閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年02月01日

絶対ぶつからないボール? 8方向から16個が行き来、藝大卒展が話題

  • 88644

話題の作品「Movement act」

話題の作品「Movement act」

出典: 小野澤峻さん提供

 8方向から打ち出される計16個のボール。それぞれ真ん中で交差しているのに、ぶつかることなく動き続ける――。東京藝術大学の卒業・修了作品展に出展されているそんな作品が、ネット上で注目を集めています。その仕組みについて制作した4年生に話を聞きました。

こんな作品です



 東京都美術館に展示されている作品「Movement act」。

 「*」に横棒を1本加えた形をした木製の台の端々には、ボールを打ち出す「ソレノイド」という部品が8個取り付けられています。

 スイッチを入れるとソレノイドが音をたてて動き出し、ボールを置くと反対側に向かって打ち出されます。

 端まで到達すると、少し横にずれた後、再びソレノイドで元の方向へ打ち返されます。

 タイミングを見計らってどんどんボールを増やしていき、最終的には16個に。

 台の中央部分で交差しているにもかかわらず、ぶつかることな動き続けています。

 この様子を映した動画がツイッター投稿されると、「見てて気持ちいい」「スクランブル交差点の日本人みたい」といったコメントが寄せられています。

話題の作品「Movement act」(こちらはロングバージョンです)

出典:小野澤峻さん提供

作者は先端芸術表現科4年生


 「卒展期間中の2月3日まで、作品の横に立って1日30回は動かしています」と話すのは作者の小野澤峻さん。美術学部先端芸術表現科の4年生です。

 小学生時代にお手玉を覚え、中学生でジャグリングに。高校はジャグリングができるサークルのある学校を選んだといいます。

 現在もイベントに出演したり、幼稚園や老人ホームで披露したり、といった活動を続けているそうです。

 「ジャグリングのパフォーマンスをどうやったら作品にすることができるのか? そう考えた時に、自分をそこから引き抜いてみようと思ったんです」


0.28秒ずつずれて動く


 大学3年生の夏ごろに着想して、4年生の6月ごろに4方向から6個を打ち出すものを制作。最初のうちは10秒ほどでぶつかってしまったといいます。

 出展した8方向から打ち出す作品では、ソレノイドが0.28秒ずつずれて動くように制御。

 ボールによって個体差があったり、使ううちに木製の台が削れたりといった要因が影響するため、やすりをかけるなどの調整が大変で、この部分に4カ月ほどかけたそうです。

 「ボールを置くタイミングも決まっていますし、実はそれほど難しいことはやっていないんです」


木製にこだわった理由


 台やボールを金属製にすれば手間が減り、より精度の高い動きにできますが、あえて木製にこだわったそうです。

 「人間のライブパフォーマンスと同じで失敗することもあって、見ている人もハラハラ・ドキドキする。その反応も含めて作品にしたいと思ったんです。マシンではなく、パフォーマーなんです」

 卒展の実演を見ていると、ごくまれにボールがぶつかることもありましたが、ほとんどは無事成功。見ている人たちは動画を撮ったり、拍手をしたりと盛り上がっていました。

作者の小野澤峻さん

作者の小野澤峻さん

今後の活動は


 大学ではイベントの企画・運営などに取り組み、「パフォーマーや作家を社会とつなぐ活動」を続けてきたという小野澤さん。

 俯瞰(ふかん)した立場で活動するためにも、まずは作家と名乗れるだけの作品を残そうと「Movement act」を制作したといいます。

 「Movement actは作家としての集大成です。今後はどちらの活動も続けていきたいと思います」



あわせて読みたい

武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
PR
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
「オジサンの家系図」って何なの? かごしま水族館のTシャツが話題
「オジサンの家系図」って何なの? かごしま水族館のTシャツが話題
DeNA守護神「遠ーい」と語る練習場、移動に人柄 ハマの番長は…
DeNA守護神「遠ーい」と語る練習場、移動に人柄 ハマの番長は…
NEW
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
PR
マニアフェスタで会った強者たち 顔ハメ姿を後ろから撮るマニア
マニアフェスタで会った強者たち 顔ハメ姿を後ろから撮るマニア
笑顔を誓った。それなのに…バレンタイン「非モテの俺」に起きたこと
笑顔を誓った。それなのに…バレンタイン「非モテの俺」に起きたこと
ろう者の写真家が手話で「語った」少数者と...
ろう者の写真家が手話で「語った」少数者と...
「迷路」渋谷駅も攻略する乗換アプリ 「中...
「迷路」渋谷駅も攻略する乗換アプリ 「中...
修正液にこんな仕掛けが… 社員も驚いた溝の使い道、ぺんてるに聞く
修正液にこんな仕掛けが… 社員も驚いた溝の使い道、ぺんてるに聞く
女性の障害者が語る「性の悩み」夜の生活「イマジネーションの世界」
女性の障害者が語る「性の悩み」夜の生活「イマジネーションの世界」
老化する日本「能力低い自治体は切り捨てる」20代の危機感とは?
老化する日本「能力低い自治体は切り捨てる」20代の危機感とは?

人気

もっと見る