閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年12月20日

「ぼっち」よりいいと思ってたのに…クリスマスバイトで見た「地獄」

  • 172579

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

出典: コルクBooks

 マンガのSNSを運営するコルクBooksとwithnewsがコラボし、「#クリスマスの黒歴史」をテーマに作品を募集した企画で、大学3年の時の体験を描いた、にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」が大賞に決まりました。

 クリスマスに何とか予定を入れたい、と引き受けたアルバイトだったけれど、そこで待っていたのは地獄だった……。他人の「リア充」っぷりをうらやましく思い、時には嫉妬もしてしまう。けれど本当のリア充って何だろう。優しいまなざしと笑いが詰まった作品です。


死んだような目でリア充カウント

 「カチカチカチカチ」

 死んだような目でひたすら何かを押し続ける男性。

 クリスマスの日、アルバイトでイベントに来るカップル(リア充)の数をひたすらカウントしています。


「何も予定のない僕の救済だと勝手に思っていた」

 にしもとさんは4年前、大学の先輩に「クリスマス空いてるんやったらバイトせえへん?」と、アルバイトを紹介されました。その先輩は前の年に同じバイトを経験していて、先輩によると「クリスマスの日にリア充をカウントするだけのバイトやで」。

 アルバイト場所は、クリスマスにちなんでフィンランドの商品や食べ物を出店するイベントでした。

 「引き受ける時は、正直何も予定のない僕の救済だと勝手に思ってました。お金ももらえるし、『クリスマスはぼっち(独り身)だった』より、『クリスマスはバイトで忙しかった』って言ってたほうが耐えられるなと(精神的に)」

 「クリスマスに予定がない時点でかなりもってかれてるので(心が)、なんとか予定を入れたかったという気持ちだったので地獄なのは承知の上でした」

「生命力吸収スイッチや」

 しかし、いざバイトが始まると想像を超える地獄が待っていました。

 カップルをカウントしながら、先輩とのやり取りを思い出します。

 「先輩が紹介してくれた時に『あのバイトはカウントするたびに生命力が吸い取られるで』って言ってたので『どんなスイッチなんっすかw』ってツッコミ入れたら、『生命力吸収スイッチや』って言ったので厨二感が凄すぎて2人で爆笑してました」

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

出典: コルクBooks

「ぼっちの自分が浮き彫りになるような虚無感」

 知り合いにも声を掛けられ、「ものすごく汚い言葉」を心の中で吐きます。

 「実際にやってみて思ったのが、イベントにくるリア充(カップル)が思ってるよりも遥かに多く、もう正直、少子化なんとかなるんじゃないかって思えるくらいの数がいて。逆にぼっちの自分が浮き彫りになるような虚無感が襲ってきました」

 「あと何人か僕を見て笑ってた人は未だに許しません」

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

出典: コルクBooks

「本当のリア充は…」

 中盤、イベントで働く人たちの姿に気づき、にしもとさんの心境が変わります。

 「本当のリア充は人生を懸命に生きている彼らなんだ」

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

出典: コルクBooks

「充実するというのは自分の心が決めるもの」

 いま、にしもとさんはリア充とはどういう人たちのことだと感じているのでしょうか。

 「これに関しては色々考えました」

 「懸命に人生を生きている人達が本当に充実している人達なのではないか、そもそも充実するというのは自分の心が決めるものであって、周りから見たら充実してる人達が『全然人生充実してない』というのならそれはリア充じゃないと思うし、逆に充実してないように見える人達が『すごく人生充実してる』というのならそれはリア充なんじゃないかと」

 「色々考えましたが、結論を言うと『イチャイチャしてるカップル』がリア充だと思います」

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

にしもとのりあきさんのマンガ「生命力吸収スイッチ」より

出典: コルクBooks

「闇の帝王を召喚する厨二イベント」

 翌年、にしもとさんはあるイベントを主催します。

 「この経験(クリスマスのアルバイト)を経て変化したことはあまり感じませんが、翌年のクリマスイブに『独り身が集まって闇の帝王を召喚する厨二イベント』を主催したので何か変わったのかもしれません」

にしもとさんが主催したイベントの案内=にしもとさん提供

にしもとさんが主催したイベントの案内=にしもとさん提供

「や〜み〜」で認定

 「独り身が集まって闇の帝王を召喚する厨二イベント」は「クリスマスの夜に闇の帝王『ディアボロス』を呼ぶ儀式をするっていうその厨二病的闇感がおもしろい!ってだけで企画したイベント」でした。

 イベント内容はというと、

・ど真ん中にコーギー犬の置物を儀式っぽく置いて、ロウソクを立て暗い部屋で全員が円になって闇っぽい話をする

・その話を聞いた犬の置物が「や〜み〜」って言ったら(遠隔操作で僕が音を流しました)それは闇の話認定


という最初はお笑いイベントのようだったそうです。

 「その闇の話が皆どんどん自分の中の暗い過去の話になっていき、いつしか皆が自分の苦しみをさらけ出す会になりました」

 「厨二病チックに集まるのが面白さだったと思ってたんですが、実際にお互いの苦しみさらけ出し合うとても良いイベントになりました」

「その人の現実が良い方向へ向かうきっかけになれたら」

 にしもとさんには、作品を描く際に大切にしているものがあります。

 「僕の作品を読んでくれた人が、笑えたり、今の自分でいいんだって思えたり、頑張ろって思えたり、何か、その人の現実が良い方向へ向かうきっかけになれたらいいなって願いながら描いてます」

にしもとのりあきさんの自画像=にしもとさん提供

にしもとのりあきさんの自画像=にしもとさん提供

にしもとのりあき

新人漫画家・アニメーション作家。兵庫県三木市出身。精神的に脆かった高校時代、漫画「宇宙兄弟」に救われ「誰かの支えになる漫画を描きたい」と思い創作活動をはじめる。
漫画やショートアニメなどを中心に「弱さ、優しさ、笑い」をテーマに、大人も子供も読んでポジティブになれる創作活動をSNSや雑誌などで行なっている。第72回講談社ちばてつや賞入選など受賞歴8回。

twitter:@Nishimotta
HP:http://nishimoto-noriaki.work 
Instagram:nishimotta1
note:https://note.mu/nishimot 

マンガで描く「クリスマスの黒歴史」 「リア充」のカウントバイト
前へ
にしもとのりあきさんの「生命力吸収スイッチ」
次へ
1/22
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ声で… 京都水族館に聞く
ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ声で… 京都水族館に聞く
ツリーが見られない子どもたち…病気と闘う「...
ツリーが見られない子どもたち…病気と闘う「...
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
PR
左利きの私、母が矯正しなかった理由は… 感謝の思いを込めて漫画に
左利きの私、母が矯正しなかった理由は… 感謝の思いを込めて漫画に
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
ローソン「悪魔を制覇して」 おにぎりに続き“悪魔のパン”など追加
ローソン「悪魔を制覇して」 おにぎりに続き“悪魔のパン”など追加
一発屋・髭男爵「死んだ」「消えた」後に見つけた「もの書き」の道
一発屋・髭男爵「死んだ」「消えた」後に見つけた「もの書き」の道
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
PR
豆乳にイヤホン差さないで! 話題ツイートが本物の音楽プレーヤーに
豆乳にイヤホン差さないで! 話題ツイートが本物の音楽プレーヤーに
広末涼子さんが語った平成「女優になるなら吉本」と言われた中学時代
広末涼子さんが語った平成「女優になるなら吉本」と言われた中学時代

人気

もっと見る