close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年06月07日

「可愛いノート、欲しい」弱視の娘がぽつり…選べぬ悩み、救う一冊


  • 21342

一見、普通に見えるノート。実は、見えづらさに悩む人達向けの、工夫に溢れています。エモーショナルな開発背景について、取材しました。=神戸郁人撮影

一見、普通に見えるノート。実は、見えづらさに悩む人達向けの、工夫に溢れています。エモーショナルな開発背景について、取材しました。=神戸郁人撮影

最新ニュースを受け取る

動物や自然、アニメキャラクター。市販の学習ノートは、表紙イラストのバリエーションが豊かですよね。幼い頃、ワクワクしながら選んだ、という人もいるかもしれません。しかし、視覚に障害があると、そんな楽しみを味わえないことも。当事者向けに販売されているものは、シンプルなデザインが主流のためです。こうした中で生まれた製品「KIMINOTE(きみのて)」をご存じでしょうか? ある弱視の女の子の悩みと、それに共感した人々の声が作った一冊です。開発者の男性に、思いを聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

お菓子に羊、ポップなデザイン

ケーキにパフェ、ドーナッツ……。おいしそうなお菓子に囲まれ、パティシエ風の衣服に身を包んだ女の子が、にこやかにほほ笑んでいます。KIMINOTEシリーズ中、人気の高い「パティシエル」の表紙絵です。

「パティシエル」のノート。横12マス×縦18マス、10マス×15マス、6マス×8マスの3種類がある。

「パティシエル」のノート。横12マス×縦18マス、10マス×15マス、6マス×8マスの3種類がある。

他にも、もこもことした質感が愛らしい「羊」、わたあめに乗ったオリジナルキャラクター「ひつじのめぇな」、青字の背景に白と桃色のウサギが跳ぶ「和柄」のイラストがあります。

「パティシエル」「羊」は横12マス×縦18マス、10マス×15マス、6マス×8マスの3種類。漢字の練習や、日記をつけるのにぴったりです。「ひつじのめぇな」「和柄」は縦書き、横書きに対応しています。どれもポップで、思わず手に取りたくなるような絵柄です。

さらに、かつて宇宙開発の最前線で活躍した、小惑星探査機「はやぶさ」と、「H-2Aロケット」の写真をあしらったものも。こちらはそれぞれ、12マス×18マスです(いずれも6月7日時点で売り切れ)。価格は一律250円(税込み)で、一般的な学習ノートと同じ、B5サイズとなっています。

「はやぶさ」「H-ⅡAロケット」の表紙。画像はJAXAのフォトアーカイブから借用したという。

「はやぶさ」「H-ⅡAロケット」の表紙。画像はJAXAのフォトアーカイブから借用したという。

このシリーズの特徴は、見えづらさに悩む人向けの機能が、充実している点です。例えば、罫線(けいせん)。色は視力が弱い人でも確認しやすい、濃い緑や青を採用しました。幅も約0.2~0.5ミリと、一般的なものより太くなっています。

当事者の中には、紙面に顔を近づけて見る際、頂点部分が目に入り、けがを負ってしまう人も少なくありません。そのため、角を丸くするといった工夫まで施されているのです。

縦書き・横書きのノート。書きやすいよう、5行おきに、罫線の起点・終点部分が黒丸で強調されている。

縦書き・横書きのノート。書きやすいよう、5行おきに、罫線の起点・終点部分が黒丸で強調されている。

開発したのは当事者の男性

どのような経緯から、KIMINOTEは誕生したのでしょうか? 開発を担当した、自営業者の伊敷政英さん(42)に話を聞いてみました。

伊敷政英さん

伊敷政英さん

伊敷さん自身、生まれつきの弱視です。右目の視力が0.01、左目は光を感知出来る程度といいます。現在は主に、企業などのウェブサイトを対象に、当事者でも使いやすい仕様か、検証する事業を手がけています。

中高時代を、盲学校で過ごした伊敷さん。5年ほど前の冬、高校の同級生だった女性と再会し、こんな相談を受けたそうです。

「見えづらい人でも使える、可愛いノートってないのかな?」

女性は視覚に障害があり、小学校の通常学級に通う、弱視の娘がいます。娘には、太い罫線が印刷されるなどした、当事者用の学習ノートを持たせていました。しかし、表紙には製品名が記されているのみでした。

一方、クラスメートが使っていたのは、市販の製品です。目立つ場所に愛くるしいアニメキャラクターが描かれ、娘のものと比べて、デザイン面で大きな差がありました。

「引け目を感じたのか、娘さんはシールなどを使い、自分で表紙をデコレーションしたそうです。でも、周りから不評だったため、結局はがしてしまった。友達と同様に、日々の生活を楽しめないことに、うんざりしていたのでしょうね」

他の人と同じ楽しみを味わえない。娘にとって、それはつらいことだった。(画像はイメージ)

他の人と同じ楽しみを味わえない。娘にとって、それはつらいことだった。(画像はイメージ)

出典: PIXTA

「選べない」ことこそが苦痛

見えづらさを抱えていても使いやすい、市販の学習ノートはないものか――。

試しに、販売を手がけている企業の商品構成を調べた伊敷さん。その結果、罫線が視認しづらいなど、使う上で障壁があることに気づきました。

矯正後も十分な視力が出なかったり、視野に問題があることで、日常生活や社会参加に不便を感じる人は「ロービジョン」と呼ばれます。

この中には弱視も含まれ、当事者にとっては、ノートにまっすぐ線を引くのも困難です。こうした状況が改善されないと、学習意欲が下がったり、将来の選択肢が狭まったりする可能姓があります。

もちろん、社会福祉法人などが販売する、ロービジョン対応の学習ノートは存在します。しかし表紙のデザインが少なく、購入出来る場所も、一般向けの製品ほど多いとは言えません。

多感な子どもたちにとって、この「選べない」ということ自体が、苦痛となる場合があるのです。

「あの女の子だけではなく、ロービジョンの子全員の力になりたい」。こうして伊敷さんは、オリジナルノートの開発を決意したのでした。

画面右側が、ロービジョンの人向けに販売されているノート。左側のKIMINOTEと比べ、サイズが一回り大きい。

画面右側が、ロービジョンの人向けに販売されているノート。左側のKIMINOTEと比べ、サイズが一回り大きい。

支援者の共感、製作を後押し

とはいえ、ノートを1冊完成させるのには、50~60万円ほどの製作費がかかります。進学後も使ってもらえるよう、いくつかのデザインをそろえる想定だったことから、どう資金を調達するかが課題となりました。

そこで活用したのが、クラウドファンディングです。「選ぶ愉(たの)しさを子どもたちに」「勉強を好きになる子が増えますように」。共感の声が次々と寄せられ、約2カ月間で目標の115万円を超える、約128万円が集まりました。

製作費の募集に活用した、クラウドファンディングのウェブサイト。

製作費の募集に活用した、クラウドファンディングのウェブサイト。

出典:Readyforの関連ページ

表紙のデザインは、知人のデザイナー2人に依頼。寄せられた図案を、実際にロービジョンの子どもたちに見せ、絞っていきました。罫線の太さについても、0.1ミリ単位で調整した複数のバージョンを使ってもらい、適切な数値を探りました。

そして「パティシエル」など、12マス×18マスの4種類が完成したのは、2014年8月のこと。「子どもたちに、ノートと世界を、自分の手で開いて欲しい」。そんな思いを込め、「君の手」のローマ字表記である、”KIMINOTE“と命名としたのです。

KIMINOTEの試作品を使う女の子。字が見やすいよう、書見台という器具の上に置いている。

KIMINOTEの試作品を使う女の子。字が見やすいよう、書見台という器具の上に置いている。

立場超え、人と人をつなげる一冊に

伊敷さんは初版の計2千冊を、全国約300の視覚特別支援学校や、一般校の特別支援学級に提供しました。

「自宅に届いたノートに、製品についてつづった手紙をつけ、郵送していったんです。冊数が多すぎて、部屋の床が抜けるかと思いましたね(笑)」

KIMIOTEのシリーズ一覧。これまでに3千冊以上が、必要な人のもとに届けられた。

KIMIOTEのシリーズ一覧。これまでに3千冊以上が、必要な人のもとに届けられた。

医療関係者や、ロービジョンの人向けの商品展示会などでもPRした結果、評判に。使った人から、要望を受ける機会が増え、製品に反映しています。一部ラインナップの紙を、白から光の反射が少ないクリーム色に変えたり、マス目を少なくしたり……といった具合です。

すると、教育現場に採り入れる学校も出てきました。徳島県美馬市の市立岩倉小学校は、その一つです。

伊敷さんからノートの寄贈を受けたのは、2014年9月。校内の弱視学級で使ってみると、「すごく見やすい」「表紙が可愛い」といった声が、子どもたちから上がりました。以来、学校として、毎年度購入しています。

「ロービジョンの子は、紙面に目を凝らすだけで、ストレスを感じるもの。伊敷さんのノートは、負担を減らしてくれました」「算数の授業で、児童が筆算の位取りを間違えなくなるなど、学習面でも成果が出ています」

担当教諭の原みどりさんは、そう教えてくれました。

KIMINOTEは、累計で3千冊以上が世に出ています。伊敷さんの夢は、まだまだついえることがありません。次の目標は、視覚障害者以外にも、製品を使ってもらうこと。視野に入っているのは、発達障害の人々です。

当事者の中には、注意力不足や感覚過敏が原因で、ノートが取りづらい人もいます。そうした層にも、きっとKIMINOTEが役立つ――。そう考え、改良点を見つけるべく、聞き取り調査を重ねているといいます。

「最終的には、障害がなくても、楽しく使えるようなものにしたい。1冊のノートが、色々な立場の人々をつなげる。そんな風になったら、素敵ですね」

一冊のノートが、異なる立場にある人同士をつなぐ。伊敷さんは、そんな未来を夢見ている。(画像はイメージ)

一冊のノートが、異なる立場にある人同士をつなぐ。伊敷さんは、そんな未来を夢見ている。(画像はイメージ)

出典: PIXTA

「~せいで」をつくり出すものとは

「選択肢の少なさこそが、最大の課題なんですよ」。取材中、伊敷さんが幾度となく口にしていた言葉です。

少年時代、「ドラえもん」が大好きだった私。親に自由帳や学習帳をねだり、手に入れた時のうれしさ、誇らしさは、今も忘れられません。積み重ねてきた、優しい記憶の一つ一つに、生かされている面もあります。

そうした思い出が、すっかり欠けていたとしたら――。記事を書きながら、KIMINOTEが目指すものを、再確認した気がします。

「障害のせいで」出来ないことがある。伊敷さんの取り組みは、その常識を、機能面から打ち破ろうとするものです。子どもたちが、人生を切りひらいていく上で、これほど心強い「伴走者」はいないと感じました。

そして、「~せいで」という部分に当てはまる言葉は、障害だけではありません。社会の様々な領域で、限界をつくっているものとは何か。KIMINOTEは、大人たちが考えるべき課題を、照らしてくれているように思います。


「可愛いノート、欲しい」弱視の娘がぽつり…選べぬ悩み、救う一冊
前へ
KIMINOTEシリーズ中、一番人気の高い「羊」(左)。右側は、わたあめに乗ったオリジナルキャラクター「ひつじのめぇな」。
次へ
1/6
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

白黒のライオン、引っぱるとカラーに! 仕掛け絵本の出版社に聞いた
白黒のライオン、引っぱるとカラーに! 仕掛け絵本の出版社に聞いた
夫の実家へ帰省、逃れられない「長男の嫁」 そもそもなぜ帰省?
夫の実家へ帰省、逃れられない「長男の嫁」 そもそもなぜ帰省?
手術を40回以上繰り返した顔 恋に臆病だった私を変えた友と夫の言葉
手術を40回以上繰り返した顔 恋に臆病だった私を変えた友と夫の言葉
「LINEしんどい」への大関れいかの答え「悪い気しない」返信とは
「LINEしんどい」への大関れいかの答え「悪い気しない」返信とは
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
PR
熱中症対策、お客さま以外もどうぞ カラオケ「パセラ」冷水など提供
熱中症対策、お客さま以外もどうぞ カラオケ「パセラ」冷水など提供
「やりたいことがない」10代の悩みに……kemioさん「なくていい」
「やりたいことがない」10代の悩みに……kemioさん「なくていい」
【やさしい日本語】熱中症(ねっちゅうしょう)をしっていますか?
【やさしい日本語】熱中症(ねっちゅうしょう)をしっていますか?
パキスタンの格ゲー王者、再び伝説に「出国できない!」その後の奇跡
パキスタンの格ゲー王者、再び伝説に「出国できない!」その後の奇跡
しょんぼり顔のトラ、水浴びしたかったな… 掃除後の池で撮影の1枚
しょんぼり顔のトラ、水浴びしたかったな… 掃除後の池で撮影の1枚
1円雑誌が問いかける価値 全680ページ、売り切れ続出…編集長に聞く
1円雑誌が問いかける価値 全680ページ、売り切れ続出…編集長に聞く
「天引き後の給料」を2文字で表現 創作漢字が話題の書道家に聞いた
「天引き後の給料」を2文字で表現 創作漢字が話題の書道家に聞いた

人気

もっと見る