MENU CLOSE

連載

28599

#14 #カミサマに満ちたセカイ

「巨大仏」の知られざる歴史 型破りな造形、10年撮り続けた写真家

「デカい」だけじゃ語り切れない奥深さ

住宅街に突き出た、緑色の「名古屋大仏」(名古屋市)の上半身。時にアンバランスな光景を生み出す大仏に魅せられた、カメラマンの原点に迫ります
住宅街に突き出た、緑色の「名古屋大仏」(名古屋市)の上半身。時にアンバランスな光景を生み出す大仏に魅せられた、カメラマンの原点に迫ります 出典: 半田カメラさん提供

目次

「撮れば撮るほど、『ジャンキー性』におぼれていったんです」。大仏写真家・半田カメラさんが、屈託なく笑います。山の斜面、ビルの屋上、平原のど真ん中……。時に不可解な場所で、個性的な姿をさらす仏像たち。全国の150体以上を訪ねる中で実感したという、その魅力とは? 知られざる「巨大仏ワールド」の豊かさに迫ります。(withnews編集部・神戸郁人)

【関連記事】ラスボス感半端ない!SNS震撼、100m級「巨大仏」の深いルーツ

「ぬっ」と姿現す100メートルの仏像

「ぬっ」。眺めていると、そんな効果音が聞こえてきそうな写真。住宅街の合間から顔を出す、高さ約100メートルの「仙台大観音」(仙台市)を収めた一枚です。坂道を走る車を見下ろすという大胆な構図に、思わず息を飲みます。

山沿いの住宅街に立地し、家々の間から姿を現す「仙台大観音」
山沿いの住宅街に立地し、家々の間から姿を現す「仙台大観音」 出典: 半田カメラさん提供

「じーっ」。何やら視線を感じさせるのは、「安治川の仏頭」(大阪市)です。ビルの屋上に置かれた頭だけの仏像は、全長2メートルほど。建物に入っていた家具店が、宣伝用に設置したのだそう。まるで、大阪の街を見守っているようにも見えます。

大阪市の雑居ビル屋上に残された「安治川の仏頭」(2メートル)。謎めいた構図に、心奪われる人が後を絶たないという
大阪市の雑居ビル屋上に残された「安治川の仏頭」(2メートル)。謎めいた構図に、心奪われる人が後を絶たないという 出典: 半田カメラさん提供

「その姿が視界に飛び込むと、思考停止状態に陥るんですよね。目に入った情報が、脳に届くまで時間が掛かるというか。知識として持っていた『大きい』という概念を、毎回軽々と超えられてしまいます」

「変な話ですが、撮るたびに『ジャンキー』的になっていきました」

大仏と出会うたび感じるインパクトについて、半田さんはそう語ります。

「安治川の仏頭」
「安治川の仏頭」 出典: 半田カメラさん提供

10年間撮りためた風景に込める願い

元々、タレントのポートレートなどを撮影していた半田さん。「人混みを避けられ、かつ写真映えする観光地はないか」。橋などの構造物好きな夫と語らううち、「大仏巡り」に行き着いたそうです。

自ら撮影した大仏の写真について説明する半田カメラさん
自ら撮影した大仏の写真について説明する半田カメラさん
「牛久大仏」(茨城県牛久市)への訪問を皮切りに、北は北海道から南は鹿児島県まで、10年ほどかけ約200箇所を踏破。各地で撮りためた景色を、2冊の写真入りガイドブック『夢みる巨大仏』『遥かな巨大仏』(ともに書肆侃侃房)として編み直しました。

著書に登場する大仏の造形は、実に様々です。冒頭に挙げた二つの像を始め、ユニークな見た目が楽しいもの。満開の桜をまとうようにしてたたずむ「天竺渡来大釈迦石像」(奈良県高取町)など、自然と見事に調和するもの。一つとして、同じ情景は存在しません。

壺阪寺内に立地する「天竺渡来大釈迦石像」。春には桜に囲まれることから、「桜大仏」の異名も持つ
壺阪寺内に立地する「天竺渡来大釈迦石像」。春には桜に囲まれることから、「桜大仏」の異名も持つ 出典: 半田カメラさん提供

中には、ビビッドな体色を持つなど、多彩な外観の像も存在します。ネット上に画像が流通し、「色物」として扱われる場合もたびたびです。だからこそ、半田さんには撮影時に意識していることがあるといいます。

「大仏さまが、最も美しく見える瞬間を狙っています。写真を見た人に、『好き』と思ってもらえるような構図や季節を選ぶのも大事ですね。『面白い』という感想から一歩進み、それ以外の部分も知って欲しい。そんな気持ちで取り組んでいます」

半田カメラさんの著作『夢みる巨大仏』『遥かな巨大仏』の書影
半田カメラさんの著作『夢みる巨大仏』『遥かな巨大仏』の書影 出典: 書肆侃侃房提供

「守護神」を造ろうとした僧侶

半田さんによると、近代以降に造られた大仏は、個人によって建立されたものが少なくありません。お気に入りという、「岩松山源宗坊寺」(広島県呉市)敷地内にある、13体のコンクリート像が代表例です。

たとえば全長6メートルの不動明王像は、寺を開いた稲田源宗という僧侶が、1915年に完成させました。ギョロリとした目に、大きく平たい顔。プロの仏師ではない源宗の手になったためか、そのビジュアルはどこかひょうきんです。しかも、体が半分ほど石垣に埋まっています。

5年ほど前、現地を訪れ、寺の関係者に創作背景を尋ねた半田さん。いわく、不動明王像は元々、「釈迦牟尼(しゃかむに)仏」という別の仏像で覆われる構想だったのだとか。しかし、源宗が志半ばで亡くなったため、建設が中断してしまったといいます。

山あいに建つ源宗坊寺内に造られた「不動明王大仏」(広島県呉市・6メートル)。手前にあるのは、合わせて建立予定だった釈迦牟尼仏の足
山あいに建つ源宗坊寺内に造られた「不動明王大仏」(広島県呉市・6メートル)。手前にあるのは、合わせて建立予定だった釈迦牟尼仏の足 出典: 半田カメラさん提供

不動明王像の工期は、第一次世界大戦と重なります。当時、軍港として栄えていた呉の街。お腹の中に、険しい表情の不動明王を備えた釈迦牟尼仏は、瀬戸内海の方を向く予定でした。

もしかしたら、敵軍を退ける「守護神」としたかったのでは--。関係者は源宗の胸の内を、そう推し量ったそうです。

「たった一人で、極めて大それたものを造ろうとしていた。その熱量に『すごい!』と感動しました。どの大仏も、それぞれ違ったストーリーを持っている。だからこそ、追いかける価値があると思えますし、病みつきになっていくんです」

源宗坊寺の入り口近くにそびえる「仁王像」。訪問者をにらみつけるがごとく見開いた両目と、鮮烈な体色が印象的
源宗坊寺の入り口近くにそびえる「仁王像」。訪問者をにらみつけるがごとく見開いた両目と、鮮烈な体色が印象的 出典: 半田カメラさん提供

「父は亡くなった」突然届いたメッセージ

半田さんには、もう一体、思い出深い大仏があります。岡山県倉敷市の山頂に位置する、高さ約4メートルの「毘沙門天立像(りゅうぞう)」です。

屋外の山肌に彫り込まれ、「磨崖仏(まがいぶつ)」とも呼ばれる、この像。ガイドブックにも姿が見えますが、掲載に先立つ地権者への許可取りは、一筋縄ではいかなったといいます。

というのも、像が立つ場所が、二つの地区にまたがっていたから。管理者について市役所に確認したものの、反応は芳しくなかったそう。そこで昨夏、思いの丈を手紙につづり、山のふもとで暮らす男性宛てに送ったのです。

約半月後、半田さんのもとに、見知らぬアドレスからメールが届きます。差出人は、手紙を読んだという男性の息子でした。

「父はもう亡くなったが、新聞記者を像まで案内するなど、生前はPRに熱心だった」

「自分が幼い頃に遊んだ山でもあるので、ぜひ写真を載せて欲しい」

文面には、心のこもったメッセージとともに、管理に当たっている人物を紹介する旨も書かれていたそうです。

「一見珍奇に思える大仏にも、強い思いをもって建立に携わったり、受け継いだりしている方々がいます。その意味で、毘沙門天立像のエピソードは象徴的はないでしょうか。敬意をもって関係者に接しなければならない、という意識を強めた経験でした」

岡山県倉敷市内の山頂に彫られた「毘沙門天立像」(4メートル)。夕日の光に、朱色の山肌が映える
岡山県倉敷市内の山頂に彫られた「毘沙門天立像」(4メートル)。夕日の光に、朱色の山肌が映える

不安吹き飛ばす、突き抜けた存在感

「大きいことは、いいことだ」。半田さんが掲げてきたモットーです。時に見上げるほどの巨体を持つ仏像は、眺めているだけで、何だか元気になれる。そんな「活力剤」のような効果も見逃せない、と半田さんは笑います。

愛媛県四国中央市の「生木地蔵」。その名の通り、木に直接彫り込まれている。生命感あふれる姿は、一般的な仏像とは違った印象を見る者に残す
愛媛県四国中央市の「生木地蔵」。その名の通り、木に直接彫り込まれている。生命感あふれる姿は、一般的な仏像とは違った印象を見る者に残す 出典: 半田カメラさん提供

地震などの天災が起こるたび、ネット上で「大仏を建立しよう」という声が上がります。コロナウイルスが猛威を振るう昨今も、そうした状況は変わりません。困ったとき、よりどころとして大仏を求める心情は、時代を超えて受け継がれているのではないでしょうか。

型破りで、少しファンキーな風合いもある仏像の数々。不安をぱっと晴らしてくれるような、その突き抜けた存在感への信頼は、ますます高まっていると思われてなりません。

「高鍋大師」(宮崎県高鍋町・約7メートル)。盗掘を防ぐため、町内の遺跡を購入した岩岡弘覚という人物が建立した。敷地内には、彼の手になるものを含め、700体以上の仏像が並ぶ
「高鍋大師」(宮崎県高鍋町・約7メートル)。盗掘を防ぐため、町内の遺跡を購入した岩岡弘覚という人物が建立した。敷地内には、彼の手になるものを含め、700体以上の仏像が並ぶ 出典: 半田カメラさん提供
【関連記事】ラスボス感半端ない!SNS震撼、100m級「巨大仏」の深いルーツ

連載 #カミサマに満ちたセカイ

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます