MENU CLOSE

ネットの話題

6694

トミカ歴代1000種を陳列! 「6時間かけ3人で。途中で何度か崩落も」

トミカの歴代1000種以上がズラリ

歴代1000種以上がズラリと並びました
歴代1000種以上がズラリと並びました 出典: タカラトミー提供

目次

 今年で発売50周年を迎える「トミカ」。販売元のタカラトミーが今月15日にイベントを開き、歴代1000種以上を展示しました。3人で6時間かけて階段に並べ、途中で何度か崩れたといいます。担当者に話を聞きました。

トミカ歴代1000種を陳列する様子。30秒にまとめられています=タカラトミー提供

トミカとは


 海外製の外国車ミニカーが人気だった1970年8月、「日本の子どもたちに国産車のミニカーで遊んでもらいたい」という思いで発売されたトミカ。

 2020年1月までに売り出されたのは1050種以上。累計販売台数は6億7000万台を超えていて、2秒に1台ほどのペースで売れた計算になるそうです。

 今月15日には、トミカ50周年記念事業の発表イベントを開催。会場入り口の階段に歴代車種がずらりと並べられていました。

発売50周年を迎える「トミカ」、トミカ歴代1000種を陳列
発売50周年を迎える「トミカ」、トミカ歴代1000種を陳列 出典: タカラトミー提供

担当者に聞きました


 いくつか展示できなかった車種もあったそうですが、階段に1000種以上を陳列。3人で6時間ほどかけて並べたそうです。

 その様子をスタッフが固定カメラで撮影。階段の下から上に向けて並べていく様子が、早送りで30秒にまとめられています。

 「車種の重複を防ぐため、1車種ずつチェックしながら置くのが大変でした。場所が階段なので、1つが転げ落ちるとドミノのように崩れてしまい、何度か一部崩落しました」とタカラトミーの広報担当者。

トミカ50周年記念事業の発表イベントの様子
トミカ50周年記念事業の発表イベントの様子 出典: タカラトミー提供

レアな車種も


 一番下の段に初代の6種、一番上の段にはロングタイプのトミカを配置。

 それ以外は、現行車種をなるべく手前に、古めの車種を上に並べて、詳しい人や好きな人に探してもらえるよう意識したそうです。

 展示されていた中のレアな車種について尋ねると、以下の3種が挙がりました。

 (1)日野はしご付消防車

 1972年発売の初代。この車種は歴代販売台数ランキング1位

日野はしご付消防車
日野はしご付消防車 出典: タカラトミー提供


 (2)トミカ外国車シリーズ No.F1 ヴィネバゴ・モーターホーム

 1976年に発売した「外国車シリーズ」の第1号商品

トミカ外国車シリーズ No.F1 ヴィネバゴ・モーターホーム
トミカ外国車シリーズ No.F1 ヴィネバゴ・モーターホーム 出典: タカラトミー提供


 (3)童夢-零

 1979年発売。スーパーカーブームの中で発表された日本の車

童夢-零
童夢-零 出典: タカラトミー提供

これからについて


 1000種以上を見渡すことで、懐かしいものがあったり、自分が子どもの時の思い出の1台があったり、ラインナップの傾向が見えてきたり。

 トミカのこれまでの歴史や、思い出に触れてもらえればと一挙展示を企画したそうです。

 これからのトミカについて、担当者はこう話します。

 「品質、安全性、バリエーションの豊富さなど、大事なところは守りつつ、より時代に合わせて進化させながら、お子様だけなく大人や、トミカに関わりのなかったより多くのユーザーに知ってもらいたいです」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます