MENU CLOSE

エンタメ

23360

「震える」歌詞が印象的な「会いたくて 会いたくて」など、誰もが一度は耳にしたことのある西野カナさん。来年、30歳になります。

西野カナ、もうすぐ30代 少し前は「ギャル演歌」今は「南米で…」

2012年の西野カナさん(左)と、今年の紅白リハーサルに登場した西野カナさん
2012年の西野カナさん(左)と、今年の紅白リハーサルに登場した西野カナさん

目次

 「震える」歌詞が印象的な「会いたくて 会いたくて」など、誰もが一度は耳にしたことのある西野カナさん。来年、30歳になります。デビュー当時はギャルたちの共感を集める「ギャル演歌」の中心人物でしたが、恋愛にとどまらない曲づくりにも挑戦してきました。30代を迎える今、新たな目標はできたのでしょうか。(朝日新聞デジタル編集部・影山遼)

デビュー10周年

 西野さんは2005年、4万人が参加したオーディションを経て、レコード会社と契約。2008年に1枚目のシングル「I」でメジャーデビューを果たします。今年でデビュー10周年。記念のアリーナツアーが全国で開かれています。

みえの国観光大使に委嘱された西野カナさん=2009年、三重県庁
みえの国観光大使に委嘱された西野カナさん=2009年、三重県庁

着うた1位

 2010年には満を持して10枚目のシングル「会いたくて 会いたくて」をリリース。当時はやっていた着うたのフル週間チャート(日本レコード協会調べ)で初登場1位を記録しました。記者も周りの女子の流行に乗って、ダウンロードした記憶があります。この年、NHKの紅白歌合戦に初出場を果たしました。

 切ないラブソングで女子の心をがっちりつかむ。「着うたって、どんなシチュエーションでもさっと聴ける。大好きな人からの着信音にしたり、友達とおそろいでダウンロードしたりする人も。思い出に残る一曲になったらうれしいですね」
 詞は自分で書く。「遠距離恋愛の体験を基にした曲(『遠くても feat.WISE』)を出したら、とくに遠恋(えんれん)している人から反応があった。かっこいい言葉より、自分をさらけ出した生の言葉かどうかがポイントだと思う」
 「でかい野望はありません」。ふふふと笑う。「一歩一歩進んで、いい曲をリリースして、ライブも重ねて、その流れで……。かっこいい音楽をさがしてる誰かから、『あ、これ西野カナのだったのか』って見つけてもらえるようになりたい」
2010年5月28日朝日新聞夕刊 新曲を出した「着うたの女王」、西野カナ
NHK紅白歌合戦に初出場する時の西野カナさん=2010年、東京都渋谷区
NHK紅白歌合戦に初出場する時の西野カナさん=2010年、東京都渋谷区

「切ない恋」だけじゃない

 西野さんというと、どうしても「切ない恋」の歌の印象があります。ですが、以前のインタビューによると、女性同士の友情を歌ったり、地元・三重への郷土愛を歌詞にしたりと幅広いテーマに挑み続けています。

 4枚目のアルバム「Love Place」を出した。
 《私以上に私のことを 知っているのは君だけ》と、女同士の友情を歌う「私たち」や、《久々にあの橋から夕日を見たいな まだあの花は咲いているかな?》と、ふるさと三重への思いをつづった「My Place」、元気な恋愛応援歌の「GO FOR IT!!」などだ。
 「切ない失恋ソングも好きだけど、ライブで栄える曲や、聴くだけでハッピーになれる曲もつくろうと思った。切ない曲だけじゃなくて、色んなものを聴いてほしいから」と話す。
 もっとも、そうした姿勢は今に始まったものではない。「表に見えている自分と本当の自分では、違う部分もある。だから、ポピュラーミュージックをやりつつ、シングルのカップリングでは、エレクトロとかラップとか、好きなことをしてます」
2012年11月5日朝日新聞夕刊 脱ギャル演歌、友情・故郷歌う 西野カナ新作
「Dear Bride」を歌う西野カナさん=2016年12月31日、東京都渋谷区
「Dear Bride」を歌う西野カナさん=2016年12月31日、東京都渋谷区

30代のスタンスは?

 一時期、岐路に立たされた「ギャル演歌」にとどまることなく、「Darling」や「Bedtime Story」など、「らしさ」を失わずに、その時々の若者の心をつかむ側面も見せます。

 29日にあったNHK紅白歌合戦のリハーサル。右手にマイクを持って左手を振りながら、本番さながらに「これからもどうぞよろしくね」と「トリセツ」を熱唱しました。

 終わった後の取材では、9回目の出場でも「慣れることはない」と、西野さんは話します。この日、リハ-サル中の写真撮影はNG。本番まで秘密にしたいドレスは「去年のカジュアルなドレスとは違って、今年は『ザ・ドレス』という感じ。シルエットを見てもらいたい」。

 「ギャル演歌」を抜け、若者たちの心をつかんできた西野さんも来年は30歳。30歳の目標を聞くと、「30代の10年で南米の国を全部回りたい。遠いのでスケジュールを合わせるのが難しいけど、絶景を見たい」。まさかの音楽ではないやりたいことがでてきました。想像のはるか上をいきます。これからも変化を続ける西野さんが見られそうです。

今年の紅白リハーサルを終えて、写真撮影に応じる西野カナさん
今年の紅白リハーサルを終えて、写真撮影に応じる西野カナさん

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます