MENU CLOSE

連載

111931

#29 夜廻り猫

「探そう、つかまれ」父のプレゼント 夜廻り猫が描く落とし物

目次

 1時間かけて家に戻る途中に、片方の手袋をなくしたと気づいた数十年前の雪の日の思い出。泣いていた自分に、バイクにまたがる父が言った言葉は……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツイッターで「夜廻り猫」を発表してきた漫画家の深谷かほるさんが「落とし物」を描きました。

買った方が早くても 雪の中を探した優しい父

 「むっ 涙の匂い…!」猫の遠藤平蔵は、きょうも街を夜回り中、道にたたずむ男性に声をかけます。

 「おまいさん泣いておるな? 心で」

 男性は、路上に落ちている子どもの手袋を見つけたところでした。「誰か落としたな 俺も、昔やったよ」。自分の思い出を振り返ります。

 納品に行った父のバイクの後ろに乗っていたとき、家に着く直前で片方の手袋がないと気づきました。

 「探そう つかまれ」

 父はそれだけ言ってUターンし、来た道を戻りながら手袋を探してくれたのです。

 「あてもなく探すくらいなら買った方が早いのに でも戻ってくれたんだ」

 優しい父の思い出。男性は、「すごくうれしかったのに 俺は誰かの手袋探しに付き合えたことはあるのかな…」とつぶやきます。

 手袋を見つけやすいところに置いて、遠藤たちに「風邪ひくなよ」と声をかけて去っていくのでした。

一見無駄なことをしてあげられる それが愛情では

 作者の深谷かほるさんは、「『落とした手袋を一緒に探す』というのは、あてのない、一見無駄なことですよね。そんなことをしてやれるのが愛情ではないか、と思っています」と話します。

 親たちは、時間やお金を稼ぐ必要に追われています。その時間を割いて〝無駄なこと〟をするのは大変なことです。

 「子どもはよく落とし物をしますが、落とした本人が一番悲しいんですよね」と深谷さん。

 「『自分が悪い』と反省していることも察して、それ以上叱らず、一緒に長い間探してあげるのは、一生忘れられないくらい価値のある行動かもしれません」

 (編集注※現在は、バイク運転時のヘルメットの着用が義務づけられています)

【マンガ「夜廻り猫」】
 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
 泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
 そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
 遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。姑獲鳥(こかくちょう)に襲われ、けがをしていたところを遠藤たちが助けました。
 ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受けた。単行本4巻(講談社)が7月23日に発売された。

17日まで三越日本橋本店で「夜廻り猫の展覧会」

 12月17日まで、三越日本橋本店の本館7階はじまりのカフェで「夜廻り猫展~深谷かほる作品展2~」が開かれています。入場料は無料です。

 駄菓子や日用品などを売っていたむかし懐かしい「よろず屋」をイメージした展示になっています。原画の展示や、新作グッズ・コラボメニューの販売もあります。



連載 夜廻り猫

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます