MENU CLOSE

連載

35681

#7 #小山コータローの妄想キーワード

危険性は伝わってるけど釈然としない…妄想で描く漫画「歩きスマホ」

絶対に気をつけて!

小山コータローさんの「妄想歩きスマホ」
小山コータローさんの「妄想歩きスマホ」
漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が、昨今よく耳にする物事を、4コマ漫画とコラムで解説します。あっ、真面目に受け取らないでください。だって、全部彼の「妄想」なのですから。本当の意味には、たぶんかすりもしていません。だけど、エキセントリックでちょっと理不尽な展開で、新しい発想に出会えるかも……。月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかく。全身の力が抜けるのを感じたら、そこは小山ワールドです。
小山コータローの妄想キーワード

小山コータローの「妄想歩きスマホ」

小山コータローさんの「妄想歩きスマホ」
小山コータローさんの「妄想歩きスマホ」
「歩きスマホ」

これは、一度も聞いたことがないです。でも、なんとなく「寝タバコ」に似てますね。そうなると「危険なことなんだろうな」とわかりますし、火災がらみで間違いないと思います。

(あけましておめでとうございます)

新年の挨拶を突然のコーラスで差し込んでみましたがいかがでしたでしょうか。まさかこのコラムがグループによる仕事だとは思わなかったことでしょう。

(wow wow)

そうなると「寝タバコ」「歩きスマホ」の他にももう一つくらいは火災の代表的な原因があるんじゃないかと、僕はピンと来たのです。

手裏剣片手に路地裏を走り回った幼少期から思っていたのですが「ピンと来た」ってなんなんですか?乳首に影響出てるイメージですか?(Bメロ)

ごめんなさい。意図せず1番必要ない部分をBメロに設定してしまいました……

しかし、ここは負けじともうひとつ絞り出すぞ!

「ねじりハチマキ」です。

子供が好きなもの【巨人、大鵬、卵焼き】の雰囲気そのままに、火災の原因は【寝タバコ、ねじりハチマキ、歩きスマホ】です。

4コマにしたためましたので、それぞれがなぜ火災につながるのかは一目瞭然だと思います。

「動詞+名詞は火の用心」と覚えると、二度と忘れられないのではないでしょうか。忘れたくても忘れられない、そんな燃えるような恋をしてみたいものですね。抱擁という名のマッチ棒が、青春という名の新聞紙に引火して、彼女という名の照り焼きチキンが出来たらなぁ……!

なんだか、彼女に対する悪口みたいになっちゃいましたね。

ちなみに「寝ハチマキ」はめちゃくちゃ安全ですが、寝つきがものすごく悪くなりますし「気合で寝るぞ〜!」という歪んだ睡眠への思想をもつ人だと思われてしまいますね。

一方で「ねじりスマホ」は非常に危険です。危険というか、やめてほしいです。ドラゴンボールでめちゃくちゃ強い敵が、警官のピストルを手で丸める感じに似ていてとても感じが悪いです。

兎にも角にも、みなさん「歩きスマホ」には、絶対に気をつけてくださいね!スマホの充電が始まったら、部屋の対角まで下がり、息を潜めて100%になるのを待ってればいいんじゃないでしょうか。

不便な世の中になったものですね。

※まず4コマだけを納品したとき「良い悪いじゃなくて、わからないです。」と言っていた担当の野口さん。わかりましたか?僕はまだよくわかりません。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 漫画家・小山コータローさんが「妄想」で話題のキーワードを解説する連載「#小山コータローの妄想キーワード」は、withnewsで原則隔週月曜日に配信していきます。
小山コータローの妄想キーワード

連載 #小山コータローの妄想キーワード

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます