MENU CLOSE

エンタメ

44399

クイーンのブライアン・メイ 来日早々、見せた「日本好き」の顔

映画『ボヘミアン・ラプソディ』について語る

突然ファンに近寄り、サインや写真撮影に応じるブライアン・メイさん
突然ファンに近寄り、サインや写真撮影に応じるブライアン・メイさん 出典: 朝日新聞社

目次

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットを経て始まった世界ツアーで、Queen(クイーン)のメンバーが日本に滞在しています。ブライアン・メイさんとロジャー・テイラーさん、そしてフレディ・マーキュリー亡き後のボーカルをつとめるアダム・ランバートさんによるツアー。来日、早々メッセージを発信し「今人々は平和の大切さを忘れている……」「音楽は子どもたちをつなぐすばらしいツール……」と訴えました。デビュー当初は政治的メッセージと距離をとっていた彼らですが、円熟味を増した今、その発言にも注目が集まります。(朝日新聞・岩崎賢一)

インスタに「日本に戻ってきた」と投稿

「クイーン+アダム・ランバート」のツアーのため1月20日、プライベートジェットで来日したメンバーたち。初来日時の1970年代のような空港に多くのファンが詰めかけるよう状況ではありませんでしたが、ブライアンさんは、早速、インスタグラムに機上から撮影した富士山の写真とともに、日本への熱いメッセージを送りました。

「Very exciting returning to Japan. QUEEN’s relationship with the Japanese people has been extraordinary and enduring, and now enters yet another phase - post Bohemian Rhapsody the movie.」

日本に「戻ってきた」という表現からは、日本人との距離の近さを感じている様子が伝わります。そして、クイーンと日本人のファンは「新たな段階」に入るとし、若い世代のファンを歓迎しています。

別の投稿では、世界情勢をにらみ「世界には平和より重要なものはほとんどない」というメッセージも書き込んでいます。

プライベートジェット機から撮影した富士山を投稿し、メッセージを書き込んでいたブライアン・メイさんのインスタグラム
プライベートジェット機から撮影した富士山を投稿し、メッセージを書き込んでいたブライアン・メイさんのインスタグラム 出典:brianmayforreal

ファンに自ら近寄りサインも

日本到着後、ファンの前に現れたブライアンさん。初来日時と変わらず、気さくに交流する姿を見せてくれました。

1月22日、愛用のギター「レッド・スペシャル」をイメージした限定腕時計の制作でコラボレーションした、セイコーウオッチの服部真二代表取締役会長兼CEOを表敬訪問した際、車を降りると路上で遠巻きに待っていたファンに自ら近寄り、サインや記念撮影に応じていました。

ちなみにセイコーとのコラボは、1975年の初来日のときに買ったのが同社の腕時計だったという縁から生まれたそうです。

「下の子が小さい頃からセイコーの時計のベゼルを回すのが好きだったので、もう家族一員のようなものです」

5月15日から世界で順次発売される限定モデルは9千本。裏ぶたにはシリアルナンバーに加え、ブライアンさんのサインが刻まれています。ブライアンさんがレッド・スペシャルを奏でるときに使う6ペンス硬貨をイメージしたスペシャルコインがついています。

この機会に行われたオフィシャルインタビューでは、「最近、運動をするのが好きで、今回のホテルには庭やジムがあるので気に入っています。水泳だとかあたたかい温泉、冷たい温泉などに入って1日の準備をしてから出掛けるようにしています」と語っていました。

天体物理学の博士号をもつブライアンさん。インスタグラムでは、専門分野の宇宙についての投稿はもちろん、動物愛護や虐待防止に関するメッセージも多く投稿しています。

「最近は仏教に関心を寄せています。ここ1カ月ぐらいはビーガンになりました。また動物愛護団体に関係しているので、すべての生き物が神聖であるという仏教の教えと私の動物愛護活動は非常につながっていると思います」

日本、クイーン、平和、限定モデルの時計について語るブライアン・メイ(提供写真)
日本、クイーン、平和、限定モデルの時計について語るブライアン・メイ(提供写真)

