close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年03月31日

「dj honda」の今、グッズ注目……心境を本人に直撃 顔見せない理由


  • 19702

撮影では帽子を目深にかぶったdj hondaさん。顔が見えづらい理由も聞きました

撮影では帽子を目深にかぶったdj hondaさん。顔が見えづらい理由も聞きました

最新ニュースを受け取る

「dj honda」。帽子やパーカーに「h」マークを見た人は少なくないはずです。生みの親である本田勝裕さんによって、グッズが作られたのは1994年。今も売れ続けている「dj honda」は本田さんの音楽にかける思いが生み出したものでした。積極的な顔出しをしない理由。でも、グッズについて気さくに話してくれる姿勢。「すべて音楽のためだった」と話す本田さん。じっくり話を聞きました。(朝日新聞記者・山下奈緒子=昭和61年・1986年生まれ)

暗くて顔が見えづらい

「h」マークの生みの親はどんな人なのか? ネットで検索したところ、ツイッターのアカウントを発見。ダメ元でメッセージを送ったところ「初めまして!」と気さくなお返事をくれました。

さっそうと現れた長髪の男性。この方こそdj hondaさんご本人です。
 
暗くて顔が見えづらい? ですよね。これには理由があります。ご本人のプロフィル写真も顔が見えないものがほとんどです。

「音楽しかやらない」「すべては音楽のため」。すべての行動の動機はこの言葉に尽きます。そのため積極的な顔出しをしていません。音楽への一途な思いが「h」ブランドを誕生させ、ブームをつくり、大衆化へと進んでいきます。

こちらはプロフィル写真。まったく顔が見えません=dj hondaさん提供

こちらはプロフィル写真。まったく顔が見えません=dj hondaさん提供

「アメリカでは受けた」

dj hondaさんはDJとしてヒップホップ界で活動してきました。DJの本田さんだから「dj honda」。当時は名前だけでは国籍がわからないアーティスト名が主流で、名字を使うのは「斬新だった」そうです。

北海道出身の本田さんは、高校を中退し上京。ディスコなどで働いている時にヒップホップに出あいました。そこからDJとして活動して約10年経つも、当時の日本ではDJへの理解は広まりませんでした。25歳になり、将来への不安がよぎります。

「結果は日本では出ない」。1990年にニューヨークのDJバトル世界大会に日本人として初めて参加しました。その時は1回戦で負けますが、会場の盛り上がりを肌で感じました。2度目に参加した92年の大会では準優勝。

「日本では駄目だったけど、アメリカでは受けた」

活動の軸足をアメリカに置くことを決めます。

ニューヨーク湾に立つ、自由の女神 =2017年

ニューヨーク湾に立つ、自由の女神 =2017年

出典: 朝日新聞

「h」グッズ誕生

94年、アメリカへ移住します。95年に日本でデビューアルバム「dj honda」を発売。「音楽がやりたくて契約した。音楽しかやらない、とわがままを通した」という本田さん。顔の露出は避ける方針でした。

しかし、レコード会社から「デビューにはアーティスト写真が必要」と言われ「それもそうだよな」と思った本田さんは、「h」マークの入った帽子を目深にかぶり写真に納まりました。

「h」グッズの誕生です。

本田さんがメディアに出演すればするほど、顔よりも「h」が印象に残ります。帽子の人気は広がっていきました。

看板商品の帽子

看板商品の帽子

「計画性はない。やりたいからやる」

グッズは人脈のあるアメリカで製作しました。本田の頭文字の「h」のロゴは、見た目とバランスを考え、何回もデザイナーとやり取りしたそうです。当時は音楽を売るための宣伝として、ライブ会場などで配っていたそうです。

最初は「商売になると思ってなかった。音楽を広めるための一つになってくれれば」と売りはじめたグッズでした。

「音楽しかやらない」と決めていた本田さんがグッズを販売したのは、音楽を広めるためと、自分のレコード会社を作るため。99年にはニューヨークでレコード会社を設立し夢を実現しました。

