MENU CLOSE

連載

48119

#1 #小山コータローの4コマ劇場

藪から棒の「棒なくした」にまさかの提案 漫画「株式会社ことわざ」

そういう会社なのね

小山コータローさんの漫画「株式会社ことわざ」
小山コータローさんの漫画「株式会社ことわざ」
「株式会社ことわざ」そんな不思議な名前の会社を訪れた男性。なくした「棒」の代わりになるものを探しにきたようですが……。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。
小山コータローの4コマ劇場

4コマ漫画「株式会社ことわざ」

小山コータローさんの4コマ漫画「株式会社ことわざ」
小山コータローさんの4コマ漫画「株式会社ことわざ」
「すみません、こちらって『株式会社ことわざ』さんですよね」

そう言って尋ねてきた男性。社員は「ええ、品揃えには定評があるわよ」と招き入れます。一体なんの会社でしょう。そう思って読みすすめると、実は男性にはある困り事がありました。

「実は『藪から棒』の『棒』を無くしてしまいまして、何か余っているパーツはありませんか?」

すると、社員は「『二階から目薬』が、不良在庫なので『目薬』だけを売りましょうか」。なるほど、そういう商売なのか……。

では、残った「二階から」は―――? オチにはまさかのマッチングが待っていました。

作者「好きなことわざは噓八百」

「武器がひとつしかない男」の2コマ漫画などで、たびたびツイッターでも話題になっている小山さん。ちなみに小山さんの好きなことわざは「噓八百」だそう。その理由は「さすがに八百は盛りすぎだし、このことわざを考えた人がそもそも嘘つきっぽいから」と話しています。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
小山コータローの4コマ劇場
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます