close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年06月25日

一発勝負で「人生決まる」中国の大学入試 高校はメンタルケアに注力


  • 3955

大学入試会場の外で、「加油(頑張れ)」と紙を掲げる女の子=2019年6月7日、ハルビン、黒竜江省

大学入試会場の外で、「加油(頑張れ)」と紙を掲げる女の子=2019年6月7日、ハルビン、黒竜江省

出典: ロイター

最新ニュースを受け取る

 中国の大学入試は6月にあります。試験の「高考(ガオカオ)」は「現代の科挙」と呼ばれるほど、中国人にとっては一大事。日本と違い、中国では大学や専攻ごとの試験は原則的に行われないため、高考の結果だけが合否の判断材料になります。

 かつては「千軍万馬が丸木橋を渡る」と例えられるほど、競争が熾烈だった高考。しかし近年、各大学が学生の募集人数が大幅に増やす「拡招」が続き、2018年に大学の合格率が80%を突破。日本と同じような「全入時代」を迎えつつあります。それでも将来の就職を考え、学力上位の大学を狙う競争は依然として激しいものです。そうした受験生たちの精神面を案じ、学生のメンタルケアに力を入れる高校も出ています。

受験生が試験会場から出てくるのを待つ保護者たち=嘉善県、嘉善高級中学

受験生が試験会場から出てくるのを待つ保護者たち=嘉善県、嘉善高級中学

試験中、絶対安静の会場外

 中国は欧米と同じで、新年度の入学シーズンは9月。試験は夏に行われます。かつては7月7、8、9日の三日間でしたが、暑すぎて学生の負担になるということで、1ヶ月前倒し。現在は、6月の7、8の二日間に行われています。

 さらに最近の入試改革で、選択科目である歴史、地理、物理、化学などの試験は早めに行われ、6月は共通科目の国語、英語、数学の三科目だけを受験することになります。

学生の受験成功を祈る看板「祝 高考成功」

学生の受験成功を祈る看板「祝 高考成功」

誰でも大学へ行ける時代に

 私が学生だった10数年前と異なり、今は「ほぼ、誰でも大学へ行ける時代になった」と言われています。

 1977年に中国が高考を再開した時、大学合格率が5%以下で、大学生が非常に珍しい存在でしたが、その後大学生が徐々に増えました。

 1999年からは教育の産業化が推進され、合格率は1998年の33%から一気に55%に。2018年には、80%を超えました。

 受験生の数も375万人だった2000年以降、毎年増え、2009年には1000万人を突破、2010年の1050万人をピークに、最近は900万人台を維持しています。今年の受験者数はまた、1000万人を超え、合格者も800万人を超える見込みです。

試験会場外で待ち、受験生の成功を祈る親たち。縁起がよいとされる赤い服を着るお母さんたち。

試験会場外で待ち、受験生の成功を祈る親たち。縁起がよいとされる赤い服を着るお母さんたち。

受験戦争は「生まれたその日から・・・」

 高考を語る上でわかりにくいのが、その複雑な制度です。中国に詳しいジャーナリストの中島恵さんによると、各大学は省ごとに合格者数を決め、合格基準を設定する仕組みで、各省の合格者数の割り当ても毎年変動します。「北京や上海などの大都市出身の学生が大都市(地元)の大学に入学するのは有利、地方出身の学生が大都市の大学に入学するのは不利で、たとえば、地方の学生の北京大学の合格ラインは大都市の学生のそれよりも、最初から高く設定されています」と解説します。

 私のふるさと嘉善県がある浙江省は、受験生が多く大学が少ないため、受験生や保護者からは「悪夢式」と呼ばれています。一方、北京市や上海市は、「ハッピー式」と呼ばれています。

 「一握りの『重点大学』に合格するために、多くの高校生は1日十数時間以上の猛勉強をするのが普通で、受験戦争は『生まれたその日から始まっている』というジョークもあるほど。重点大学は、政府が多くの資金を投入し、優秀な教授陣が揃っている有名大学のことで、就職に有利です」と中島さん。合否は高考の試験結果のみで決まるので、「一考定終生」(試験一つで人生が決まる)と言われるように、試験の重みはハンパないです。

「旗開得勝」(旗を掲げ、勝利を収める)とかけ合わせて「旗パオ」(チャイナドレス)を着るお母さん。受験生の成功を祈る

「旗開得勝」(旗を掲げ、勝利を収める)とかけ合わせて「旗パオ」(チャイナドレス)を着るお母さん。受験生の成功を祈る

メンタルのケア重視、選択肢も増えた

 この数年、嘉善県は未成年者のメンタルケアにかなり力を入れています。高校レベルでは専門職の心理カウンセラーを配備し、中学校レベルでも兼任のカウンセラーを配備しています。また浙江省も「心理健康教育示範点学校」を定め、高校生だけでなく、小中学校の学生の心理問題を重要視しています。

 中島さんによると、親は子どもの負担を減らすため、塾への送迎だけでなく、高校の近くに勉強用のアパートを借りてあげ、食事などすべてのサポートをするケースも珍しくなく、過保護な両親と精神的に弱い子どもは年々増えています。しかし、近年、富裕層の子弟の間では、過酷すぎる高考を最初から放棄して、海外留学の道を目指すケースも増えており、少しずつですが、「高考至上主義」の考え方は変化してきているそうです。

 どんなに時代が変わったとは言え、おそらく変わらないのは、親が子どもに対する愛です。「可憐天下父母心」(親の心子知らず。親はとかく子供のことを想うもの)という諺のように、親の子どもたちへの無条件のサポートが、今後も続くだろうと思われます。

 この愛が重すぎる負担にならずに、子どもたちの心のケアにもシフトできればいいなあと思いました。

一発勝負で「人生決まる」中国の大学入試
前へ
学生の受験成功を祈る看板「祝 高考成功」
次へ
1/17
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

「イオン、絶対反対」貫いた男性の20年 孫の送迎でも入らない駐車場
「イオン、絶対反対」貫いた男性の20年 孫の送迎でも入らない駐車場
NEW
C.C.レモンから「C」が消えた? がんを治せ...
C.C.レモンから「C」が消えた? がんを治せ...
「ためになる」「ありがたい」避難所の体験...
「ためになる」「ありがたい」避難所の体験...
「9月1日」ずっと続く苦しさ、どうすれば? 当事者世代の大事な視点
「9月1日」ずっと続く苦しさ、どうすれば? 当事者世代の大事な視点
NEW
妻の手作りカレー、息子と夫で違いすぎる… 「覆面カレー」が面白い
妻の手作りカレー、息子と夫で違いすぎる… 「覆面カレー」が面白い
自衛隊が「見せる」ぎりぎりの世界 荒天をつき種子島で離島奪回訓練
自衛隊が「見せる」ぎりぎりの世界 荒天をつき種子島で離島奪回訓練
手押し一輪車がスイスイ動く!特許取らずに「裏技」公開した教授
手押し一輪車がスイスイ動く!特許取らずに「裏技」公開した教授
キリスト看板、貼られる瞬間を見た 聖書配布協力会の伝道活動に密着
キリスト看板、貼られる瞬間を見た 聖書配布協力会の伝道活動に密着
NEW
「髪がないの、嫌だよ」 見た目問題、初めて見せた娘の涙に母は……
「髪がないの、嫌だよ」 見た目問題、初めて見せた娘の涙に母は……
映画『閉鎖病棟─それぞれの朝─』 公開記念インタビュー
映画『閉鎖病棟─それぞれの朝─』 公開記念インタビュー
PR
昆布のダシ、なぜ海中で出ない? おたる水...
昆布のダシ、なぜ海中で出ない? おたる水...
コアラのマーチ「激レアキャラ」は都市伝説?35年目に明かされる真相
コアラのマーチ「激レアキャラ」は都市伝説?35年目に明かされる真相
PR

人気

もっと見る