自身のことを何度も「わがまま」と表現した本田さん。「計画性はない。やりたいからやる」。ただ音楽のために。この気持ちが取材を通しても一貫していました。

自身のレーベルから出したアルバム「dj honda 2000」=dj hondaさん提供

自身のレーベルから出したアルバム「dj honda 2000」=dj hondaさん提供

「こんなところにも」dj honda

グッズの方は、イチロー選手がかぶったこともあり帽子が爆発的にヒットし、ライセンス管理会社「サウスアンドウエスト」とライセンス契約を結びます。大衆路線を強め、時計やバッグなどの商品が次々と販売されました。

本田さん自身のイメージにもつながるブランドの価格を落とすことは、マイナスとは捉えなかったのでしょうか。

実は本田さん、その頃はアメリカにいて状況を知らなかったのです。

「どこにでも売ってるよとは聞いていたけど、アメリカにいたのでそれがどういう店なのか、名前を聞いてもわからなかった」

「こんなところにも入ってるの?」と驚きの声は本田さんの耳にも入っていましたが、当時は「大型スポーツ店みたいな感じかな」と思っていました。

洋服もあります。左胸には「h」のマーク=サウスアンドウエスト提供

洋服もあります。左胸には「h」のマーク=サウスアンドウエスト提供

「車のHONDAになるよね」

一つ気になっていたことがあります。なぜ小文字なんでしょうか。


「大文字だったら車のHONDAになるよね」

た、確かにそうですね。

ホンダのロゴ=同社提供

ホンダのロゴ=同社提供

音楽を軸にポジティブに

現在は日本を拠点に活動しているので、どういう店舗で販売されていたのかは知っています。

感想を聞くと、「いいじゃん。それがきっかけで、音楽を知ってもらえれば。20年経って今日みたいに取材に来てくれることだってあるんだから」。

音楽という明確な軸をもち、すべての物事をポジティブに語る本田さん。

学生時代、本田さんを知らずに「h」ブランドを愛用していましたが、取材を終えてこのブランドを選んだ過去の自分が誇らしくなりました。

ブランドを選ぶとは、製作者の思いもまとうということ。そのことを本田さんとの出会いから再認識しました。

ほとんど顔が見えないよ……dj hondaさんのプロフィル写真
前へ
dj hondaさんのプロフィル写真
次へ
出典:dj hondaさん提供
1/9
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

「GLAY」TERUが語った「民主主義」 25年「解散しないバンド」の未来
「GLAY」TERUが語った「民主主義」 25年「解散しないバンド」の未来
本当に「やさしい」? 台風で外国人に伝わ...
本当に「やさしい」? 台風で外国人に伝わ...
「チャンネルはそのまま!」の成功 「水どう」が求めたテレビの魅力
「チャンネルはそのまま!」の成功 「水どう」が求めたテレビの魅力
NEW
飼育員の手をギュッ、握って離さない! アザラシの動画が可愛すぎる
飼育員の手をギュッ、握って離さない! アザラシの動画が可愛すぎる
ベビーカーの不安、東京メトロが考えた奇策 あえて「ない情報」発信
ベビーカーの不安、東京メトロが考えた奇策 あえて「ない情報」発信
静岡に「タピオカ畑」の理由 「故郷の味広める」キャッサバ7千本
静岡に「タピオカ畑」の理由 「故郷の味広める」キャッサバ7千本
テレビCM「炎上させて満足」してませんか? 昭和の亡霊との戦い方
テレビCM「炎上させて満足」してませんか? 昭和の亡霊との戦い方
北海道で育てられている巨大キャベツの正体は?
北海道で育てられている巨大キャベツの正体は?
Q&A
「見た目は特徴的かもしれない、だけど」夫婦の写真展、笑顔ない理由
「見た目は特徴的かもしれない、だけど」夫婦の写真展、笑顔ない理由
NEW
コアラのマーチ「激レアキャラ」は都市伝説?35年目に明かされる真相
コアラのマーチ「激レアキャラ」は都市伝説?35年目に明かされる真相
PR
「パパはッ、圧倒的に役に立たない」赤ちゃん視点で描くイクメン漫画
「パパはッ、圧倒的に役に立たない」赤ちゃん視点で描くイクメン漫画
映画『閉鎖病棟─それぞれの朝─』 公開記念インタビュー
映画『閉鎖病棟─それぞれの朝─』 公開記念インタビュー
PR

人気

もっと見る