close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年05月27日

モンパチ、200万枚売ってもインディーズの理由 名曲を映画化


  • 9320

MONGOL800の上江洌清作さん(左)と、映画「小さな恋のうた」脚本家の平田研也さん=門間新弥撮影

MONGOL800の上江洌清作さん(左)と、映画「小さな恋のうた」脚本家の平田研也さん=門間新弥撮影

最新ニュースを受け取る

昨年結成20周年を迎えた沖縄のロックバンドMONGOL800(モンパチ)の、最も広く知られる歌が映画になりました。24日に公開された映画「小さな恋のうた」は、ロックバンドをめぐる高校生たちの物語を通して、リアルな沖縄を描きます。今もインディーズで活動を続けるモンパチ。シングル曲を出さない理由、そして「9.11」の夜に起きたこと……。映画を通して見えた沖縄について、ボーカル&ベースの上江洌清作(うえずきよさく)さんと、脚本家の平田研也さんに聞きました。(朝日新聞文化くらし報道部 坂本真子記者)

インディーズ初のオリコン1位

「映画のタイトルは入り口としていいんじゃないですか。良くも悪くも期待を裏切るというか、してやったりというか」と、上江洌さん。

「小さな恋のうた」は、モンパチが2001年に出した2枚目のアルバム「MESSAGE」に収録された楽曲です。作詞は上江洌さん。「ほら/あなたにとって/大事な人ほど/すぐそばにいるの……」という歌詞には多くの人が共感し、カラオケでよく歌われました。

アルバム「MESSAGE」は、収録曲の「あなたに」がテレビCMに使われたことをきっかけに口コミで人気が拡大。インディーズで初めて200万枚以上売れる大ヒットになり、オリコンチャートの1位を記録しました。

映画の企画が生まれたのは約8年前。上江洌さんの友人の映像プロデューサーが中心になり、「MESSAGE」の全14曲について、1曲ずつ違うテーマで沖縄を描く短編映画を作ろうとしたのが始まりでした。この企画に参加した平田さんは奈良県出身。沖縄のことを知ろうと、何度も上江洌さんを訪ねて話を聞きました。



「基地があるってこういうことなんだ」

最も印象に残っているのは、「9.11」のときの話だと、平田さんは言います。

2001年当時、大学生だった上江洌さんは、友人の誕生日を居酒屋で祝っていたそうです。すると、ニューヨークの世界貿易センタービルに飛行機が突入する様子がテレビに映りました。

「近くの米軍基地でサイレンが鳴り出して、厳戒態勢みたいになって、誕生会はそこで中止。それどころじゃない、帰りましょう、と。9.11の後は観光が冷え込んで、一気にキャンセル。その数年後には、大学に米軍ヘリが落ちたし」

上江洌さんにとって米軍基地はずっと身近な存在だったそうです。

「子どもの頃は、カーニバルがあると、よく基地の中に行きましたからね。バンドを始めてからは、よくライブに来てくれる米兵とたまたま仲良くなって、一緒にご飯食べることにして、せっかくだから寿司かなぁ、と。回転寿司で最初に彼が取ったのがチキンバスケットだった、ということもあった。実際に自分の身の回りで起きたこと、日常的な沖縄の雰囲気について話しましたね」

平田さんは「基地があるってこういうことなんだ、それぐらい身近なんだということを最初に教えてもらいました」。

それからも取材を重ね、最終的に今回の映画が決まりました。

映画の舞台は、米軍基地がある沖縄の町。平田さんは、脚本のこだわりを次のように語ります。

「どこにでもある普通の暮らし。その中に当たり前のように(米軍基地の)フェンスがある。何か特別なメッセージがあるわけではなくて、どこの地方にもいるような高校生たちの、言葉にできない衝動を感じてほしいですね。それを入り口に沖縄のリアルな姿を知ってもらえれば」

映画に出演したMONGOL800のボーカル&ベース上江洌清作さん(左)(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

映画に出演したMONGOL800のボーカル&ベース上江洌清作さん(左)(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

基地のお土産「SAYONARA DOLL」

映画で使われるモンパチの曲の一つが「SAYONARA DOLL」。2011年のアルバム「etc.works2」に収録されています。
「この曲を使うと聞いて、どういうチョイスかと。どんな展開で使われるのか、楽しみにしていました」と上江洌さん。

以前、米軍基地の中に入ったときに、お土産の棚に琉球人形が飾られ、値札に「SAYONARA DOLL」と書かれているのを見つけたことが、曲作りのヒントになったそうです。

「ネーミングのセンスに驚いたし、基地に従事するために沖縄に来て、この島を好きになってくれたかもしれない人が記念に買うのかな、と思って。映画のストーリーの流れにすごくマッチしているというか、いやが応でも翻弄(ほんろう)されながら揺れている島の感じとかが、どこの家庭にも起こり得るリアルな感じ。歌詞とリンクするイメージがありましたね」と上江洌さん。

平田さんは、SAYONARA DOLLというものがあることを、モンパチの曲で知ったそうです。

「歌っている内容が、映画で書きたいものと本当に合っていたので、この曲を使おうと。曲を作った背景を聞いてから、実際に基地の中に入ったら本当にあったので、自分用に買いました。いまは自分の机に置いてあります」

どういう場面で使われるかは、映画を見てのお楽しみに。

映画に出演したMONGOL800のドラムス&ボーカル髙里悟さん(左)と世良公則さん(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

映画に出演したMONGOL800のドラムス&ボーカル髙里悟さん(左)と世良公則さん(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

3分を切ってしまう曲

映画の中で、高校生たちはモンパチの曲を演奏します。多くの俳優は楽器の初心者で、半年かけて練習しました。

「少しずつ上手になる過程がすごくリアル。登場人物の成長記録として描かれていて面白い」と上江洌さん。演奏しやすいように、曲のアレンジを少し変えたそうです。

上江洌さん自身も中学3年の学園祭で「何かやりたい」と仲間とバンドを組み、初めてベースを弾いたのが、音楽活動の始まりでした。

「俺は何でもいいって言ったら、残り物のベースになって、2曲だけ覚えて演奏しましたね」

高校入学後、同じクラスの同級生と結成したのがモンパチでした。

「20年も続けられて映画にもなって、上等な仕上がりですよ」

曲作りのこだわりは、2つ。一つは、サビ並みのAメロを作ることで、もう一つは、1曲の長さが3分を切ることだそうです。

「アスリートじゃないけど、演奏して『今何分でした?』『3分12秒』『もうちょい行けるな』ってどんどんそぎ落とす。そういう作り方をしたときもあります。アルバム全部で30分。お時間取らせませんっていうときもありました。2小節か3小節イントロやって、すぐにサビ並みのメロディーが来て、サビの展開があって、急に終わる。これだけで完結するじゃないですか。でも、かたや10分ぐらいの曲を作ったりもするので、あんまりつかみどころのない感じでやっていますけどね」

左から佐野勇斗さん、山田杏奈さん、森永悠希さん(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

左から佐野勇斗さん、山田杏奈さん、森永悠希さん(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

「どうせシングルはアルバムに入るじゃん」

モンパチは、「MESSAGE」が売れたときも今も、ずっと沖縄にいて、ずっとインディーズで活動を続けています。

「ライブをやれて、作品を作れたら満足なんです。中央に出て何かを発信することは、もともとの欲としてなかった。単純に」と上江洌さん。
シングルを数枚出して、アルバムを出す、というメジャーのレコード会社の手法に反発もあったと言います。

「どうせシングルはアルバムに入るじゃん。お金がない子たちのこと考えたら、かわいそうじゃん。俺らはシングルなくていいんじゃない?って。だから昔からシングルを作ってないんです。だんだんみんなシングルを切らなくなってきたし、ライブがメインになっているし、あながち間違ってなかったな、と」

そして、日々の暮らしを大事にしようという思いを、ずっと歌ってきました。

上江洌さんはもともと童謡が好きで、誰でも歌えるよう、歌詞に難しい表現を使わないことを意識してきました。

「使いたい言葉がたまっていって、自然に歌詞の風景が見えてくる。それを、どこを切り取ってもサビに使えそうなメロディーでつないでいくんです」

素朴で身近な歌。そして、平和を願い、ふるさと沖縄を思う。その感覚は、映画「小さな恋のうた」にも通じます。

映画に出演したMONGOL800のギター&ボーカル儀間崇さん(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

映画に出演したMONGOL800のギター&ボーカル儀間崇さん(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

事件は解決しないけど

今回の映画では、沖縄にある米軍基地の中と外にいる、両方の立場の人たちの複雑な心情が描かれます。

そして、映画の中で起きる事件は解決しません。それは、沖縄でずっと以前から繰り返されてきた現実でもあります。

でも、厳しい現実に打ちのめされる一方で、とりあえず行動を起こそうとする。映画の中の高校生たちの姿には、希望を感じます。

「あの熱量には学ぶところがあるし、見ていて、すごく心地いい感じがする」と上江洌さん。

さまざまな課題を抱える沖縄で、光を見いだせるかもしれない――。この映画は、そんなことを感じさせてくれます。その背景には、ずっと変わらない、モンパチの歌の心があるのだと思います。

     ◇

映画「小さな恋のうた」は24日から、東映系で全国ロードショー。佐野勇斗さん、森永悠希さん、山田杏奈さん、眞栄田郷敦さん、鈴木仁さん、世良公則さんらが出演。(http://www.chiikoi.com/

     ◇

MONGOL800は1998年結成。ボーカル&ベースの上江洌清作さん、ギター&ボーカルの儀間崇さん、ドラムス&ボーカルの髙里悟さんの3人組で、全員が沖縄出身で沖縄在住。これまでに8枚のオリジナルアルバムを発表。5月20日に公式サイトで、体調不良でライブ活動を休養している儀間さんが、当面の間MONGOL800に関する活動を休養することを発表しました。

名曲「小さな恋のうた」を映画化、劇中にはメンバーの姿も!?
前へ
映画に出演したMONGOL800のボーカル&ベース上江洌清作さん(左)(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会
次へ
1/11
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

『ぼけますから』映画公開から1年間に起きたこと、娘に迫られた決断
『ぼけますから』映画公開から1年間に起きたこと、娘に迫られた決断
サッカー長友「若いとき以上」の秘訣は「脂質」 MCTオイルに注目
サッカー長友「若いとき以上」の秘訣は「脂質」 MCTオイルに注目
PR
カロリーメイトから「リキッド」が新発売!なぜ今リキッドなのか?
カロリーメイトから「リキッド」が新発売!なぜ今リキッドなのか?
PR
「今日はお休み?」父子だと警戒される育児 「イクメン」に注ぐ視線
「今日はお休み?」父子だと警戒される育児 「イクメン」に注ぐ視線
NEW
「傘がない」でも折りたたみ傘はある 井上陽水ツアーグッズが面白い
「傘がない」でも折りたたみ傘はある 井上陽水ツアーグッズが面白い
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
Q&A
2本脚の犬「すみれ」逝く 事故で切断から3年半、看取った女性の思い
2本脚の犬「すみれ」逝く 事故で切断から3年半、看取った女性の思い
火曜サスペンスごっこマニア「死んだふり」...
火曜サスペンスごっこマニア「死んだふり」...
猫耳ペットボトルキャップに新種 猫パンチ、ヒゲじょうろ、薬入れ…
猫耳ペットボトルキャップに新種 猫パンチ、ヒゲじょうろ、薬入れ…
「日本死ね!」ブログが予言した日本 自己...
「日本死ね!」ブログが予言した日本 自己...
「イクメンがなくなる日」マンガ家があえて描いた「理想」の子育て
「イクメンがなくなる日」マンガ家があえて描いた「理想」の子育て
Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Q&A

人気

もっと見る