MENU CLOSE

ネットの話題

18135

また新しい女ができたの? 「ゆかり」三姉妹の妹「うめこ」が話題に

新たな妹「うめこ」が誕生しました。

左から、ゆかり、かおり、あかり、うめこ
左から、ゆかり、かおり、あかり、うめこ 出典: 三島食品提供

目次

 ごはんのお供として人気の赤しそふりかけ「ゆかり」。姉妹品の「かおり」「あかり」を加えて三姉妹として売り出してきましたが、新たな妹「うめこ」が誕生して注目を集めています。昭和の演歌歌手をイメージして命名したという三島食品の社長に話を聞きました。

ロングセラーの「長女」ゆかり
ロングセラーの「長女」ゆかり 出典: 三島食品提供

「うめこ」とは?


 古今和歌集の中で、むらさき草が縁のあるもの、ゆかりのあるものとしてうたわれていることから名付けられた「ゆかり」。

 その後、青じそふりかけの「かおり」、ピリ辛たらこの「あかり」が発売され、三姉妹として親しまれてきました。

 そんな中で2月1日に発売されたのが「うめこ」。大ぶりにカットした梅の酸味とカリカリ食感が楽しめる、混ぜごはんの素です。

 店頭で4商品が並んだ様子がツイッターで紹介されると、「また違う女に手を出したわね」「うめこだけ最後に『り』がついてない!」といったコメントが寄せられ、話題になっています。

左が「次女」かおり、右が三女「あかり」
左が「次女」かおり、右が三女「あかり」 出典: 三島食品提供

社長に聞きました


 うめこは、かつて「あかり」にラインナップされていた「カリカリ梅」を復活させる形で生まれた商品です。

 命名の由来について、三島食品の社長・末貞操さんはこう説明します。

 「社員と昼食をとっていた際、カリカリ梅をもう一度復活させたい旨の話がありました。演歌歌手のイメージでいきたいとのことで、名前の意見を聞かれたので『うめこ』と答えました」

 昭和の演歌歌手のイメージが「こ」だったという末貞さん。提案した社員が考えていた候補の中に「うめこ」も挙がっていたことから、即決したといいます。

2月1日に発売された「うめこ」
2月1日に発売された「うめこ」 出典: 三島食品提供

減塩ゆかりより人気


 発売時期については、目玉商品である「減塩ゆかり」と同時になって不利なことから、2月ではなく秋にずらすことを末貞さんが提案。

 ところが担当者は「不幸な女なのでこれでいい」と言い切ったそうです。

 その判断は見事的中。うめこの出荷量は減塩ゆかりの2倍近くにのぼっています。

 「今思うに、秋ではダメだったと思います。このヒット商品を手掛けた黒幕社員『アツシ』は私を動かし、さらに『アツシ』という名の商品開発をたくらんでいるようです」

 うめこが話題になったことについては、こう話します。

 「まず率直に驚いています。梅の素材と昭和の演歌歌手のイメージから名付けましたが、親しみをもって接していただけてたいへん嬉しく思います」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます