MENU CLOSE

連載

41292

#29 #やさしい日本語

「オーバーシュート」日本で暮らす外国人も「意味がわからん」

「外来語」ではないんですか?

3月25日、緊急記者会見をした東京都の小池百合子知事は「オーバーシュート(患者の爆発的急増)を防ぐためには、都民のみなさまのご協力が何よりも重要」「何もしないでこのままの推移が続けばロックダウン(都市の封鎖)を招く」と話しました=田辺拓也撮影
3月25日、緊急記者会見をした東京都の小池百合子知事は「オーバーシュート(患者の爆発的急増)を防ぐためには、都民のみなさまのご協力が何よりも重要」「何もしないでこのままの推移が続けばロックダウン(都市の封鎖)を招く」と話しました=田辺拓也撮影 出典: 朝日新聞

目次

辞書(じしょ)には()っていない日本語(にほんご)日本語(にほんご)学校(がっこう)では(なら)わない日本語(にほんご)があります。最近(さいきん)は、新型(しんがた)コロナウイルスのニュースでもよく(むずか)しい言葉(ことば)()きます。「ロックダウン」「クラスター」……(じつ)日本人(にほんじん)でも、なかなか()かりません。「オーバーシュート」は日本(にほん)以外(いがい)()いたことがないという(ひと)もいます。日本語(にほんご)にまだ()れていない(ひと)にも、(だれ)にでも()かりやすい「やさしい日本語(にほんご)」で(かんが)えます。

日本語(にほんご)にまだ()れていない(ひと)のために、()かりやすい「やさしい日本語(にほんご)」で()きました。
(した)に「ふりがな」を()した(ぶん)があります。


(
(

きょうのことば

SNS上で「日本でしか使わない言葉」

オーバーシュートは、英語(えいご)()くとOverShootです。日本人(にほんじん)は「外国(がいこく)から()言葉(ことば)外来語(がいらいご))なんだろう」と(おも)っています。 でも、日本(にほん)()らしている外国人(がいこくじん)(なか)には「意味(いみ)()からない」と(おも)(ひと)(おお)いです。それで、SNSでよく問題(もんだい)になっています。

外国(がいこく)のメディア(新聞(しんぶん)雑誌(ざっし)、テレビなど)も、〈「オーバーシュート」ということばを使(つか)っているのは日本(にほん)だけだけど、このことばはどういう意味(いみ)なのか〉と()っています。
「オーバーシュート」は金融(きんゆう)のことばで、(ほか)(くに)では「ウイルスにうつる(ひと)()える」という言葉(ことば)では使(つか)っていません、と()いている報道(ほうどう)もあります。

専門のことば

日本(にほん)の「オーバーシュート」は、政府(せいふ)新型(しんがた)コロナとどのように(たたか)うかを(かんが)える、専門家(せんもんか)使(つか)っています。

専門家(せんもんか)たちは4(がつ)3()に、ツイッターのアカウントを(つく)りました。この(なか)で、専門家(せんもんか)会議(かいぎ)自治体(じちたい)使(つか)う、「専門(せんもん)用語(ようご)」を()かりやすく説明(せつめい)しています。
〈「オーバーシュート」はウイルスがうつった(ひと)(きゅう)にとてもたくさん()えることです。2~3(にち)でそれまでにウイルスがうつった(ひと)(かず)が2(ばい)になったら、「オーバーシュート」です。

 「オーバーシュート」になったら、すぐに、政府(せいふ)などが、()んでいる(ひと)に「(そと)()てはいけません」と()ったり、(ひと)(うご)かないようにしたりしなければなりません。 〉
「オーバーシュート」になっている国。むらさきいろの部分(2~3日で感染者が2倍)に入ると、「オーバーシュート」です
「オーバーシュート」になっている国。むらさきいろの部分(2~3日で感染者が2倍)に入ると、「オーバーシュート」です 出典:朝日新聞

日本人にとっても難しい

(じつ)は、日本人(にほんじん)にとっても「専門(せんもん)用語(ようご)」は(むずか)しいです。

河野(こうの)太郎(たろう)防衛(ぼうえい)大臣(だいじん)は「オーバーシュート」を「感染(かんせん)爆発(ばくはつ)」など、()かりやすい言葉(ことば)にした(ほう)()いとツイートしました。その(ほう)()いと(おも)っている(ひと)(おお)く、24(まん)いいねがつきました。
朝日(あさひ)新聞(しんぶん)でも記事(きじ)(なか)で、「オーバーシュート」ということばを使(つか)うとき、「爆発的(ばくはつてき)患者(かんじゃ)増加(ぞうか)」(ウイルスがうつった(ひと)(かず)(きゅう)にとても()えること)と()()えて説明(せつめい)しています。 (なが)いことばになりますが、「感染(かんせん)爆発(ばくはつ)」と()くと(すこ)(こわ)(かん)じがします。本当(ほんとう)意味(いみ)(つた)わりやすいようにしています。
カタカナの言葉(ことば)使(つか)うと、意味(いみ)があまり()からないので、ショックを()ける(ひと)(すく)なくなるからよいという(ひと)もいます。「意味(いみ)()からないともっと不安(ふあん)になる」という(ひと)もいます。

