close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年06月02日

<金正男暗殺を追う>「ミスターY」と名乗った男「いくら欲しい?」


  • 5607

事件の前年にはユーチューブの番組に出演していたフォン

事件の前年にはユーチューブの番組に出演していたフォン

最新ニュースを受け取る

 「いたずら番組の撮影」と称して金正男(キム・ジョンナム)氏に毒を塗ったとされるベトナム人のドアン・ティ・フォンさん(31)を、事件前に撮影に誘い込んだ男がいた。自らを「ミスターY」と呼び、流ちょうなベトナム語を操る男。「いくら欲しい?」「ボーナスも払う」との誘い文句に、フォンさんは引き込まれていった。(朝日新聞国際報道部記者・乗京真知、鈴木暁子)

金正男暗殺を追う

男はバーで待っていた

 フォンが逮捕直後、警察に打ち明けた供述調書は、次のような場面の説明から始まっている。

 クリスマス目前の2016年12月下旬、フォンの携帯電話が鳴った。女友達のバー経営者(31)からだった。「近くのバーまで来て」「撮影の仕事があると言っている人がいるから」。バーは自宅から車で20分ほどの場所にある。フォンはタクシーを呼んで、さっそくバーに向かった。

 バーに着いたのは午後2時半ごろだった。中に入ると、カウンターのそばに男が座っていた。フォンは「韓国人らしい顔立ち」だと思った。年の頃は30代後半で、細い目に四角い縁なし眼鏡をかけていた。黒髪を右から左に流すようにセットし、ヒゲはきれいにそっていた。白いシャツに黒いズボンと黒い靴。180センチを超える長身で胸板が厚く、腕時計をはめた左腕には血管が浮き出ていた。日焼けしたようなくすんだ赤の唇は、男が愛煙家であることを物語っていた。

 男は口にビールを含んだ後、ベトナム語でこう切り出した。「ミスターYと呼んでくれ」。フォンが「どうして言葉が上手なの?」と尋ねると、男は「ベトナムと韓国のハーフなんだ」「Yはベトナム名の頭文字」と説明した。

「ミスターY」と名乗る男がフォンに「いたずら番組」の撮影話を持ちかけたとされるハノイのバー=ライ・タイン・ビン撮影

「ミスターY」と名乗る男がフォンに「いたずら番組」の撮影話を持ちかけたとされるハノイのバー=ライ・タイン・ビン撮影

「月いくら欲しい?」

 ミスターYは「韓国メディアの仕事を請け負う撮影会社のカメラマン」で、いたずら番組の撮影を手がけているとのことだった。また、いたずらとは、通りかかった人の手に触れたり、液体をかけたりすることだと説明し、ラオスや韓国、マレーシアなど海外での撮影も予定していると語った。

 出演料については「月いくら欲しい? 言ってごらん」「撮影がうまくいけばボーナスも払う」と気前がよかった。フォンが「1000ドル(約11万円)ほしい」と希望を伝えると、ミスターYは「ボスに話してみる」と応じ、携帯電話の番号を交換した。1000ドルは一人暮らしをするフォンの家賃の約17カ月分に相当する額だった。

 出演条件がよく、言葉の壁もない。清潔感があり、まじめな人。約40分の話し合いで好印象を抱いたフォンは、すっかり話を信用した。

フォンに「いらずら番組」への出演を持ちかけたとされる男「ミスターY」。マレーシア警察によると、男は北朝鮮の工作員だった=関係者提供

フォンに「いらずら番組」への出演を持ちかけたとされる男「ミスターY」。マレーシア警察によると、男は北朝鮮の工作員だった=関係者提供

ユーチューブに出演歴

 フォンが撮影に誘われたのは、これが初めてではなかった。ミスターYと出会う半年以上前に、動画投稿サイト「ユーチューブ」の番組に出演したことがあった。

 ベトナムの人気ユーチューバーの男性がマレーシア警察に説明したところでは、フォンは2016年に2回、男性の番組に出た。番組の内容は、ハノイの公園で時間をつぶしているフォンに男性が突然声をかけ、簡単なゲームでフォンが勝てばプレゼントが贈られるが、負ければキスを受け入れなければならないというもの。視聴者からすれば、公園で会ったばかりの2人が口づけをするのかどうか、気になる設定だ。

 2016年4月公開の番組(https://www.youtube.com/watch?v=85YN_MUWMQw)では、赤いドレス姿のフォンがゲームに負け、恥ずかしそうに唇を重ねる様子が映っていて、視聴回数は800万回を超えた。ドレスの裾は下着がのぞくほど短かった。「愛想が良くて可愛い彼女は、撮影をとても楽しんでいた」(男性の警察への説明)という。

 計2回の撮影でフォンが受け取った出演料は、60万ドン(約2900円)だった。一方、ミスターYとの撮影で得られるかもしれない出演料は、その数十倍。「女優」としてステップアップしたかったフォンにとって、ミスターYの誘いは願ってもない飛躍のチャンスだった。

    ◇

【フォンの人選】ミスターYは出演女優の条件に「若さ」と「飲み込みの良さ」を挙げた。外見についての注文はなかった。人選を頼まれた女友達(31)は、知り合いのフォンを推薦した。高等教育を受けて英語も話せるフォンは理解が早く、過去に撮影を経験しているため適任、と考えたという。その考えの通りフォンを気に入ったミスターYは、女友達に「かなり高い確率で彼女(フォン)を採用することになるだろう」と語ったという。

事件の前年にユーチューブの番組に出演していたフォン(右)

事件の前年にユーチューブの番組に出演していたフォン(右)

<お断り>事件発生前から裁判までを振り返る連載「金正男暗殺を追う」(https://www.asahi.com/special/kimjongnam/3/)では、フォンさんの呼称(容疑者や被告など)の変化による混乱を防ぐため、呼称を省いています。フォンさんは4月1日にマレーシアの裁判所から禁錮刑を言い渡され、刑期を終えた5月3日に出所、ベトナムに帰国しました。

金正男暗殺を追う

ナイトクラブではダンスも 農村の少女が「実行犯」にされるまで……
前へ
ハノイ市内のナイトクラブで接客係として働いていたフォンとみられる女性(中央)=ナイトクラブのフェイスブックから
次へ
1/4
前へ
次へ

コメント

あわせて読みたい

猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
「幸せな孤独死」がウソである理由 宮台真...
「幸せな孤独死」がウソである理由 宮台真...
猫3匹が「川の字」で寝てる! テーブル下を撮った1枚、撮影者に聞く
猫3匹が「川の字」で寝てる! テーブル下を撮った1枚、撮影者に聞く
NEW
おばあちゃんのレシートから伝わった愛 毎週金曜に羊羹を買った理由
おばあちゃんのレシートから伝わった愛 毎週金曜に羊羹を買った理由
椎名林檎が感じた「時代の切実さ」新作まで...
椎名林檎が感じた「時代の切実さ」新作まで...
「合併しない宣言」や「議員報酬日当制」で話題になった福島県矢祭町のその後
「合併しない宣言」や「議員報酬日当制」で話題になった福島県矢祭町のその後
Q&A
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
「おじいちゃん、泣けなくてゴメンね」 弔いに割った茶碗、流れた涙
「おじいちゃん、泣けなくてゴメンね」 弔いに割った茶碗、流れた涙
<金正男暗殺を追う>農村から「アイドル」夢見た「実行犯」
<金正男暗殺を追う>農村から「アイドル」夢見た「実行犯」
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
PR
「それでもいいから会いましょう」場面緘黙...
「それでもいいから会いましょう」場面緘黙...

人気

もっと見る