閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年02月01日

「おしぼりで顔ふき」の謎をガチ検証!マナー違反?脳科学的効果は…

  • 3129

なぜか飲み会で発揮される、おしぼりの異常な魅力の謎を解き明かします(画像はイメージ)

なぜか飲み会で発揮される、おしぼりの異常な魅力の謎を解き明かします(画像はイメージ)

出典: PIXTA

 早くも2月、肌寒い日々が続きますね。正月休みの余韻はとうに消え、街は仕事に向かう人々であふれています。最近、新年会で気付の一杯をあおった、なんて方も多いでしょう。乾杯前に手が伸びるのは、ホカホカのおしぼりです。凍える指先を温めたら、つい顔をふきふき……。「おやじ臭い」と周囲から白い目で見られ、縮こまった方もいるのでは?私も最近、初めてやってしまいました。他人事ではないけれど、意外と知らない、あの動作の理由。気になったので、徹底的に調べてみました。(withnews編集部・神戸郁人)

「大人になったね」の一言に戦慄

 1988年生まれで、30歳の私。三十路に突入して間もなく、20代の頃と変わらぬ気持ちで日々を送っています。……いや、正確には、そう思っていました。

 今年の三が日、両親と食事をしました。会場は実家近くのしゃぶしゃぶ屋です。一人暮らしの私は、しばらくぶりの家族との再会を楽しみにしていました。

 個室の扉が開き、店員さんが持ってきたおしぼり。ほわっと立ち上がる湯気に魅入られ、私は手をふくのもそこそこに、気づけば顔にあてがっていたのです。

 「あっ!」。小さく声をあげたものの、時既に遅しです。すぐに「一線を越えた」という自責の念が押し寄せてきます。その後の会話は、ほとんど記憶に残っていません。

 帰宅後、母からラインでメッセージが届きました。

 「いつの間にか大人になったね!」

 それまで親に見せたことのなかった、「おしぼりで顔をふく」という行為への評価が含まれているのは明らかでしょう。

 戦慄(せんりつ)すると同時に、私は一つの決意を固めました。

「こうなったら、動作の根拠を解明するしかない」

 そしてヒントを求め、街に繰り出したのです。

新橋の駅前で聞いてみた

 おしぼりと聞き連想するのは、やはり飲み屋。飲み屋といえばサラリーマン、サラリーマンといえば新橋。1月下旬の金曜日夜、JR駅前にある「SL広場」でインタビューしました。

黒ずくめのおじさまたちでにぎわう、JR新橋駅前の「SL広場」。この日の気温は5度=神戸郁人撮影

黒ずくめのおじさまたちでにぎわう、JR新橋駅前の「SL広場」。この日の気温は5度=神戸郁人撮影

 「あれ、気持ちいいんだよなぁ」。一人で「ポケモンGO」を楽しんでいた、40代後半の男性会社員は目を細めます。

 いて付く冬場の宴会では、温めたおしぼりを手に取ると、つい顔をふいてしまうそう。逆に「汗をかく夏場は、欲求が起きない」と言います。

 一方、会社の同期同士で、飲み会への道すがらという40代の男性2人組は、「基本的にふかないようにしている」と苦笑気味です。

 「就職して間もない頃、頭までふく人を見たことがあって。それ以来、やろうとは思いません。やっぱり、おやじ臭いよね……」

 若者はどう考えているのでしょうか?会社の新年会を控え、同僚を待っていた男性(23)にも聞いてみました。

 「仕事先や上司など、年上の人と飲むことはあります。顔をふく人がいるかというと、たまに見かける程度。僕もやりません。やはり『おじさん』のイメージでみられるのが嫌です」

 ちなみに、私が禁を破ってしまったと打ち明けると、「30歳になるまで絶対ふかないようにします!」

 ……思わず渋い顔になりましたが、否定的な評価が多いことは分かりました。

カギは脳が覚える「快感」

 そもそも、なぜ居酒屋でおしぼりが出されると、顔をふきたくなるのでしょうか?

 調べてみると、ネット上に「大脳生理学的には、温かなおしぼりがいやし効果をもたらす」との一文があるではありませんか!

 早速、公立諏訪東京理科大学(長野県茅野市)の篠原菊紀教授(脳科学)を取材しました。

笑顔を見せる篠原菊紀教授

笑顔を見せる篠原菊紀教授

出典: 朝日新聞

 「まだ十分に分かっていませんが、おしぼりで顔をふく時の温度上昇と、なでられた時の心地よさを結びつける受容体が存在する、と考えられます」

 受容体とは、体の内外からの刺激を受け取る器官や細胞を指します。篠原教授によると、反応していると思われるのは、母親になでられた感覚に関わる部分。つまり、ぬくもりが生理的な安心感を生み出している可能性があるのです。

 さらに脳は、「おしぼり=温かくて気持ちいいもの」ということを覚えます。すると居酒屋に行くたび、記憶と運動を結びつける「線条体」という部分が作用。その結果、お店に入っただけで、おしぼりが恋しくなってしまうといいます。

 確かに、温かいおしぼりを顔に当てると、何だかホッとします。おしぼりへの思いは、人間の生態と深く関わっていたのです。予想外に壮大な話になってきました……!

「おやじ臭さ」と結びつく理由

 篠原教授によると、顔ふきが「おやじ臭さ」と結びつく理由も、脳の働きから説明できるといいます。

 脳の前方に位置する「背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)」と「下前頭回(かぜんとうかい)」という部位は、人間の行動の制御に関係しています。

脳の構造を表した図。「背外側前頭前野」と「下前頭回」は、「前頭葉」にある部位

脳の構造を表した図。「背外側前頭前野」と「下前頭回」は、「前頭葉」にある部位

出典: PIXTA

 これらの機能は、40歳前後を境に低下。特に男性の場合、その下げ幅が定年後から大きくなるといいます。

 お酒を飲むと、気が緩みやすくなり、中高年男性ほどおしぼりで顔をふく率が高まります。いわば、「脳のブレーキ」がきかなくなるのです。

 「若年男性、女性では、その行為に脳による抑制がかかる。一方、中年男性では文化的に認められた感があり、解放されるのかもしれません」

現場で進む「布→紙」

 メカニズムが分かったところで、現場の受け止めが気になってきました。居酒屋の関係者は、あの動作のことを、どう捉えているのでしょうか?

 店舗の全面禁煙化などで話題となった、チェーン店「串カツ田中」を運営する串カツ田中ホールディングス(東京都品川区)の広報担当、永瀬もなみさんに聞いてみました。

「全席禁煙」を掲げる居酒屋・串カツ田中の店舗写真

「全席禁煙」を掲げる居酒屋・串カツ田中の店舗写真

出典: 朝日新聞

 同社では2016年、店舗で提供する布製おしぼりを、紙製のものに転換しました。永瀬さんによると、お客さんからの要望が理由だったそうです。

 「私たちのお店には、女性やお子様も多くいらっしゃいます。以前から、おしぼりについて衛生面を気にする声が上がっていたんです」

 布製おしぼりはレンタル品です。使い終わると専門業者に回収してもらい、洗浄した上で再利用します。そのため、使い回しを嫌がる人が少なくありませんでした。そこで、使い捨て可能な紙おしぼりに置き換えたのです。

 おしぼりで顔をふく人がいたことも要因ですか――。そう永瀬さんに問うと、実態はよく分からないとしつつも「清潔感(を気にする)という点では、少なからず(要因に)含まれているかと思います」と教えてくれました。

 国内外の全218店舗で、お客さんが顔をおしぼりでふく姿は、ほとんど見られないそうです。薄くて破れやすい紙製のものでは、さすがにやりづらいのかもしれませんね。

紙おしぼりは、回収前にまき直す必要がなく、人件費の削減にもつながったという(画像はイメージ)

紙おしぼりは、回収前にまき直す必要がなく、人件費の削減にもつながったという(画像はイメージ)

出典: PIXTA

きちんと殺菌、気軽に使って

 あの動作が嫌われる背景には、「マナー違反」とされていることもあります。そこで、納品・回収する業者側にも意見を聞いてみました。

 「実を言うと、ご法度ではありません」

 布おしぼりの関連事業者でつくる、「全国おしぼり協同組合連合会」(名古屋市)の山口高広理事長は、そう強調します。

分厚い布製おしぼりの丈夫さは、つい顔をふいてしまう要因の一つかもしれない(画像はイメージ)

分厚い布製おしぼりの丈夫さは、つい顔をふいてしまう要因の一つかもしれない(画像はイメージ)

出典: PIXTA

 山口さんによると、おしぼりの起源は諸説ありますが、江戸時代に普及したとの見方が有力なのだそうです。

 旅人をもてなす旅籠(はたご)では当時、水に浸した手ぬぐいを利用者に提供していました。中には顔や首の汗をふき、疲れをいやす人も。これが形を変え、おしぼりとして現代に受け継がれたといいます。

 リフレッシュに役立てるという点で、顔をふくのは、むしろ正統的な使い方と言えそうです。

 「ある取引先の飲食店では、お客さんがトイレから戻る度に、温かいおしぼりを渡していると聞きました。手や顔をふくことで、気持ちを新たに、店での時間を楽しんでもらいたい。そんな思いを込めているのではないでしょうか」

 とはいえ近年は、安価な紙製おしぼりの流通量が増え、布製のものは需要が減少。イメージの低下も相まって、連合会が本部を置く愛知県では、納品業者が倒産するケースもあるそうです。

 山口さんは語ります。

 「飲み会前におしぼりを使うのは、神社での参拝前に手を清めるようなもの。回収した布は、国の基準に基づき殺菌・消毒されています。ぜひ、気軽にふいて頂きたいものです」

回収したおしぼりは、専用の工場で、塩素などを含む特殊な液体で洗浄される

回収したおしぼりは、専用の工場で、塩素などを含む特殊な液体で洗浄される

出典: 朝日新聞

おしぼりが持つ「魔力」

 「おしぼりで顔をふく」という動作は、時代の流れとともに、少しずつ見られなくなっているようです。しかし、社会通念だけでは計れない、独特の「魔力」があると感じます。

 先述の永瀬さんによると、串カツ田中ホールディングスの、ある20代男性社員も、布おしぼりを出す居酒屋では顔をふいているとのこと。案外、見えないところでやってしまう人は、多いのかもしれません。

 顔におしぼりを押し当てても、自分を卑下する必要はない。むしろ「人間らしい」と思っていいのだ――。取材を通じ、三が日の自分の背中を、力強くたたいてやりたい気持ちになりました。

「おしぼりで顔ふき」の謎をガチ検証!マナー違反?脳科学的効果は…
前へ
近鉄特急では、お客さんにおしぼりを無料で配布するサービスがあり、好評だった。=1980年9月撮影
次へ
出典:朝日新聞
1/5
前へ
次へ


あわせて読みたい

「あんまり頑張らないで、でもへこたれない...
「あんまり頑張らないで、でもへこたれない...
「平成最後のポテチ」なぜ作った? ローソ...
「平成最後のポテチ」なぜ作った? ローソ...
ボヘミアン・ラプソディ、離島にも広がる「応援上映」明暗もくっきり
ボヘミアン・ラプソディ、離島にも広がる「応援上映」明暗もくっきり
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
PR
「オジサンの家系図」って何なの? かごしま水族館のTシャツが話題
「オジサンの家系図」って何なの? かごしま水族館のTシャツが話題
「迷路」渋谷駅も攻略する乗換アプリ 「中...
「迷路」渋谷駅も攻略する乗換アプリ 「中...
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
「ハマ弁」食べたら箸折れた 横浜の配達弁当が利用されない理由とは
「ハマ弁」食べたら箸折れた 横浜の配達弁当が利用されない理由とは
はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 専門家解説がかなり深い
はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 専門家解説がかなり深い
温かいポカリ? あっ!確かにあった「ホットポー」 大塚製薬に聞く
温かいポカリ? あっ!確かにあった「ホットポー」 大塚製薬に聞く
母親が「教祖」になる恐怖…石田ひかり、元ギャルモデルと育児を語る
母親が「教祖」になる恐怖…石田ひかり、元ギャルモデルと育児を語る
NEW
武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
PR

人気

もっと見る