close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年04月25日

「あなた、失礼ですね」駆け出し営業マンの大失敗 営業の存在意義は


  • 48848

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典: じゅん/外資系営業マンガ家さん

最新ニュースを受け取る
4月、それは始まりの季節です。とある企業に入社したフレッシュマンは、「営業」としてある壁にぶつかっていました。失敗から「営業(おれ)は何のためにいるんだ?」という問いを自らに投げかけ続け、見えてきた”答え”とはーー。マンガのSNSを運営するコルクBooksとwithnewsがコラボし、「#XXデビューの黒歴史」をテーマに作品を募集した企画。大賞に決まったのは、外資系企業で営業として働く、じゅんさんの「営業ってなんだ?」でした。

「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

新入社員研修で飛び込み営業をすることになった、新卒の青年。街中に立ち尽くし、「いきなりモノ売るなんてムリゲーだろ…」と困惑しています。

「とりあえず数打ちゃ当たるだろ」と、近くの雑貨店に入ることに。自社の商品を紹介して「すごくないですか!?」と勧めると、雑貨店の店主は「たしかにすごいねぇ」と言いつつも、「ウチにはちょっと大げさすぎるかな」と難色を示します。

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

「そんなに甘くないか」と納得する青年ですが、こじんまりと店を続けていきたいと和やかに話す店主に向かって、「自分ひとり食っていければいいって感じですかね?」と笑顔で返してしまいます。

その途端、店主の態度は急変。冷たい目で「あなた、失礼ですね」。

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん


「お帰りください」

静かに追い出されてしまった帰り道、落ち込みながらも、青年の脳裏にある疑問が浮かんできます。周りを見渡すと、あらゆるところで当たり前のようにモノは売買されている……であれば……。

「営業(おれ)は何のためにいるんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

ほぼ実体験「出鼻をくじかれた」

作者のじゅんさん(Twitterアカウント:じゅん/外資系営業マンガ家)は、外資系の企業で働く若手の会社員。はきはきと話す長身のスポーツマンで、とてもさわやかな印象の男性です。

漫画に描かれているストーリーについて聞くと、「ほぼ私の実体験、脚色もないですね」。

「もともと、営業になる気はなかったんです」というじゅんさん。会社の雰囲気やサービスに惹かれて入社を決めましたが、配属を希望する余地はなく、営業の部署に就きました。

当時は「営業」という仕事を、「誰にでもできるような仕事だと思っていた」と話します。

「お客さんのところに押しかけて、出来上がっている商品を『買ってください』と言う。足を使って動き回る、つらいだけのつまらない仕事だと思っていましたね」

そんなとき、最初の顧客である雑貨店の店主に「失礼」と言われてしまったのでした。

「完全に出鼻をくじかれましたね。落ち込みましたけど、『営業』の存在意義について考えるきっかけになりました」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

同じ数字でも違う「価値」、自分ができることは?

「僕は何のためにいるんですか?」「僕はあなたのために何ができるんですか?」

雑貨店での一件のあと、漫画では「営業」をめぐる自問を続ける青年の姿が描かれています。じゅんさん自身は、新規の顧客を獲得する専門の部署に異動し、営業としての仕事の幅を広げていた頃のことでした。

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

その世界に身を置いて感じるようになったのは、「営業」という行為の奥深さだったといいます。

「例えば、同じ100万円を売り上げたとしても、営業する人によって数字の中身が違うんです。お客さんが『もともと買うつもりだった』という売上もあれば、『君が良い提案をしてくれたから買ったよ』という売上もある。売るモノが一緒でも、自分の考えによって介在価値に大きく振れ幅が出るのは面白いことだな、と」

だからこそ自分が営業することで生まれる価値は何か、と考えるようになったじゅんさん。手元にあった水のペットボトルを使って、こんな話をしてくれました。

「お客さんに『水がほしい』と言われたとします。営業マンとして数字が欲しいだけであれば、『飲んでください』って売ればいいんですけど、『畑の野菜にかけてください、そしたら来年も再来年も野菜がとれますよ』とおすすめすることもできますよね」

「ただ単にお客さんの『欲しいもの』を売るのではなく、自分の知恵や会社の力を使って、お客さんだけでは気づけなかった『新しい価値』を生み出す。それってものすごくクリエイティブだし、価値のある仕事だと思ったんです」

「また失礼なことを!?」ところが…

数年後の話として漫画の後半では、青年が顧客の男性に「なんでその問題が発生しているんですか」と、企業の課題を掘り下げて尋ねています。「なんで」「なんで」と続ける青年に、顧客の男性は「うっ…」と頭を抱えてしまいます。

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

「また失礼なこと言ったのか!?」と焦る青年ですが、男性は「(他社の)どの営業さんも自社の製品がすごいすごいとまくし立てるばかりで、本当に頼っていいものかようわからんかったのです」。

「あなたは私どものことをこんなにも理解しようとしてくださる」「その姿勢に…感激してしまいまして……」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

「営業(おれ)は何のためにいるんだ?」ーー、これまでの問いを思い出し、「そのために私がいるんです!」と答える青年。最後のコマには、固く顧客の手を握る青年の姿がありました。

じゅんさんは「営業に『正解』はないと思う」といいます。「売上の数字さえあれば、どんなやり方であっても営業としては成立してますから」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

「でも」と続けるじゅんさん。「売上だけを見て営業をするのは、あまりにももったいないと感じます」

「僕は営業という仕事を楽しんでいるし、なによりたくさんのチャレンジと、学びをもらいました。営業からキャリアをスタートして本当に良かったと思っています」

「だから、営業を通じて成長していこうとする人にとって、顧客のことを理解しようと考える姿勢だけは、たぶん『正しい』と言っていいと思うんです」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

じゅんさんの「営業ってなんだ?」

出典:じゅん/外資系営業マンガ家さん

会社員の傍ら、マンガを制作中

苦労の甲斐もあって、じゅんさんはめきめきと営業成績を上げています。企業内で売上世界一、そして10期連続達成という、前人未到の記録を持っているといいます。

若手ながら今や営業だけではなく、マネジメントやコーチングをする立場にあるそうです。その傍ら、本格的に漫画を描き始めたのはなんと3カ月ほど前。

思わず、そんなに忙しくて漫画も描くって大丈夫なんですか?と聞くと、じゅんさんは「デキる営業マンは、時間もコントロールできるんですよ」と人なつっこく笑うのでした。

今後はTwitterを中心に、仕事や私生活におけるちょっとした疑問や気付きを漫画にして発信していくそうです。これまでの経験をもとにした営業やビジネスネタを描く一方で、彼女との同棲生活の一コマを切り取ったラブコメ風マンガも見どころのひとつ。

開設3ヶ月でTwitterのフォロワーはすでに2000人を超える、新進気鋭の漫画家です。今後の作品にも目が離せません。



「営業(おれ)は何のためにいるんだ?」新入社員の疑問 答えは…
前へ
じゅん@外資系営業マンガ家さんの「営業ってなんだ?」
次へ
1/46
前へ
次へ

もっと見る


コメント

あわせて読みたい

「合併しない宣言」や「議員報酬日当制」で話題になった福島県矢祭町のその後
「合併しない宣言」や「議員報酬日当制」で話題になった福島県矢祭町のその後
Q&A
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
前田敦子が超巨大化!?主演映画が日本映画史上初の快挙!
PR
首都直下地震に備える「日本最強」自衛隊病...
首都直下地震に備える「日本最強」自衛隊病...
椎名林檎が感じた「時代の切実さ」新作まで...
椎名林檎が感じた「時代の切実さ」新作まで...
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
「可愛いノート、欲しい」弱視の娘がぽつり…...
「可愛いノート、欲しい」弱視の娘がぽつり…...
唐辛子かと思いきや「ハブ対マングース」 拡大すると本来の絵が判明
唐辛子かと思いきや「ハブ対マングース」 拡大すると本来の絵が判明
NEW
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
猫と警備員の攻防、「ゴッちゃん」引退 旧友が去って警備員の思いは
懐かしい!バブル時代の観光地みやげ 「キツネ」モチーフが多い理由
懐かしい!バブル時代の観光地みやげ 「キツネ」モチーフが多い理由
「カリオストロの城」のミートボールスパ! 先生偲んだ奇跡の食事会
「カリオストロの城」のミートボールスパ! 先生偲んだ奇跡の食事会
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題

人気

もっと見る