MENU CLOSE

話題

34312

エンターキーはつらい ほめちぎりパンほしい… イラスト作者に聞く

収録されている作品の一つ「エンターキー」
収録されている作品の一つ「エンターキー」 出典: ヨシダリュウタさんのツイッター

目次

 包帯を巻いて松葉杖をつきながら「みんな俺にだけ当たり強くない?」と愚痴るエンターキー。ちぎりパンが「えらい」「最高」といった言葉で続々と褒めてくれる「ほめちぎりパン」――。どちらも多摩美術大学の学生が描いたイラストです。作品をまとめた書籍「もしもアンテナ」が刊行された彼に、話を聞きました。

ヨシダさんがツイッターで発表した「小指を守るためのヘルメット」
ヨシダさんがツイッターで発表した「小指を守るためのヘルメット」 出典: ヨシダリュウタさんのツイッター

著者は多摩美術大学の4年生


 「もしもアンテナ」の著者は、多摩美術大学4年のヨシダリュウタさん。

 「毎日障子破りができるカレンダー」や「足の小指につけるヘルメット」などの立体物や、身近にあるものをモチーフにしたイラストなどを発表しています。

 ツイッターやインスタグラムなどに投稿済みのイラストに、未発表作品を加えて刊行されたのが「もしもアンテナ」です。

毎日障子破りができるカレンダー
毎日障子破りができるカレンダー 出典: ヨシダリュウタさんのツイッター

エンターキーはつらいよ


 収録されている作品の一つが「エンターキー」。

 昨年10月にツイッターで発表されると、リツイート4万、いいね17万を超えるなど、大きな反響を呼びました。

 ツイートに添付されているのは、包帯を巻いて松葉杖をつきながら「みんな俺にだけ当たり強くない?」と愚痴るエンターキーのイラスト。

 「カフェでノートパソコンのエンターキーを強くたたいている人を見かけて、『もしエンターキーが生きてたら、めちゃめちゃ痛いだろうな……』と思ったのがきっかけです」とヨシダさんは言います。

 可哀想になりすぎないよう、苦しんでいる表情ではなく真顔に。

 「これからはエンターキー君にもっとやさしく接しようという僕の決意を込めました」

「エンターキー」
「エンターキー」 出典: ヨシダリュウタさんのツイッター

「ほめちぎりパン」がほしい


 ツイッターで発表した「ほめちぎりパン」も、書籍に収録されています。

 全部で7つの顔が描かれた、ちぎりパンのイラスト。それぞれが「すごい!」「天才!」「あっぱれ!」と言葉を発しており、「ちぎる」と「ほめちぎる」がかかっています。

 「もし、ちぎりパンがアンパンマンの世界に登場したら、顔がたくさんついてるんじゃないか、という想像から生まれました。それぞれが口々に何かしゃべっていたら面白いかなと考え、『ほめちぎりパン』というキャラクターを思いつきました」

 ちょっと憎たらしさを出そうと、「本心では思ってなさそう感」を意識して、言葉と表情を工夫したそうです。

「ほめちぎりパン」
「ほめちぎりパン」 出典: ヨシダリュウタさんのツイッター

視点をずらすおもしろさ


 身近にあるものをモチーフに、「視点をずらすおもしろさ」を表現してきたというヨシダさん。

 初の著書を購入した人からは「こどもが夢中になって読んでいる」といった感想が寄せられ、うれしくなったそうです。

 「『もしも』を考えることで、身の回りにあるものたちが急にかわいく見えたり、おもしろく見えたりする。そんな感覚を味わっていただけるとうれしいです」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます