MENU CLOSE

連載

10414

#10 #やさしい日本語

なぜここに魚(さかな)の看板(かんばん)?【やさしい日本語】

道(みち)に、なぜ、魚(さかな)の看板(かんばん)があるのでしょうか。

この看板を見たことがありますか?
この看板を見たことがありますか? 出典: 朝日新聞

この「やさしい日本語(にほんご)ニュース」は、日本語(にほんご)にまだ()れていない(ひと)のために、()かりやすい日本語(にほんご)()いたニュースです。外国(がいこく)(ひと)意見(いけん)()いて、「(つた)わりにくい」言葉(ことば)(なお)しました。このニュースが()まれた過程(かてい)こちらです!

みなさん、この看板(かんばん)を、()たことがありますか?

この看板(かんばん)は、東京(とうきょう)などの道路(どうろ)にあります。

この看板(かんばん)意味(いみ)は、「この看板(かんばん)がある道路(どうろ)は、(おお)きな地震(じしん)があったときは、(ひと)(たす)ける(人命救助(じんめいきゅうじょ))ための(くるま)か、火事(かじ)()()す(消火(しょうか)活動(かつどう))ための(くるま)しか、(とお)ることができません(通行(つうこう)禁止(きんし))」ということです。

だから地震(じしん)のときは、この看板(かんばん)のある道路(どうろ)には、()かないでください。


でも、どうして、ここに(さかな)()があるのでしょうか。

この(さかな)は、「ナマズ(なまず)」という(さかな)です。
ナマズです
ナマズです 出典: 朝日新聞
ナマズは、日本(にほん)中国(ちゅうごく)朝鮮(ちょうせん)半島(はんとう)など、(ひがし)アジアの(かわ)(みずうみ)にいる(さかな)です。

(くち)(なが)いひげがあります。


日本(にほん)には(むかし)から、「ナマズが(はや)(うご)くと、地震(じしん)()こる」という(かんが)えがあります。

この(かんが)えがあるので、ナマズの()使(つか)うと、みんなが地震(じしん)のことを(かんが)えると(おも)いました。

 
三重県(みえけん)の神社(じんじゃ)にも、ナマズがいます。
三重県(みえけん)の神社(じんじゃ)にも、ナマズがいます。 出典: 朝日新聞
地震(じしん)(まえ)には、ナマズだけでなく、動物(どうぶつ)がいつもと(ちが)(うご)きをするようです。

日本(にほん)でもこのことを研究(けんきゅう)しています。

本当(ほんとう)にナマズは地震(じしん)がくることを()かるのでしょうか。
ナマズはほかの動物(どうぶつ)よりも、とてもするどい感覚(かんかく)()っているようです。

ナマズは地震(じしん)(まえ)でないときも、(はや)(うご)きます。
それでも、日本(にほん)では、(いま)でも、ナマズと地震(じしん)は、とても関係(かんけい)があります。

(たと)えば(おお)きな地震(じしん)があった熊本(くまもと)では、「もう地震(じしん)がおきないように」と(ねが)って、ナマズを()べました。

ナマズは()いて()べました。ナマズの(あじ)は「さっぱりしていておいしい」そうです。 たくさんの(ひと)がナマズを()べました。
ナマズを食(た)べました
ナマズを食(た)べました 出典: 朝日新聞

この「やさしい日本語(にほんご)ニュース」を(おし)えてくれた(ひと)は、庵功雄(いおりいさお)先生(せんせい)一橋大学(ひとつばしだいがく))です。

 

日本(にほん)大事(だいじ)なニュース、おもしろいニュースを、わかりやすい「やさしい日本語(にほんご)」にします。
だいたい土曜日(どようび)に、(あたら)しいニュースが()めます。


FaceBookはこちら https://www.facebook.com/yasashiinews/
Twitterはこちら https://twitter.com/yasashiinews

やさしい日本語(にほんご)()みたいニュースがあったら、ここから↓↓↓ツイート(Tweet)して、(おし)えてください。


 

 
「やさしい日本語ニュース」をFacebookでよめます
「やさしい日本語ニュース」をTwitterでよめます

連載 #やさしい日本語

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます