MENU CLOSE

ネットの話題

100838

街で会えたら「最高!」アマビエトラック作った社長の心意気

「アマビエ号、発進!!」

誕生した「アマビエトラック」(画像の一部を加工しています)
誕生した「アマビエトラック」(画像の一部を加工しています) 出典: 一番運輸提供

目次

江戸時代、肥後国(熊本県)の海に現れたとされる妖怪「アマビエ」。「病気が流行することがあれば、私の姿を絵に描いて人々に見せよ」という言葉に、新型コロナウイルスが広がる現状を重ね、3月からSNSなどでアマビエの絵を投稿する「アマビエチャレンジ」が広がっています。そんな中、現実世界では、長距離トラックの荷台にアマビエの絵をプリントした運送会社が現れました。荷物とともにアマビエの絵を広く届けるという発想に、元気をもらう人の声が集まっています。

誕生!アマビエトラック

アマビエとは、江戸時代の弘化3年(1846年)4月中旬頃に、肥後国(熊本県)の海に現れたとされる妖怪です。くちばしのような口に、ウロコに覆われた体、足は3本という、独特の姿も特徴です。

海の中に毎晩のように光るものが出没するため、役人が向かったところ、このアマビエがいたという記録が当時の瓦版に残されています。この先6年間の豊作を予言するとともに、「病気が流行することがあれば、私の姿を絵に描いて人々に見せよ」と告げたとされています。

「肥後国海中の怪」として残されるアマビエ=『新聞文庫・絵』(84ページ)(京都大学附属図書館所蔵)
「肥後国海中の怪」として残されるアマビエ=『新聞文庫・絵』(84ページ)(京都大学附属図書館所蔵) 出典:京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
この伝承が広がり、3月以降、Twitterでは「アマビエ」の絵を投稿する人が続出。イラストだけにとどまらず、動画やぬいぐるみ、ラテアートや3Dモデルも登場。9日には、厚生労働省までもが啓発アイコンにアマビエを採用し、「政府公認」と話題になりました。「アマビエ」を含むツイートは多い日で12万件を超え、インスタグラムにも合計1万件以上の投稿があります。

その中でも、一風変わった「アマビエ」が生まれました。それは、アマビエの絵と荷物を載せて、全国を走る「アマビエトラック」です。プリントされているのは、イラストレーター・東京モノノケさん(@tmnk_illust)が描いたアマビエ。パステルカラーと丸みを帯びたやわらかいタッチが印象的です。
東京モノノケさん(@tmnk_illust)が描いたアマビエ
東京モノノケさん(@tmnk_illust)が描いたアマビエ 出典:東京モノノケさんのツイート

トラックの誕生を知らせる東京モノノケさんのツイートには、「見れたら最高」「アマビエパワーが全国に届きますように」「アマビエ号、発進!!」というリプライが寄せられ、1.5万回以上のリツイート、3万件以上の「いいね」が集まっています。

アマビエトラック、大分~関東を走る

どうして「アマビエトラック」は生まれたのでしょうか。トラックを保有する運送会社「一番運輸」(大分県大分市)の藤田憲靖代表取締役に聞きました。

誕生した「アマビエトラック」(画像の一部を加工しています)
誕生した「アマビエトラック」(画像の一部を加工しています) 出典: 一番運輸提供

新型コロナウイルスの感染拡大の中で、アマビエの絵が広がっていることをネットニュースで知ったという藤田さん。一番運輸ではトラックプリントの機械を所有しているため、「最近は朝から晩まで、暗いニュースが続いているので、見た方が少しでも和んでもらえれば」とトラックのラッピングを考えたといいます。

東京モノノケさんのイラストを見て、「非常にほがらかで、癒やされると感じた」と話します。4月4日ころに、トラックへのプリントを打診したところ、東京モノノケさんが快諾。1週間もしないうちに、「アマビエトラック」が誕生しました。

プリントされているのは、アマビエのイラストと「疫病退散! アマビエチャレンジ」の文字。藤田さんは「『新型コロナを~』とかも考えたのですが、もうみなさん『コロナ』の文字もうんざりでしょうから」。

「疫病退散! アマビエチャレンジ」の文字がプリントされている
「疫病退散! アマビエチャレンジ」の文字がプリントされている 出典: 一番運輸提供

現在、コロナ禍による会社への影響について、「今すぐに大きなマイナスはないけれど、景気が冷え込むことによって、全体的に落ちてくると思う」と話します。「他の会社さんでも厳しいと聞きますから、早く終息することと願っています」

トラックがツイッターで話題になっていることについて、「ツイッターをやっていないのでわからないのですが、とても驚いています」という藤田さん。「暗いニュースの中に、ひとつでもほっこりするものがあればうれしいですね」と話しています。

イラストを描いた東京モノノケさんは、今回のような形でアマビエが広がっていくことについて「アマビエの力をもってしても現在の状況をすぐに変えることはできないのかもしれませんが、こうして様々な立場の方と手を携えて広めていくことで人の心を明るくすることができるのだと感じています」とコメントしています。

一番運輸では現在150台ほどのトラックを保有していますが、アマビエトラックは1台のみ。近日中に走行を開始し、主に大分から関東までの間で荷物とアマビエを運びます。もしかしたら、あなたの街にもアマビエがやってくるかもしれません。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます