MENU CLOSE

話題

40582

「猫マナー」が生み出す錯視! 傾いて見えるのはなぜ?教授に聞いた

パソコンなどで「猫マナー猫マナー猫マナー猫マナー……」と文字を打ち込んで並べると、文字列が右下に下がっていくように見える――。

「猫マナー」は右下がり、「ーナマ猫」は右上がりに見えますが、どちらも目の錯覚です
「猫マナー」は右下がり、「ーナマ猫」は右上がりに見えますが、どちらも目の錯覚です

目次

 パソコンなどで「猫マナー猫マナー猫マナー猫マナー……」と文字を打ち込んで並べると、文字列が右下に下がっていくように見える――。先日、そんなツイートが注目を集めました。実際に下がっているわけではなく、目の錯覚によるものです。その仕組みについて大学教授に話を聞きました。

「杏マナー」も傾いて見えます
「杏マナー」も傾いて見えます

確かに傾いて見えます


 4月18日にツイッターで「心理学でやった面白い錯視」と題して投稿されたの文字列。

 「猫マナー」を4つずつ3行並べたものと、「ーナマ猫」を同じく4つずつ3行並べたもので、いずれも行頭は半角1文字分ずらされています。

   猫マナー猫マナー猫マナー猫マナー
  猫マナー猫マナー猫マナー猫マナー
 猫マナー猫マナー猫マナー猫マナー

 ーナマ猫ーナマ猫ーナマ猫ーナマ猫ー
  ーナマ猫ーナマ猫ーナマ猫ーナマ猫ー
   ーナマ猫ーナマ猫ーナマ猫ーナマ猫ー

 猫マナーについては文字列が右下に行くほど下がっているように見え、ーナマ猫は上がっているように見えます。


投稿主に聞きました


 この投稿に対して、「どう見ても斜め」「目がおかしくなったのかと思って焦りました」といったコメントが寄せられ、リツイートは6万、いいねは13万を超えています。

 投稿したのは東北大学工学部2年の阿部鷹行さんです。

 「文系の講義を受けてみたところ、知り合いが誰もいなかったんです。この驚きを誰かに伝えたかったのに……。それでツイートすることにしました」

大学教授に聞きました

立命館大学総合心理学部の北岡明佳教授
立命館大学総合心理学部の北岡明佳教授 出典: 北岡教授提供


 目の錯覚などと言われる「錯視」によるこの現象。

 立命館大学総合心理学部の北岡明佳教授によると、「ポップル錯視」と同じような原理だといいます。

 ポップル錯視とは、平行に並べた図形の模様を均等に上下にずらすと図形が傾いて見えるもの。

 「猫マナー」に含まれている一文字の水平線分が長く、単語内に水平線分が階段状に右下がりに並んでいるため、右下がりに見えるそうです。

「猫マナー」に含まれている一文字の水平線分が長く、単語内に水平線分が階段状に右下がりに並んでいるため、右下がりに見えるそうです
「猫マナー」に含まれている一文字の水平線分が長く、単語内に水平線分が階段状に右下がりに並んでいるため、右下がりに見えるそうです


 文字列が傾いて見える錯視は2000年代の前半にはやり、「杏マナー」などがテレビでも取り上げられました。

 2006年9月の立命館大学人文学会学生部会の学生論集にも、この文字列に関する論文が掲載されています。

北岡教授が考えた文字列が傾いて見える錯視
北岡教授が考えた文字列が傾いて見える錯視 出典:北岡教授のホームページより

奇術部のいい宣伝に


 ツイートが話題になったことに便乗して、阿部さんは自身が入部している奇術部を宣伝。すると、多くの人が反応してくれたそうです。

 「仲間内に向けてのツイートが話題になってビックリしましたが、部員からも『いい宣伝になった』と言われたのでよかったです」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます