close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年06月14日

「きゅーちゃん」がいたから… 最終回を見届けて逝ったハムスター


  • 36933

漫画「一人の漫画家と、一匹のハムスターのおはなし」の一場面

漫画「一人の漫画家と、一匹のハムスターのおはなし」の一場面

出典: 玉川ユキさんのツイッター

最新ニュースを受け取る

 初の連載漫画執筆で疲れ切っていた時に飼い始めたハムスター「きゅーちゃん」。漫画家を辞めようと思った時にきゅーちゃんの体調が悪化し、延命治療のお金を稼ぐために描き続けた結果は――。そんな漫画がツイッター上で注目を集めています。実体験を描いた作者に話を聞きました。

漫画「一人の漫画家と、一匹のハムスターのおはなし」

漫画「一人の漫画家と、一匹のハムスターのおはなし」

出典: 玉川ユキさんのツイッター

2015年5月のお話から


 先月18日に、「一人の漫画家と、一匹のハムスターのおはなし」というタイトルとともにツイッター投稿された漫画。

 2015年5月、漫画家デビューが決まった女性が連載第1話を描いている場面から始まります。

 技術不足もあって毎日17時間描き続けても終わりが見えない状態。腰や腕が痛く、精神的にもプレッシャーを感じていました。

 一番つらかったのは「ひとりぼっちでろくな会話もなく、家から出られないこと」でした。

 ある晩、道端でハムスターを見つけて保護する夢を見ました。目が覚めて、「お世話もわかるし、打ち切りでフリーターになっても養えるコストだし」と、ペットショップへ。

 そこで出会ったのが、手のひらの上で縮こまって震えているハムスターでした。久作くんと名付けて愛称は「きゅーちゃん」に。

 連載が終わる日までずっと隣にケージを置いて、しんどさを感じるたびに「原稿料できゅーちゃんのおやつを買うんだ」と執筆に励みました。

ハムスターの「きゅーちゃん」

ハムスターの「きゅーちゃん」

出典: 玉川ユキさんのツイッター

「漫画家辞めます」


 それから約2年後の2017年4月、連載完結間近となって編集者に「これが終わったら漫画家辞めます」と伝えました。

 動悸や寒気、謎の恐怖感。布団から出られなくなり、心身ともに限界だと感じていました。

 しかし、その晩にきゅーちゃんの体調が急変。動物病院に連れて行くと「老衰ですね。延命治療できるかもしれませんが、その……高いですよ」と告げられます。

 「やります!」と即答して、ケージを酸素室にするための機器をレンタル。「お金を理由に諦めるのだけは絶対いやだ」と漫画家を続けることを決心しました。

 メインキャラが死ぬ場面では、きゅーちゃんと重ね合わせて泣きながら描きました。

ハムスターの「きゅーちゃん」

ハムスターの「きゅーちゃん」

出典: 玉川ユキさんのツイッター

連載2作目の第1話が完成した日に


 なんとか最終回まで見届けてくれたきゅーちゃん。連載2作目も決定し、第1話が完成した日の早朝に息を引き取りました。

 きゅーちゃんがいなければ漫画は続けていなかった。そう思いながら、こんな風に振り返ります。

 「勝手な 都合のいい思い込みだけれど…… 『描け』ときゅーちゃんが背中を押してくれたような気がした」「2作目はいいことがたくさんあった 辞めなくてよかったと思った」

 そして最後は、こう結んでいます。

 「私がきゅーちゃんと出会えて幸せになったように、私もきゅーちゃんに幸せをあげられていたらいいなと思う」

ハムスターの「きゅーちゃん」

ハムスターの「きゅーちゃん」

出典: 玉川ユキさんのツイッター

作者に聞きました


 この投稿に対して、「きっと幸せだったと思いますよ」「この感動を書き表す言葉を見つけられません」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万2千、いいねは3万6千を超えています。

 投稿したのは、名古屋在住の漫画家・玉川ユキさん。漫画配信サービスGANMA!の「四谷快談!」でデビュー。現在は「黒の血族」を連載中です。

連載「四谷快談!」はこちら

連載「黒の血族」はこちら


 今回きゅーちゃんを描いた理由については、こう説明します。

 「他の作家さんの描かれた動物エッセイを読んでいて、ふいにきゅーちゃんのことを思い出しました。私をフォローしている読者の方に『作品の裏に1匹のハムスターの存在があったことを知ってほしい』と思ったんです」


原稿料でおやつを


 昔を振り返りながら、当時の気持ちを形にしたという玉川さん。

 命日から2年ほど経って少しゆとりが持てたこともあり、「この機に一度、きちんときゅーちゃんとの思い出を振り返ってみよう」という気持ちもあったそうです。

 自分の周りの人に向けて描いたため、予想以上の反響に驚いたといいます。

 「この人『黒の血族』の作者だ、といった内容のリプライを多数いただきまして、きゅーちゃんのために描き始めた連載作品が今、多くの人に読まれているんだなあと実感しました。『きゅーちゃんのおかげで頑張れてるよ』と、原稿料でおやつを買って渡してあげたいですね」

 寄せられた多くのコメントに対しては、こう話します。

 「『自分も昔ペットを飼っていた』『今まさに老い始めているので、一日一日を大切にしようと思った』といった内容が多く、リプライにもたくさんのドラマを垣間見ました。動物に関する悲しいニュースも多い中で、優しい飼い主の元で幸せに暮らしている子たちの存在を知れて、胸が暖かくなる思いでした」

「きゅーちゃん」がいたから… 最終回を見届けて逝ったハムスター
前へ
ハムスターの「きゅーちゃん」
次へ
出典:玉川ユキさんのツイッター
1/29
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
バスの降車ボタン押し放題! 学研ムックの...
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
「アントニオ猪木はBARにいる」政界引退直前、伝説の人を探した夜
「アントニオ猪木はBARにいる」政界引退直前、伝説の人を探した夜
強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
Q&A
シマウマ何頭いる? だまされる人続出、富士サファリの投稿が話題に
シマウマ何頭いる? だまされる人続出、富士サファリの投稿が話題に
「投票、最後は勘……」でいいのか? アラフォーの本音聞いてみた
「投票、最後は勘……」でいいのか? アラフォーの本音聞いてみた
いわしパフェの京都水族館、今度は「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」
いわしパフェの京都水族館、今度は「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」

人気

もっと見る