みんなが意味(いみ)()かる「やさしい日本語(にほんご)」にして、不安(ふあん)になる(ひと)()るといいなと(おも)います。

この「やさしい日本語(にほんご)ニュース」を(おし)えてくれた(ひと)は、庵功雄(いおりいさお)先生(せんせい)一橋大学(ひとつばしだいがく))です。

 


辞書(じしょ)()っていない(なぞ)日本語(にほんご)や、(おどろ)いた日本人(にほんじん)行動(こうどう)
         ここから↓↓↓ツイート(Tweet)して、(おし)えてください。



日本(にほん)大事(だいじ)なニュースや、外国人(がいこくじん)日本人(にほんじん)の「(なや)み(もやもや)」を、やさしい日本語(にほんご)解説(かいせつ)します。
だいたい土曜日(どようび)に、(あたら)しいニュースが()めます。


FaceBookはこちら
Twitterはこちら

 

【機械翻訳用】ふりがな なし

◆「オーバーシュート」日本で暮らす外国人も「意味がわからん」

辞書には載っていない日本語、日本語学校では習わない日本語があります。最近は、新型コロナウイルスのニュースでもよく難しい言葉を聞きます。「ロックダウン」「クラスター」……実は日本人でも、なかなか分かりません。「オーバーシュート」は日本以外で聞いたことがないという人もいます。日本語にまだ慣れていない人にも、誰にでも分かりやすい「やさしい日本語」で考えます。

■きょうのことば
【オーバーシュート】…… 感染した人(ウイルスにうつった人)が、急にとても増えることです。感染した人を合わせた数が、2~3日の間に、2倍に増えることが続いたら使います。

■SNS上で「日本でしか使わない言葉」

オーバーシュートは、英語で書くとOver Shootです。日本人は「外国から来た言葉(外来語)なんだろう」と思っています。 でも、日本で暮らしている外国人の中には「意味が分からない」と思う人が多いです。それで、SNSでよく問題になっています。 外国のメディア(新聞、雑誌、テレビなど)も、〈「オーバーシュート」ということばを使っているのは日本だけだけど、このことばはどういう意味なのか〉と言っています。
「オーバーシュート」は金融のことばで、他の国では「ウイルスにうつる人が増える」という言葉では使っていません、と書いている報道もあります。

■専門のことば
日本の「オーバーシュート」は、政府で新型コロナとどのように戦うかを考える、専門家が使っています。 専門家たちは4月3日に、ツイッターのアカウントを作りました。この中で、専門家の会議や自治体で使う、「専門用語」を分かりやすく説明しています。

「オーバーシュート」はウイルスがうつった人が急にとてもたくさん増えることです。2~3日でそれまでにウイルスがうつった人の数が2倍になったら、「オーバーシュート」です。 (爆発的な感染者の増加のことをいいます。2〜3日で累積感染者数が倍増するようなスピードの感染者数の増加が継続的に続く状態をいいます。)
「オーバーシュート」になったら、すぐに、政府などが、住んでいる人に「外に出てはいけません」と言ったり、人が動かないようにしたりしなければなりません。
(このような状況では、外出や移動の制限など速やかな対策が必要になります。)

■日本人にとっても難しい
日本のカタカナ言葉(和製英語) は、日本人にとっても「専門用語」は難しいです。 河野太郎防衛大臣は「オーバーシュート」を「感染爆発」など、分かりやすい言葉にした方が良いとツイートしました。その方が良いと思っている人も多く、24万いいねがつきました。
朝日新聞でも記事の中で、「オーバーシュート」ということばを使うとき、「爆発的な患者の増加」(ウイルスがうつった人の数が急にとても増えること)と言い換えて説明しています。 長いことばになりますが、「感染爆発」と書くと少し怖い感じがします。本当の意味が伝わりやすいようにしています。

カタカナの言葉を使うと、意味があまり分からないので、ショックを受ける人が少なくなるからよいという人もいます。「意味が分からないともっと不安になる」という人もいます。 みんなが意味が分かる「やさしい日本語」にして、不安になる人が減るといいなと思います。

連載 #やさしい日本語

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます