MENU CLOSE

連載

26010

#15 #父親のモヤモヤ

1歳の父親、医師から「死ぬかも」 妻や子のために急いで備えたこと

「死ぬかもしれない」と医師に通告された当時の状況を話す男性=都内
「死ぬかもしれない」と医師に通告された当時の状況を話す男性=都内

目次

#父親のモヤモヤ
※クリックすると特集ページ(朝日新聞デジタル)に移ります。

ある日突然、0歳と3歳の父親である自分(35)が病気や事故で急死してしまったら…。最近、ニュースを見ていると、「自分が巻き込まれたら」と考えてしまうことがあります。不安のきっかけは、かつて仕事先で一緒だった男性が1歳の子どもがいながら、「突然の病気で死にかけた」と聞いたことでした。男性は死に直面したあと、妻や子どもが少しでも困らないようある備えをしたといいます。どんな備えだったのか。今回、この男性らに話を聞き、いざという時の備えについて考えました。

突然の頭痛、たまらず病院へ

「下手したら死にます」。報道機関で働く東京都千代田区の男性(40)は3年前の夏、医師にそう言われ、耳を疑いました。妻と1歳になったばかりの息子がいて、子育て真っ最中。「死を覚悟して、何もかも『終わった』と絶望しました」

当時、出張や飲み会が重なり、頭の痛みを感じていました。肩こりからくる頭痛だと思っていましたが、通勤中も頭を手で押さえていないと痛くて歩けない。頭の中で「ドクドク」と脈を打ち、何か液体が噴き出すような感覚に襲われました。さすがにおかしいと思い、妻にも言わず、ネットで検索した会社近くの病院に行きました。

MRI検査を受けた翌朝、医師から「すぐに大学病院へ」と慌てた様子で電話。午後に大学病院に行くと「すぐに入院を」。首から脳に血液を送り込む椎骨(ついこつ)動脈の内壁が裂け、くも膜下出血で死に至る危険がありました。

診断後、病院のベッドの上で呆然としました。実家に子どもと帰っていた妻も駆けつけ、そばで泣いていました。明日死ぬかもしれないという恐怖と共に、不安だったのが自分が死んだあと、残された家族はどうなるのかでした。妻は専業主婦なので、もし男性が亡くなれば稼ぎはなくなります。

日頃から男性が家計を管理していましたが、契約した生命保険や、住宅ローンの内容を詳しく把握していませんでした。「妻にどんな保険に入っているかも伝えていなかった」。遺族年金がいくらもらえるか、といったお金の計算もきちんとしたことがなかったと言います。 

上司に送った当時の報告メールを見返しながら語る男性=都内
上司に送った当時の報告メールを見返しながら語る男性=都内

ひとまず危険な状態は脱し、約10日後に退院できましたが、医師から「治癒した」という診断がおりたのは約1カ月半後のこと。その間も「いつ出血するか分からない」と死の恐怖と向き合っていました。眠れない日々が続き、睡眠導入剤を服用することもあったと言います。

義理の親から「万が一のことを考えて、保険など整理したほうがいい」と心配して言われていたこともあり、男性は妻と子供を連れて、生命保険の窓口に行き、契約内容や死後の手続きの方法など確認しました。

住宅ローンの団体信用生命保険にも加入しており、自分が死んだら残りのローンが完済されることも確認。遺族年金や死亡一時金などの受給額も計算した上で、お金の面では困らないことが分かりました。男性は「一つ一つ確認したことで不安の正体が分かり、少し安心できました」と振り返ります。

男性がもう一つ、「やって良かった」と話すのが、亡くなった時に妻がどこに連絡すればいいか困らないよう連絡先の一覧表をつくったことでした。

男性が自らの死に備えて作った連絡先の一覧表のサンプル
男性が自らの死に備えて作った連絡先の一覧表のサンプル

勤務先の総務局、労働組合をはじめ、生命保険や住宅ローンの会社、地元の年金事務所の電話番号など。保険は保障額も記入しました。印刷した紙を妻や義理の親に渡すと、そこまで備えると思っていなかったようで「すごく安心してくれた」と言います。銀行通帳や実印、請求書類など家の中の保管場所も伝えました。

男性はその後順調に回復し、職場復帰を果たしました。

一方、最近になって夫婦で2人目の子どもを産むか話し合っている中で、妻から「私が出産で亡くなったらどうするの」と言われ、ハッとしたそうです。妻が亡くなり、自分が残された立場になることは深く考えていませんでした。「妻が亡くなったら自分だけで子供を育てていけるのか」と不安がよぎったと言います。

「実際に妻が亡くなったら働き方を変えないといけないし、どうしたらいいか分からないですね」と話します。

残された妻側の思い「夫ともっと…」

滋賀県に住むファイナンシャルプランナー(FP)で行政書士の杼木(とちぎ)美絵さん(43)は30歳の時、夫が仕事帰りに交通事故に遭い、亡くなりました。

買ったばかりのマイホームに移り住み、当時は専業主婦として1歳の子どもの子育てに没頭する日々でした。あまりにも突然の死。深い悲しみの一方で、死後の手続きに追われ、「文字どおり、途方に暮れました」と振り返ります。

その中で、杼木さんは「もっと夫にあれこれ聞いておけば良かった」と話します。

葬式では、夫の好きな曲を流せますよと言われたが、何を流せばいいか分からない。できるだけ明るい曲で見送ろうと選曲したが、あれでよかったのかは分からない。棺の中にも何を入れたら良いのか分からない。お墓も新しく作った方が良いのか分からない。

限られた時間の中ですぐに決めないといけないことが多く、心残りに思うことがたくさんあったと言います。夫の携帯電話のロックを解除できず、連絡帳が見られないので、葬式に誰を呼ぶか年賀状からたどって連絡しました。

携帯電話のロックを解除できず、夫の連絡帳が見られなかったと振り返る杼木さん(写真はイメージです)
携帯電話のロックを解除できず、夫の連絡帳が見られなかったと振り返る杼木さん(写真はイメージです) 出典: pixta

亡くなって月日がたってから「ああしておけば良かったかな」と思うこともありました。夫は事故で頭を打ち、脳死状態に。「あのとき臓器提供を考えられていれば良かったかなと思う。夫の臓器を誰かに提供することで、残された家族の支えになったかもしれない」

子供の育て方も聞いておけば良かった、と話します。「どんな習い事をさせたいとか、公立と私立どちらの学校に入れたいとか、教育方針を何も聞いていませんでした」

夫婦でお互いが死んだ時のことについて話したことは、保険の加入時ぐらいで、ほとんどありませんでした。杼木さんは「あらたまって話すよりも、テレビを見ながらでも、日頃からああしてほしい、こうしてほしいとつぶやいておくことが大事」と振り返ります。

杼木さんは死後の手続きで「悔しい思いをすることがたくさんあった」とも言います。 

年金の手続きでは保険料の免除制度があると言われ、「支払わなくてもいいのならその方がいい」と全額免除してもらうことにしました。しかし、免除を選ぶと将来受け取る額が少なくなることを知りませんでした。あとから知って納めることができましたが、知識のなさを痛感しました。

また、夫の医療保険に死亡保障が付いていることも分からず、請求漏れしそうになりました。保険は請求しないとお金も入ってきません。役所や保険会社に任せていては、自分の身は守れない。そうした経験が、FPの中でも難関のCFPや行政書士の資格を取るきっかけになりました。杼木さんは、「夫婦どちらかに限らず社会保障制度を含めたお金の勉強をしておくことは大切」と話します。

ファイナンシャルプランナーの杼木美絵さん
ファイナンシャルプランナーの杼木美絵さん

0歳と3歳の子がいる筆者はどう備える?

私はいま35歳ですが、厚生労働省の簡易生命表(2018年)によると、男性10万人の出生に対して、35歳までに死亡する人の割合は1.3%と決して高くはありません。いたずらに不安になる必要はないと思いますが、2人の経験を聞いて、妻と2人の子どもがいる私も備えを考えました。

まず、男性の不安の種となったのは、自身が亡くなったあとの家計でした。私の家庭は共働きですが、子どもが2人いるので、亡くなった後のお金の面は心配です。

遺族年金や遺族厚生年金の額、加入している生命保険の死亡保障額、現在の預貯金額などを合算して、子どもが成人するまで月何万円で生活できるか確認しました。「生命保険の保障額はもうちょっと上げた方がいいかな」などと整理できました。

連絡先の一覧表も作りました。妻には会社のどこの部署の誰に電話すればいいか、きちんと伝えていません。生命保険の窓口など、知らないと困る連絡先をピックアップしました。FPの杼木さんは、保険を複数契約している場合は保険証書はひとつにまとめて、どんな保障内容か分かるようにしておくことを勧めます。

スマホは、子どもが遊ぶこともあり、ロック解除のパスワードを伝えてあるので大丈夫そうです。

ここまでは1人でこっそりできました。問題は、妻と「いつ」話すかです。子育てに追われる中で「死」について夫婦で話すことは抵抗があります。これまでも「不幸なことは考えたくない」と向き合ってきませんでした。唐突に話を切り出したら「病気でも隠してるの?」と心配されそうです。

杼木さんの言う通り、日常会話の中でいろいろと話しておくことが一番スムーズにいくと思いました。生命保険や住宅ローンの契約時なども話しやすいタイミングかもしれません。子どもにどう育ってほしいか、家はどうするか、ことあるごとに話していく。そう考えると、一番の備えは、日頃から夫婦のコミュニケーションを大切にすることだと感じました。

一方で、「妻が急に亡くなってしまったら」と考えるきっかけにもなりました。私1人で子ども2人を育てていけるのか。こちらの備えも考えていかないといけないと思いました。

父親のモヤモヤ、お寄せください

記事に関する感想をお寄せください。「パパ友」「イクメン」というキーワードでも、モヤモヤや体験を募ります。「ママ友にくらべ、パパ友はつくりにくい」という声も聞きます。パパ友はほしいですか? 「イクメン」という言葉を前向きにとらえる意見がある一方、「イクメンという言葉が重荷」「そもそもイクメンという言葉が嫌い」という意見もあります。みなさんはどう思いますか?

いずれも連絡先を明記のうえ、メール(seikatsu@asahi.com)、ファクス(03・5540・7354)、または郵便(〒104・8011=住所不要)で、朝日新聞文化くらし報道部「父親のモヤモヤ」係へお寄せください。

 

共働き世帯が増え、家事や育児を分かち合うようになり、「父親」もまた、モヤモヤすることがあります。それらを語り、変えようとすることは、誰にとっても生きやすい社会づくりにつながると思い、この企画は始まりました。あなたのモヤモヤ、聞かせてください。

みんなの「#父親のモヤモヤ」を見る

 

連載 #父親のモヤモヤ

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます