しい使い方です。メーカー側に、詳しく尋ねてみました。(画像はイメージ) 出典: PIXTA

目次

新型コロナウイルスによって、検温の回数が増えたという人も多いと思います。意外と知らないのが、体温計の正しい使い方です。そもそも、なぜわきに挿すのか? 平熱はどうやって出す? 猛暑の夏場でも、正確に測ることはできるの? こうした疑問に答えるための知識を持っていると、微妙な体調の変化を、一層つぶさにとらえることができるようになるかもしれません。気になった記者が、メーカーに聞いてみました。(withnews編集部・神戸郁人)

四季を通じて使えるのが体温計

ウイルスの流行前、熱を測る機会といえば、体調を崩したときくらいだった筆者。スギ花粉が舞い始めた頃から、体調管理のため、日常的に体温計を使い始めました。今では歯をみがくのと同じく、すっかり起床後の習慣になっています。

それからはや3カ月以上が経ち、季節は梅雨まっさかりです。ただ部屋で過ごしているだけでも、湿気のためにじわりと汗ばみます。私は今も在宅勤務を続けていますが、冷房をつけていなくては、仕事すらままなりません。

本格的な夏を迎えれば、更に高温多湿になるでしょう。そんな状況下で、間違いのない検温を続けられるのだろうか――。一抹の不安を抱き、体温計の製造・販売を行う、医療機器メーカー「テルモ」(本社・東京都渋谷区)の担当者を頼りました。

まず気になるのが、「夏場の暑さは結果に影響するのか?」ということです。広報室の松田みのりさんに疑問をぶつけてみると「結論から言えば、季節性の要因が、数値に異常をきたす可能性は低いと思います」との答えが返ってきました。なぜでしょうか?

松田さんによると、体温計は一般に(1)気温10~40℃(2)湿度30~80%の環境で使うよう推奨されているそう。日常的な場面で、この範囲を逸脱するのは考えづらいかもしれません。また人間が、外気によって体温が変わりにくい恒温動物である点も、根拠の一つです。
松田さんによると、季節性の要因が、体温計の機能に影響する可能性は低いという。(画像はイメージ)
松田さんによると、季節性の要因が、体温計の機能に影響する可能性は低いという。(画像はイメージ) 出典: PIXTA

わきに挿すのは、汗を拭き取ってから

松田さんは、正しい検温方法を知ることが大切と話します。「体温計を、体のどの部分にあてるとよいかご存じですか」。そう問われ「わき、ですかね」と恐る恐る伝えると「その通りです」。よかった、引っかけではなくて一安心です。

「では、その理由は何でしょうか」。胸をなで下ろしたのもつかの間、よもやの第二波。言葉に詰まってしまい、ギブアップです。観念して正解を尋ねてみたところ、次のように説明してくれました。

人間の体は、中心に近付くほど体温が高く、安定しています。しかし、胸やお腹に体温計を差し込むわけにはいきません。そこで平衡温(検温時の体温の上限)を求める上では、外気温の影響を受けづらい部位である、耳・口・わき・直腸のいずれかを選ぶことになります。

私たちにとって一般的なのは、わきに体温計を挿す方法です。上半身に対して30度くらいになるように、斜め下から、くぼみの真ん中へと押し上げるのがよいといいます。挟む際に手のひらを天井側に向けると、わきが締まって密閉され、より正確に測れるそうです。

なお、夏はわき汗をかきやすくなります。体温計の先端についてしまうと、センサーの働きに影響が出てしまいかねません。汗はあらかじめ拭き取り、わきを乾いた状態にしておきましょう
わき下の温度の変化モデル。密閉し続けると、温度が高まることがわかる。
わき下の温度の変化モデル。密閉し続けると、温度が高まることがわかる。 出典: テルモ提供

熱中症の場合も、検温が不可欠

ところで冒頭、「毎朝起床後に検温している」と書きました。一日の始まりに体の状態を把握しておくのが目的です。松田さんからは「大事な心がけですが、もう少し検温データを増やすと、より安心と思います」との言葉が。この点についても確認していきましょう。

松田さんいわく、体内の温度は早朝が一番低く、活動量が増える夕方にかけてピークを迎えます。そのため時間帯によって、測定値に違いが出てしまうのです。自分自身の体温のトレンドを知るためには、起床時・午前中・午後・夜の4回測るのが望ましいといいます。

それぞれの数値差が、1℃以内に収まっていれば正常と言われているそう。ちなみに、いわゆる「平熱」は人によって異なるので「あらかじめタイミングごとの体温を知っておくと、体調の変化がわかりやすくなります」(松田さん)。

そしてこれからの季節に心配なのが、熱中症かもしれません。特に注意すべきは、運動後などに体内から熱が放出されず、こもってしまう状態です。更に体温が上がると「うつ熱」と呼ばれる症状が出て、ふらつきや頭痛が起こる場合もあります。

「特に体温の調節機能が比較的弱い、幼い子どもやお年寄りの場合、しっかり熱を測った上で手当てすべきだと思います」と、松田さんは語りました。
一日の体温変化の例。時間帯によって大きく変動している。
一日の体温変化の例。時間帯によって大きく変動している。 出典: テルモ提供

「非接触型」体温計の正しい使い方

ちなみに最近、おでこなどに近づけて用いる、「非接触型」と呼ばれる体温計をよく目にします。商業施設への入店時などに、お客さんが熱を測ってもらっている場面に遭遇した、という人もいるのではないでしょうか?

製造元企業の一つ「日本精密測器」(本社・群馬県渋川市)では、主に医療や介護の現場に納品。価格帯は1万2千円程度と高価ながら、ここ数カ月で製品に関する問い合わせが増えたそうです。

同社の製品は、距離センサーを搭載しています。電源を入れ、4センチほどの距離からおでこにかざすと、皮膚の表面から出ている赤外線を検知する仕組みです。体に密着させる必要がなく、わずか数秒で結果が出る点が特長といいます。

同社の担当者によると、非接触型の体温計は、額に汗をかいていたり、前髪がおでこにかかっていたりすると、正しく計測できない恐れがあるということです。

「細かい仕様は異なりますが、利用上の注意点は、他のメーカーの体温計ともおおむね共通していると思います」。担当者は、そのように話しました。

思っていた以上に奥が深い、検温の世界。毎日元気に過ごすためにも、取材で得た情報を意識しながら、自分の体と向き合っていきたいと考えています。
「非接触型体温計」は、短時間で熱を測れることから、赤ちゃんへの検温などにも用いられる場合も多い。(画像はイメージ)
「非接触型体温計」は、短時間で熱を測れることから、赤ちゃんへの検温などにも用いられる場合も多い。(画像はイメージ) 出典: PIXTA

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます