close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年06月15日

徹底的に手軽、でも本格的「バズレシピ」に込めた「まじめな思い」


  • 3852

"料理のおにいさん"こと、料理研究家のリュウジさん(左)は、誰でも手軽に作れる料理「バズレシピ」の考案者。活動の背景にある思いに、ユーチューバー・よききさんが迫りました。

"料理のおにいさん"こと、料理研究家のリュウジさん(左)は、誰でも手軽に作れる料理「バズレシピ」の考案者。活動の背景にある思いに、ユーチューバー・よききさんが迫りました。

最新ニュースを受け取る

最近、温かい食事をとれていますか? 毎日忙しく、ついファストフードや、コンビニ弁当で済ませがち……という人もいるかもしれません。でも、ご安心を。「バズレシピ」なら、手軽に本格的なメニューが楽しめるんです。考案者で料理研究家のリュウジさんは、動画やSNSで調理法を発信。幅広く支持されています。「今の食事は、十年後の自分をつくる」。その言葉の真意について、若者に人気のユーチューバー・よききさんが、一緒に料理しながら聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

話題のメニュー作りに挑戦

リュウジさんが提唱するバズレシピは、短時間で作れるのが特徴。コンロではなくレンジを使ったり、材料にスナック菓子を採り入れたりするなど、簡単に調理を楽しめる工夫も満載です。

開発した献立に関する情報は、ツイッター(@ore825)やYouTubeを通じ、ファンに届けています。


出典:リュウジさんのツイッター(@ore825)

今回、よききさんとリュウジさんが顔を合わせたのは、withnewsのYouTube番組「withよきき」の収録現場です。話題のメニューを、実際に作ってみようということで、集まりました。

この日挑んだのは、「レンジ鶏チャーシュー」。鶏もも肉にネギやニンニクを混ぜ、温めるだけというものです。

「電子レンジさえ使えれば、誰でも出来ますよ!」。リュウジさんの声かけに、ほぼ自炊の経験がないよききさんも、「楽しそう!」と気合十分です。

「レンジ鶏チャーシュー」の材料一覧

「レンジ鶏チャーシュー」の材料一覧

緊張気味のよきき、その任務は……

まずは薬味の準備です。リュウジさんは、ニンニクを包丁の側面で、細かく押しつぶしていきます。

「親の仇(かたき)のようにやって下さい!」。通り名である”料理のおにいさん”らしく、そんな一言で、場を和ませる気遣いも忘れません。

一方の鶏肉はタッパーに入れ、調味料が染み込みやすいよう、フォークで穴を開けます。続けて、リュウジさんから指示を受けつつ、砂糖やしょうゆを加えていくよききさん。やや緊張気味の表情です。

無事に入れ終え、「料理出来るじゃないですか!」とねぎらわれると、とびきりの笑顔が咲きました。

「自炊人口」を増やすことが夢

次に、鶏肉を加熱していきます。二人はタッパーをレンジで温める間、お互いの活動について語らいました。

よききさん 「リュウジさんは、何でバズレシピを作っているんですか」

リュウジさん 「『自炊人口』を増やしたい。その思いだけで続けていますね」

よききさん 「そういう目的だったんですね! ところでリュウジさん、昭和生まれということですが、見た目めっちゃお若いですよね?」

リュウジさん 「いいもん食ってるからですかね?(笑)真面目な話で恐縮なんですけれど、いま口にしている食事は、十年後の自分をつくっているんですよ。昨日食べたもの(の影響)って、今日には出ない。十年後に現れてきます」

食事の効果は、時間が経って初めて分かる。体内に毎日取り込むからこそ、決しておろそかにしてはいけない--。リュウジさんの活動の本質が、垣間見えた時間でした。

レンジが止まった後、更に余熱で温めたら、「レンジ鶏チャーシュー」の完成です。キラキラと輝くタレにつかった、プリプリの鶏肉は、見ているだけで食欲をそそります。

「どうでした? このメニュー、作ってくれますか?」「絶対作るっす!」

にこにこしながら、おいしい料理を食べる、よききさんとリュウジさん。その姿は、誰かと温かい食卓を囲むことの喜びを、かみしめているようでした。

料理とは、最も身近な「異世界への扉」

収録を脇で眺めていた私(筆者)も、就職後に一人暮らしを始めて以降、外食しがちになってしまった一人です。「面倒だな」と、台所に立つのを諦めたことは数知れず。二人を見て、「もっと早く、バズレシピを知っておけばよかった!」という気持ちになりました。

そんな私でも、数少ない料理の経験を振り返ってみると、楽しい記憶がよみがえります。知人からもらったトマトで、出来上がりを想像しつつカレーを作ったり、友達と盛り上がりながらギョーザを焼いたり……。完成した時の達成感は、得がたいものでした。

一歩踏み出してみれば、新しい景色が見えてくる。料理とは、最も身近な「異世界への扉」と言えるかもしれません。でも、ほんの少しのおっくうさが、出会いの機会を失わせてしまうというのも、ままあることです。

バズレシピは、その扉を誰に対しても開く、素敵なアイデアです。これからも自炊人口を増やし、食によって人と人がつながる、豊かな社会をつくる力となって欲しい。心からそう思っています。私も、これからレシピを実践してみたいと感じました。

★レンズ鶏チャーシューの作り方★

【材料】

・鶏もも肉 1枚(300g)
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ2
・砂糖 大さじ1半
・にんにく(スライスする) 1片
・鷹の爪(刻んでおく) 1本
・糸唐辛子 あれば少々
・小ネギ あれば少々
 

【調理の手順】
 

①調味料(しょうゆ、みりん、酒、砂糖、酒、にんにく、鷹の爪)を混ぜ、タレを作る。

②フォークで鶏モモ肉の表面に穴をあけ、耐熱容器にタレと一緒に入れる。

③容器にラップなどを載せ、600ワットのレンジで3分間加熱(500ワットの場合は3分半)。続けて肉をひっくり返し、1分半温めたら、レンジの中に5分間置き、余熱で火を通す。

④好みの大きさに切り、残りのタレと糸唐辛子、小ネギを散らす。
 

◇ ◇ ◇

6月24日まで、東京・渋谷の「Royal Garden Cafe SHIBUYA」にて、リュウジさん考案の「お酢レシピ」が食べられます。(詳細は同店HP


徹底的に手軽、でも本格的「バズレシピ」に込めた「まじめな思い」
前へ
「レンジ鶏チャーシュー」を料理する、「バズレシピ」の開発者リュウジさんと、ユーチューバーのよききさん
次へ
1/8
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
雪次郎のバターケーキ? なつぞら効果で「柳月」のケーキに注文続々
雪次郎のバターケーキ? なつぞら効果で「柳月」のケーキに注文続々
上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
車庫入れみたいな甘え方? 縦列駐車、交通事故…愛犬のしぐさが秀逸
車庫入れみたいな甘え方? 縦列駐車、交通事故…愛犬のしぐさが秀逸
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
こんなMONOまであるの? リュックにスニー...
こんなMONOまであるの? リュックにスニー...
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
「避難」が分からない外国人 災害の教訓が...
「避難」が分からない外国人 災害の教訓が...
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
「君の名は。」新聞広告、中国人も感動 SNSで飛び交った言葉
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子
お母さんは忙しいから… 「遠足の弁当つくって」が言えなかった息子

人気

もっと見る