映画に対して語ったこと

2018年11月に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、日本で、130億円を超える興行成績をおさめました。映画については、1970年代から追い続ける熱心なファンや評論家の一部からは、「史実と違う」などと言われることもありました。この映画について当事者の一人であるブライアンさんはどう思っているのでしょうか。

「この映画で大事なのは、フレディと『家族』の話だと思っています。彼は一度『家族』の元を離れて世界に飛び立ったものの、再びサポートを得たくなって『家族』の元に戻ってきました。私たちと一緒に過ごした時間も入っていてとてもすばらしい映画でした」

ブライアンさんにとって、あの映画はクイーンという『家族』を描いたものだと強調しました。

日本では、スタンディングOKの上映や爆音や極音での上映など、「体験する映画館」へと映画館を進化させた映画としても脚光を浴びた『ボヘミアン・ラプソディ』。あらためて家族の「喜怒哀楽」も含めて映画を見てみたくなるブライアンさんの言葉でした。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のジャパンプレミアで来日した3人がラッピングバスで記念撮影
映画『ボヘミアン・ラプソディ』のジャパンプレミアで来日した3人がラッピングバスで記念撮影 出典: 朝日新聞社

強調した平和の大切さ

ファンへのメッセージを問われたブライアンさん。力を込めて「今回、日本に帰ってこられてとてもうれしいです」と語りました。

「以前にも増して最高にエキサイティングな時に帰ってくることができました。新しくできた若いファンの方々に会えるのがとてもうれしいからです。初めて来日したときのような感覚です」

「映画は、我々が予想をしていた以上に世界的なヒットとなりました。映画を通じて私たちの苦労を知っていただけたことがうれしいです。この中で言いたかったのは、平和はとても大切なことで、音楽は子どもたちをつなぐすばらしいツールになるということ。今人々は平和の大切さを忘れています。映画を通して、平和について思い出してくれたらと思っています」

そして、若い世代にクイーンファンが増えたことについて「映画のおかげで若い人にバンドの背景、歌の背景を理解してもらえるようになった」とうれしさを語っていました。

映画、そしてクイーンのメッセージ性について語るブライアン・メイさん(提供写真)
映画、そしてクイーンのメッセージ性について語るブライアン・メイさん(提供写真)

世代を超えた人気の理由

来日中のクイーンのオフィシャル・アーカイヴァー、グレッグ・ブルックスさんは、現在も続くクイーン人気に驚きを隠せません。

「26年前にフレディが亡くなったとき、クイーンというバンドは終わったな、と思いました。まさか、今のように多くの世代に受け入れられるようになるとは思ってもいませんでした」

同時に、クイーンには世代を超えた魅力があるとも言います。

「何年経っても色あせないクオリティー。例えるなら、ビートルズやフランク・シナトラのようにどの世代にも愛される音楽のクオリティーがあるからだと思います」
「質が良ければ、どの時代にも聴き継がれます」

コンサートは25日から始まります。今の時代にクイーンは私たちに何をもたらしてくれるのでしょうか。音楽、ライブだけでなく、その発信力から目が離せません。

クイーン関連記事
クイーンを巡る話題について、朝日新聞社が運営するウェブメディア「withnews」のほか、「telling,」や「論座」やでもそれぞれの視点で記事を順次配信していきます。

・フレディ・マーキュリーが語る親友メアリーや曲の背景(論座2020年1月22日)
・ミレニアル女子がクイーンにはまるワケ KISSコンサートで感じた「あれっ?」はお願いNGで(telling, 2020年1月22日)
・クイーン愛のミレニアル世代「聴いていると自分のことを歌っていると思わせるんです」(telling,2019年12月25日)
・クイーン展に予約2万人、日本人ボディーガードが語るフレディの素顔(withnews2020年1月16日)
・クイーン、来日直前の盛り上がり「フレディ後」世代も熱狂の理由 多様性伝えるブライアン・メイのインスタ(withnews2019年12月25日)


(

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます