MENU CLOSE

連載

31788

#30 #やさしい日本語

ネットで「草」と言われた外国人「芋って返しました」日本語の不思議

大草原不可避www

「草ww」って何ですか(写真はイメージ=PIXTA)
「草ww」って何ですか(写真はイメージ=PIXTA)

目次

辞書(じしょ)()っていない日本語(にほんご)学校(がっこう)(なら)わない日本語(にほんご)を、外国人(がいこくじん)一緒(いっしょ)(かんが)えました。インターネットで()かける「www((くさ))」。最初(さいしょ)()いたブルネイ出身(しゅっしん)のデイヴィッドさんは「たぶん、(なに)かを()きたくて、間違(まちが)えたんだと(おも)いました。それとも、冗談(じょうだん)()ったのかもしれません。(ぼく)は『(いも)』と返事(へんじ)をしました」。()たり(まえ)のように使(つか)っている言葉(ことば)外国人(がいこくじん)視点(してん)(かんが)えてみたら、日本人(にほんじん)にも()づきがあるかもしれません。

日本語(にほんご)にまだ()れていない(ひと)のために、()かりやすい「やさしい日本語(にほんご)」で()きました。
(した)に「ふりがな」を()した(ぶん)があります。


(
(

きょうのことば

英語ではgrass?

あなたは、インターネットのコメントや、会話(かいわ)(なか)で、「それって(くさ)」「(くさ)()える」と()われたことはありますか? 名古屋市(なごやし)()んでいるブルネイから()会社員(かいしゃいん)デイヴィッドさんは、ある()、tiktokのデイヴィッドさんの動画(どうが)に、「(くさ)」とコメントしている(ひと)()つけました。コメントは「(くさ)」という()だけでした。デイヴィッドさんは、「(くさ)」という漢字(かんじ)をまだ()らなかったので、(くさ)について調(しら)べました。

――どうやって調(しら)べましたか?

デイヴィッドさん 〈(わたし)はまず「(くさ)」の意味(いみ)をgoogle翻訳(ほんやく)調(しら)べました。英語(えいご)では「grass 」です。どうして「(くさ)」?意味(いみ)調(しら)べても、()かりませんでした〉
grassって、これですよね(写真はイメージ=PIXTA)
grassって、これですよね(写真はイメージ=PIXTA)

返信しないと失礼だと思いました

――それから、どうしたんですか?

デイヴィッドさん 〈(わたし)(なに)返事(へんじ)()かないと失礼(しつれい)だと(おも)いました。「(くさ)」とコメントした(ひと)は、たぶん、(なに)かを()きたくて、間違(まちが)えたんだと(おも)いました。それとも、冗談(じょうだん)()ったのかもしれません。(ぼく)は「(いも)」と返事(へんじ)をしました〉

――(いも)! なぜ(いも)()いたんですか?

デイヴィッドさん 〈(くさ)(つち)から()えるでしょう?おなじように(つち)から(そだ)つもので、最初(さいしょ)(かんが)えたのが「(いも)」でした〉
「草」の返事は「芋」と書きました(写真はイメージ=PIXTA)
「草」の返事は「芋」と書きました(写真はイメージ=PIXTA)

草は増えます

――「(くさ)」の本当(ほんとう)意味(いみ)()かりましたか?

デイヴィッドさん 〈はい。(つぎ)()日本人(にほんじん)(つま)()きました。(ぼく)が「(いも)」と()いたのを()って、(つま)(わら)いました。(つま)との会話(かいわ)面白(おもしろ)かったので、「(くさ)」についての会話(かいわ)で 、tiktokの動画(どうが)(つく)りました〉
@speaklikedavid

##なにそれ英語 ##SpeakLikeDavid ##FluentLikeABoss ##なにそれ日本語 ##esl ##tiktok教室 ##アメリカ英語 ##イギリス英語 ##英語教室 ##英語学習 ##英語おもしろ ##tiktok英語 ##英語勉強法 ##英語勉強 ##英語 ##英語の勉強 ##英会話

♬ original sound - David R 🇺🇸🇬🇧
――この動画(どうが)は、とても人気(にんき)になりましたね

デイヴィッドさん 〈再生(さいせい)回数(かいすう)が100(まん)(かい)()えました。(おどろ)きました。コメントもたくさん()ました〉

――コメント(らん)に、たくさん「(くさ)www」が()えていますね。

(くさ)すぎワロタ」

これは「面白(おもしろ)すぎて、(わら)った」ということですね。

(だい)草原(そうげん)不可避(ふかひ)

(だい)草原(そうげん)」はたくさん(くさ)()えている場所(ばしょ)です。「不可避(ふかひ)」はここでは「どうしてもそうなります」ということで、「どうしても(わら)います」という意味(いみ)です。面白(おもしろ)くてたくさん(わら)ったので、wwwwwと(くさ)がたくさん()えてしまったのですね。
大草原って、これですね(イメージ=PIXTA)
大草原って、これですね(イメージ=PIXTA)
面白(おもしろ)すぎて(もり)

(くさ)」がいっぱいになると、(もり)になるのですね。コメント(らん)で、また(あたら)しい日本語(にほんご)()りました。
 

変わっていく言葉は面白い

――「これからは『(いも)』だな」というコメントもありますね

そうです。(ぼく)間違(まちが)えて(かえ)した「(いも)」が人気(にんき)になりました。「さつまいも」「()(いも)」というコメントを()いた(ひと)もいます。(いま)では、(ぼく)動画(どうが)のコメントには「(くさ)」ではなくて、「(いも)」と()(ひと)がいます。

――「(くさ)」を(はじ)めて()ったという外国人(がいこくじん)のコメントもありました。

日本人(にほんじん)から『(くさ)』と()われたとき、いつも『クソ』だと(おも)っていました発音(はつおん)()ているから」

――「クソ」は(わる)言葉(ことば)ですね。「(くさ)」を「クソ」だと(おも)っていた(ひと)は、(かな)しかったと(おも)います。日本語(にほんご)には、(つた)わりにくい言葉(ことば)もあります。

デイヴィッドさん 〈「(くさ)」を()らない(ひと)には、意味(いみ)(つた)わりにくいです。でも、「ネット用語(ようご)」(インターネットで使(つか)言葉(ことば))が、どんどん()わっていることを()るのは面白(おもしろ)いです。 (ぼく)日本(にほん)に3(ねん)()んでいます。学校(がっこう)日本語(にほんご)勉強(べんきょう)したことはありません。インターネットには、()らない日本語(にほんご)がたくさんあります〉

この記事(きじ)の「やさしい日本語(にほんご)」は、庵功雄(いおりいさお)先生(せんせい)一橋大学(ひとつばしだいがく))が監修(かんしゅう)しました 。

 


辞書(じしょ)()っていない(なぞ)日本語(にほんご)や、(おどろ)いた日本人(にほんじん)行動(こうどう)
         ここから↓↓↓ツイート(Tweet)して、(おし)えてください。



日本(にほん)大事(だいじ)なニュースや、外国人(がいこくじん)日本人(にほんじん)の「(なや)み(もやもや)」を、やさしい日本語(にほんご)解説(かいせつ)します。
だいたい土曜日(どようび)に、(あたら)しいニュースが()めます。


FaceBookはこちら
Twitterはこちら

 

【機械翻訳用】ふりがな なし

◆ネットで「草」と言われた外国人「芋って返しました」

日本語の不思議 辞書に載っていない日本語、学校で習わない日本語を、外国人と一緒に考えました。インターネットで見かける「www(草)」。最初に聞いたブルネイ出身のデイヴィッドさんは「たぶん、何かを書きたくて、間違えたんだと思いました。それとも、冗談を言ったのかもしれません。僕は『芋』と返事をしました」。当たり前のように使っている言葉を外国人の視点で考えてみたら、日本人にも気づきがあるかもしれません。

■きょうのことば
草……土に生えている植物のことです。でも、面白いことがあったときに「笑う(Warau)」という意味で使うことがあります。「Warau」の最初の文字「W」が、土に生えている草のように見えるからですwww(草に見えますか?)

■英語ではgrass?
あなたは、インターネットのコメントや、会話の中で、「それって草」「草生える」と言われたことはありますか? 名古屋市に住んでいるブルネイから来た会社員デイヴィッドさんは、ある日、tiktokのデイヴィッドさんの動画に、「草」とコメントしている人を見つけました。コメントは「草」という字だけでした。デイヴィッドさんは、「草」という漢字をまだ知らなかったので、草について調べました。

――どうやって調べましたか?
デイヴィッドさん 〈私はまず「草」の意味をgoogle翻訳で調べました。英語では「grass 」です。どうして「草」? 意味を調べても、分かりませんでした〉
――それから、どうしたんですか?
デイヴィッドさん  〈私は何も返事を書かないと失礼だと思いました。「草」とコメントした人は、たぶん、何かを書きたくて、間違えたんだと思いました。それとも、冗談を言ったのかもしれません。僕は「芋」と返事をしました〉
――芋! なぜ芋と書いたんですか?
デイヴィッドさん 〈草は土から生えるでしょう? おなじように土から育つもので、最初に考えたのが「芋」でした〉
――「草」の本当の意味は分かりましたか?
デイヴィッドさん 〈はい。次の日、日本人の妻に聞きました。僕が「芋」と書いたのを知って、妻は笑いました。妻との会話が面白かったので、「草」についての会話で 、tiktokの動画を作りました〉
――この動画は、とても人気になりましたね
デイヴィッドさん 〈再生回数が100万回を越えました。驚きました。コメントもたくさん来ました〉
――コメント欄に、たくさん「草」が生えていますね。
「草すぎワロタ」
これは「面白すぎて、笑った」ということですね。
「大草原不可避」
「大草原」はたくさん草が生えている場所です。「不可避」はここでは「どうしてもそうなります」ということで、「どうしても笑います」という意味です。面白くてたくさん笑ったので、wwwwwと草がたくさん生えてしまったのですね。 「面白すぎて森」 「草」がいっぱいになると、森になるのですね。コメント欄で、また新しい日本語を知りました。
――「これからは『芋』だな」というコメントもありますね
そうです。僕が間違えて返した「芋」が人気になりました。「さつまいも」「焼き芋」というコメントを書いた人もいます。今では、僕の動画のコメントには「草」ではなくて、「芋」と書く人がいます。
――「草」を初めて知ったという外国人のコメントもありました。
「日本人から『草』と言われたとき、いつも『クソ』だと思っていました。発音が似ているから」
――「クソ」は悪い言葉ですね。「草」を「クソ」だと思っていた人は、悲しかったと思います。日本語には、伝わりにくい言葉もあります。
デイヴィッドさん 〈「草」を知らない人には、意味は伝わりにくいです。でも、「ネット用語」(インターネットで使う言葉)が、どんどん変わっていることを知るのは面白いです。 僕は日本に3年住んでいます。学校で日本語を勉強したことはありません。インターネットには、知らない日本語がたくさんあります〉

連載 #やさしい日本語

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます