閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年12月06日

すり減る靴底、情けない……「けり出し力」意識で歩き方革命

  • 1185

修理をあきらめた記者のスニーカー。アッパー(足の甲を覆う部分)は何ともないのに、かかとが斜めにすり減っている。内側は3センチの厚みがあるのに、外側の厚みは2.5~1.5センチしかなかった=2018年10月3日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

修理をあきらめた記者のスニーカー。アッパー(足の甲を覆う部分)は何ともないのに、かかとが斜めにすり減っている。内側は3センチの厚みがあるのに、外側の厚みは2.5~1.5センチしかなかった=2018年10月3日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

 靴箱を見渡すと、かかとがすり減ったおしゃれなスニーカーに、輝きが薄れた革のパンプス……。お気に入りの靴なのに、きれいに履けない自分が情けない。靴選びから手入れ・修理、歩き方まで相談に乗ってもらえる靴の「コンシェルジュ」に教えてもらうことにしました。 (朝日新聞鳥取総局記者・斉藤智子)

靴底でクセ指摘…ぎくり

 訪ねたのは、鳥取県倉吉市で靴の修理・クリーニングと保管サービスを提供する「シュプリ」。
 社長の岸田将志さん(33)は市内の靴店「シューズショップコマツ」の3代目です。健康管理の観点から正しく合った靴を販売する専門家「シューフィッター」や、全日本ノルディック・ウォーク連盟公認の指導者の資格を持ち、靴店はウォーキングイベントも主催しています。

お世話になった「シュプリ」。左奥には修理などで預かった靴が並んでいる=2018年11月29日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

お世話になった「シュプリ」。左奥には修理などで預かった靴が並んでいる=2018年11月29日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

 記者が持ち込んだおしゃれスニーカーは、かかとの外側が大きくすり減っています。
 接地面の薄い層は削れてなくなり、クッション性のある中間層まで斜めに削れた状態。靴を履くと足が外側に倒れてしまいます。

 「傾いた靴を履き続けていると、足が外側によれてバランスが崩れるので体にも良くない」と岸田さん。

 より削れているのは右足です。

 「右の外側に重心がかかった歩き方をしていますね」。ぎくり。
 スニーカーの靴底修理は、すり減った部分をゴムやウレタンなどの素材で継ぎ足したり埋めたりして平らにし、底を張り替えます。店によりますが、接地面の薄い層だけのソール(靴底)取り換えなら2千~3千円。オールソールなら1万円以上。ランニングシューズの底を張り替えながら大事に履き続けている人もいるといいます。

修理に持ち込んだ革靴。手前は傷んで砂利も巻き込んだゴム底

修理に持ち込んだ革靴。手前は傷んで砂利も巻き込んだゴム底

20年付き合った革靴、まだ履ける

 記者のスニーカーの場合は「修理できなくはないですが、かなり継ぎ足すことになってバランスがちょっとおかしくなる。おすすめはしないです」。

 費用もかかるといい、思い入れとの費用対効果で修理をあきらめました。別のもう1足、薄い接地層だけが削れたスニーカーは修理してもらいました。

 「時々靴底をチェックして、早め早めに気付いてあげると靴も長持ちします」と岸田さん。
 
 革靴も見てもらいました。10年以上のつきあいのパンプスは、中敷きを2枚入れても緩めなので、処分することに。20年近く履いている1足は、傷んだゴム底をオールソール交換してきれいになりました。

修理をあきらめた記者のスニーカー。アッパー(足の甲を覆う部分)は何ともないのに、かかとが斜めにすり減っている。内側は3センチの厚みがあるのに、外側の厚みは2.5~1.5センチしかなかった=2018年10月3日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

修理をあきらめた記者のスニーカー。アッパー(足の甲を覆う部分)は何ともないのに、かかとが斜めにすり減っている。内側は3センチの厚みがあるのに、外側の厚みは2.5~1.5センチしかなかった=2018年10月3日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

2年履いても減らない靴底の謎

 できれば、お気に入りの靴がすり減りにくい、良い歩き方を身につけたい。

 シューズショップコマツが主催するイベントでポールを使ったノルディックウォークを体験しました。歩幅が広がる、腕をしっかり振ることで肩甲骨の可動域が広がる、などの効果があるといい、日頃の歩き方に応用できそうです。

 先生を務める社員の井勢天智さん(23)は全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員の資格を持つ。幼い頃から親しんだレスリングやサッカーで動作時の重心を意識してきたといい、これまで靴底がすり減ると感じたことがないといいます。

 「靴店に就職して初めて、靴底が減るというお客様の悩みに接した」とのこと。2年間履いているというスニーカーの底を見せてもらうと、全くすり減っていませんでした。

ノルディックウォークのイベントで歩き方を指導する井勢さん(手前)=2018年11月2日、鳥取県湯梨浜町

ノルディックウォークのイベントで歩き方を指導する井勢さん(手前)=2018年11月2日、鳥取県湯梨浜町

イメージは「ももをポンッ」

 記者のすり減り過ぎスニーカーは、買って2年もたちません。

 減り方を見てもらうと、「けり出す動作がしっかりできずに、擦っているのでは」との指摘。

 「歩く時は、かかとから着地し、そのまま足裏全体を地面について、しっかりけり出す。重心が真ん中にあって、ちゃんとけり出せば、すり減ることはあまりないと思う。サイズも大事。合っていないと、靴の中で足が遊んでしまって、うまく重心移動ができない」と井勢さん。
 「ももをポンッと上げるイメージでけり出して」とアドバイスしてもらいました。

革靴、手入れのコツは

 「靴をきれいに履くぞ計画」の仕上げに、革靴の手入れを「シュプリ」で教わりました。
 柔らかいブラシでほこりを落としただけでも、大分きれいになります。クリーナーで汚れを取り除いたら、栄養や色を補うクリーム。コシのある豚毛ブラシで磨き込むと、摩擦でクリームがしっかり入ってピカピカになりました。

シュプリでの靴磨き講座=2018年11月3日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

シュプリでの靴磨き講座=2018年11月3日、鳥取県倉吉市清谷町2丁目

「けり出す!けり出すーーー!」

 取材以来、「けり出す!けり出す!けり出すーーー!」と意識して歩くようになったら、歩幅が広がって、歩く速度も増した実感があります。これから靴が長持ちしますように! 靴磨きも、教わったら同じ靴と思えないくらいピカピカになって感動です。一日の終わりは靴をチェックして自分を見直したいです。

実録!すり減った「ヒール」が直るまで! これが靴修理屋の技術だ!
前へ
「ミスターミニット」に今回、修理のお願いをしたのはこちらのヒール
次へ
1/15
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る