MENU CLOSE

ネットの話題

96732

ファンタの缶が分身! 色鉛筆画トリックアートが話題に 作者は16歳

もしかしてファンタの缶が分身しちゃった?

分身したように見えるファンタの缶
分身したように見えるファンタの缶 出典: 慧人さんのツイッター

目次

 紙の上に置かれたファンタの缶。手ではじいて転がしたのに、元あった場所にも缶が残ってる――。まるで缶が分身したように見えますが、実は色鉛筆画を使ったトリックアートです。ツイッターで話題になっている4秒の動画について、16歳の作者に話を聞きました。

「面白い動画が撮れた」


 先月30日、「ちょっと面白い動画が撮れた」という文章とともにツイッター投稿された4秒の動画。

 映っているのは白い紙の上に置かれたファンタの缶です。それを右手の人さし指ではじくと、画面右上に転がっていきますが、もともとあった場所にも缶がそのまま残っています。

 まるで缶が分身したように見えますが、実は紙の上に描いたファンタ缶の上に本物を載せて撮影しているのです。

 この動画に対して、「完全に一致」「目がバグったかと思った」といったコメントが寄せられ、リツイートは8千、いいねは2万4千を超えています。

作者に聞きました


 「12月半ばに描き始めて、約30時間かかりました」と話すのは、16歳の高校生・慧人(@Yassun0222K)さん。

 色鉛筆画家としてツイッターで作品を発表しており、今回のファンタ缶は描いている途中経過も含めてツイッターで公開。完成時の投稿は8万いいねを超えています。


 自分がどれだけ似せることができたのかを確認しようと動画を撮影したところ、想像以上の出来栄えだったため、こちらも投稿したそうです。

 「角度が少し違うだけで形がだいぶ変わってしまうので、何回も撮り直して厳選しています」

 話題になったことについては、「自分の中でも上手くかけた絵だったので、ここまでいろんな方に見ていただけて嬉しく思います」と話していました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます