MENU CLOSE

話題

109341

見た目で人を判断しちゃダメ 「ヘルプマーク」取り上げた漫画が話題

ツイッターに投稿された「新しいパパがどう見ても凶悪すぎる」というシリーズ漫画が注目を集めています。

「新しいパパがどう見ても凶悪すぎる」第6話の一場面
「新しいパパがどう見ても凶悪すぎる」第6話の一場面 出典: 横山了一さんのツイッター

目次

 ツイッターに投稿された「新しいパパがどう見ても凶悪すぎる」というシリーズ漫画が注目を集めています。見た目は怖いけど心優しい継父を描いた作品で、作中には「ヘルプマーク」も登場します。「助けになるのであれば、今後も機会を見て盛り込んでいきたい」と話す作者に聞きました。

これがヘルプマークです
これがヘルプマークです 出典: 朝日新聞

ヘルプマークとは


 「ヘルプマーク」とは、外見でわかりにくい障害や疾患のある人が周りの配慮を受けられるよう作成されたマークです。

 東京都などは、電車やバスの中で身につけている人を見かけたら席を譲ったり、何か手伝えることがないか声をかけたり、といった対応を呼びかけています。

 そんなヘルプマークが登場したのが、漫画「新しいパパがどう見ても凶悪すぎる」シリーズの6話目です。

「新しいパパがどう見ても凶悪すぎる」第6話の一場面
「新しいパパがどう見ても凶悪すぎる」第6話の一場面 出典: 横山了一さんのツイッター

1日1本のペースで公開


 3月26日から1日1本のペースで公開されているこのシリーズ。

 母親が連れてきた新しい男性の見た目が恐ろしく、身の危険を感じた男の子。

 いざ話してみると、「女性とつき合ったことないから気がきかないかもしれないけど」と言いながら服をプレゼントしてくれたり、家を訪ねてきた暴力的な実父を追い返したり。

 毎回、見た目の怖さと心優しさのギャップが描かれています。

こわもてですが心優しい継父
こわもてですが心優しい継父 出典: 横山了一さんのツイッター

ヘルプマークが登場


 ヘルプマークが登場するのは、3月31日に投稿された第6話です。

 自分たちには優しいけれど、見知らぬ人に対してはどうなのか? 気になった男の子がこっそり継父の後をつけるシーンから始まります。

 通りで人とぶつかって、「ぶつかってすみません」と頭を下げる継父。電車に乗るとチンピラ風の男からじっと見つめられてしまいます。

 一触即発の場面かと思いきや、継父は突然「大丈夫ですか? 非常停止ボタンを押してくれ」と声を張り上げます。

 チンピラ風の男性は息が上がっており、カバンにはヘルプマークが取り付けられていました。

 「たしか見た目でわからないけど援助が必要な人のためのマーク……。すごいな、あのマークにちゃんと気づいて助けてあげて」と感心する男の子。

 最後は「オレもいつかこんな大人になりたいな」というコメントで終わります。


作者に聞きました


 この漫画に対して、「ヘルプマーク取り上げてくれて嬉しい」「私もマーク使用者です」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万、いいねは5万4千を超えています。

 作者は漫画家の横山了一さん。コミケの達人が戦国時代にタイムスリップして活躍する「戦国コミケ」や、育児漫画「息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました」などで知られています。

 ツイッターで「尊い系」の漫画が話題になっていたので、自分が描くならどうしようかと考えた結果、見た目とのギャップという設定が生まれたそうです。

 「ギャップのあるキャラクターを使うのはよくやる手法ですが、今回はより多くの方に共感してもらえるよう、徹底的に優しいキャラクターにしました」


「これからも機会があれば」


 反響が多かったため毎日続編を描いたという横山さん。ヘルプマークを登場させた理由については、こう話します。

 「たびたびネット上で話題になっていたので、いつか盛り込めたらと思っていました」

 話題になったことについては、こう話します。

 「軽い気持ちで描き始めた作品ですが、描くことで誰かの助けになるという側面も出てきました。これからも機会があれば、そのようなテーマを盛り込んでいきたいと思います」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます