閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年12月01日

時短料理「手抜きでは」 家族7人分、毎日手作りする女性の胸の内

  • 66668

夕食の買い物をする娘(左)と母親=千葉県

夕食の買い物をする娘(左)と母親=千葉県

 働く女性が急速に増えるなか、スーパーの総菜売り場は充実し、下ごしらえ済みの調理キットが次々に発売されています。平成は、「家事の時短」が進んだ時代でもありました。しかし、それを遠巻きに眺め、「手抜き」ではないかと罪悪感にさいなまれる女性たちがいます。時短を極めるだけでは救われない、彼女たちの心の呪縛とは――。(朝日新聞記者・西村綾華)

罪悪感を抱く人もいる「家事の時短」(写真はイメージ=PIXTA)

罪悪感を抱く人もいる「家事の時短」(写真はイメージ=PIXTA)

「中華料理の素」もアウト

 家族7人分の夕食を毎日手作りする千葉県の女性(36)の頭の中は、常に「今夜の献立を何にするか」でいっぱいだ。

 朝7時半に家を出て、夕方までパートで野菜の加工をする。終業後は、職場から20分離れたスーパーに直行して帰宅。1時間ほどで、小学生から高校生までの子ども3人と夫、姉、母の7人分の夕食を作る。

 この日の夕食メニューは、サイコロステーキとポテトサラダ。魚や肉を使ったメインと、スープやサラダなど、最低2品を出すのが「マイルール」だ。片付けを終えると、あっという間に夜8時を過ぎる。

 女性の「ルール」はほかにもある。できる限りスーパーの総菜を出さない、カット野菜を使わない、市販の合わせ調味料は使わない……。最近スーパーの棚を満たす、「時短・簡便」をうたった「中華料理の素(もと)」もアウト。「私じゃなくてもできる」と気がめいるから。

 たまに「ラクをさせてもらう」日は、コロッケを買ってきて家で揚げたり、味付きの鶏肉を焼いたり。この一手間があって、ぎりぎり許せる「手抜き」のボーダーラインだ。

「時短」をうたう商品はなるべく使わないと決めている女性(右)。レシピ投稿サイト「クックパッド」の使用も、本当に困った時だけと決めている。「食事のバランスなどは、頑張って自分で考えたい。一度サイトに頼ると、そればかりになってしまいそうなので、最終兵器」と話す。そんな娘を心配そうに見つめる母親(左)=千葉県

「時短」をうたう商品はなるべく使わないと決めている女性(右)。レシピ投稿サイト「クックパッド」の使用も、本当に困った時だけと決めている。「食事のバランスなどは、頑張って自分で考えたい。一度サイトに頼ると、そればかりになってしまいそうなので、最終兵器」と話す。そんな娘を心配そうに見つめる母親(左)=千葉県

「毎日総菜はやめてね」響く夫の言葉

 20歳で結婚。2歳上の夫の故郷は九州で、甘いしょうゆを使う。新婚当初、義母のもとに通って料理を習い、夫の家の味を覚えた。その手作りの味で育った夫は、外で売っている総菜が嫌いだ。

 出産後、働きたいと話した時、「子どもを最優先に、家事は今まで通りするのが絶対条件。毎日総菜とかはやめてね」と言われた。反発する気持ちはあったが、本当は専業主婦のままでいてほしい夫の気持ちが分かっていたので、のむしかなかった。

 夫が快諾してくれ、シングルマザーで女性を育ててくれた母や姉と同居している。食事作りに追われる女性のため、母や姉が交代制を提案してくれ、試みた時期もあったが、夫から「うちの家の味じゃない」と苦い顔をされ、あきらめた。

 子どものためにも「なるべく手作りを」、という夫の気持ちはわかる。仕事に出る前の専業主婦時代は、「総菜は怠け。一番やっちゃいけないこと」と思い、まったく出さなかった。

 しかし今は、時々ある残業で疲れきり、献立が思いつかない日に、出すこともある。月に一度程度なので夫は「めずらしいね」としか言わない。しかし、そんな夜は「手抜きしちゃった」という感情がずしんと残り、自分がこたえる。

長男のお弁当作りのため、本当に困った時は、冷凍食品もチェックする=千葉県

長男のお弁当作りのため、本当に困った時は、冷凍食品もチェックする=千葉県

「食べさせた」こと誇らしく思う母

 そんな女性を心配そうに見つめるのは、女性の母親(67)だ。自身は40歳の時に離婚。働きながら、娘3人を育てた。

 離婚前は専業主婦。夫は、毎夕食、「ご飯・パン・そば」と主食を3パターン用意させるような人だった。「夫と別れ、やっと食の呪縛から解放された」という。

 その後は娘たちを一人で育てるため、三つの仕事を掛け持った。分刻みの毎日の中で、夜はコロッケやサラダなどの総菜を買って帰り、娘たちに食べさせた。しかし、「手作りでも、総菜でも、子どもたちの口に入るものを提供できるだけで、誇らしく思っていた」と振り返る。

 疲れている娘に「今日は総菜でいいじゃない」と声をかけるが、夫との約束を大切に思う娘の耳には届かない。娘を見ると、自分が結婚していた40年前に感じていたような、食の呪縛がいまだ存在するように感じる。

 女性も、心の中では夫に「自分もやれば?」と思うこともある。しかし、派遣で働く自分と夫の給与はかなりの差がある。キャリアを作る前に子育てに入った自分が、正社員として働くことの難しさも感じている。

 母親に、「家事じゃなくて『家仕事』。外での仕事と対等なのよ」と諭されても、「とにかく、ご飯は私がちゃんと作らなきゃ」。そう返して、今日も7人分の夕食のために、下ごしらえから始める。

夕食の買い物をする娘(左)。母親は総菜の利用をすすめるが、娘は聞き入れない=千葉県

夕食の買い物をする娘(左)。母親は総菜の利用をすすめるが、娘は聞き入れない=千葉県

簡便調理に罪悪感

 食品大手「キユーピー」が実施した調査によると、簡便調理に「罪悪感」を感じる女性は増えている。同社も、素材にあえるだけのソースなどの時短商品に力を入れるが、担当者は難しさを感じている、という。

 調査では、20~50代の主婦に、「ゆでたパスタ麺に市販のソースをかけた」「袋入りのインスタントラーメンに野菜炒めを作ってのせた」など、簡便調理の具体例19項目を表示。それらに対し、「罪悪感を抱くか」を調査したところ、うち16項目で、罪悪感を感じる女性の割合が、調査開始の2013年から16年の間で増加していた。

 キユーピーカスタマーマーケティング室の堀直喜室長は、「『時短』と味の両立は、さらに追求できる。調理過程で野菜などを加えれば、栄養バランスの取れた食事にもできる。でも、それだけではだめなんです」と話す。

 同社は1989年から主婦層の意識を調査してきた。調査に10年携わる古賀絵美子さんは、「働く女性の増加で手作りの定義は変わっている。しかし、『忙しいから手抜きでいい』とはならず、『本当は少しでも自分で作りたいけど、できない』とジレンマを持つ人が増える」と分析する。

家族に作る料理で「手抜き」の罪悪感を感じる割合

家族に作る料理で「手抜き」の罪悪感を感じる割合

調理キットも「手間をかける」が人気

 便利すぎる「時短・簡便」は手抜き――。この罪悪感を和らげるため、あえて「一手間かける」商品が消費者のニーズを捉えている。

 ネットを中心に有機野菜を販売する「オイシックス」では、簡単に食事作りができる時短調理キット「キットオイシックス」が人気だ。ヒットの理由は「20分」という調理時間にある。競合の時短商品が「10分でできる」をうたうものが多い中、あえて「20分以内で主菜、副菜の2品ができる」とした。

 開発を担当した菅(かん)美沙季さんは、「時短商品は、『加減』がカギなんです」と話す。商品は、家族の食事作りをしながら働く母親層をターゲットにしており、2人前から。女性たちにアンケートを重ねる中で、献立を考える余裕もない忙しさの中でも、レンジで温めるだけの総菜や、冷凍食品の使用には罪悪感を持つことが分かってきた。

 「時短」を売る商品であっても、「手間をかけた」という精神的な満足感が大切なのでは。その気づきをもとに、「20分」にたどり着いた。

 例えば「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ、韓国風スープ」では、切るのに時間のかかるニンジンは細切りされて袋に入っている一方、ニラやエノキはそのまま入っており、利用者がざく切りする必要がある。調理工程が細かく掲載されているレシピカードには「もやしを入れればより本格的に」「香り付けにごま油を」など、アレンジの提案がある。

 「このアドバイスで、簡単に『家庭の味』になる。これが総菜との差別化です」と菅さん。むしろ、「一手間」を求める工夫が、母親層の「心」に受け入れられた。2013年の発売後、キットオイシックスの累計出荷数は2400万食を突破。今やキットの会員数は、オイシックス全体の会員数の5割弱を占める。菅さんによると「会社を牽引(けんいん)する伸び率」だという。

キットオイシックス=オイシックス・ラ・大地提供

キットオイシックス=オイシックス・ラ・大地提供

連載「平成家族」

 

この記事は朝日新聞社とYahoo!ニュースの共同企画による連載記事です。家族のあり方が多様に広がる中、新しい価値観とこれまでの価値観の狭間にある現実を描く「平成家族」。今回は「食」をテーマに、12月1日から公開しています。

みんなの「#平成家族」を見る

 

弁当愛情論・時短と罪悪感・産め圧力……多様化する「平成家族」
前へ
【弁当と愛情】愛情と弁当を結びつける議論は、これまでもたびたび話題になってきた
次へ
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

まさに逆転の発想! 高速バス座席倒し問題、乗車時に全部倒して対応
まさに逆転の発想! 高速バス座席倒し問題、乗車時に全部倒して対応
飛鳥ナンバーの見本、乃木坂ファン狙い?「2046」に反応、真相は……
飛鳥ナンバーの見本、乃木坂ファン狙い?「2046」に反応、真相は……
あのバイクを擬ニャン化? ヤマハ発動機が手芸サイト開設の理由とは
あのバイクを擬ニャン化? ヤマハ発動機が手芸サイト開設の理由とは
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
PR
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
カギが回りにくい…それ「鉛筆」で復活するか...
カギが回りにくい…それ「鉛筆」で復活するか...
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
教会が言っちゃう?「クリスマスにイチャイ...
教会が言っちゃう?「クリスマスにイチャイ...
「大きなリュック」ってデカすぎ! こんな用途を想定していたとは…
「大きなリュック」ってデカすぎ! こんな用途を想定していたとは…
「いつまでええ子でおるつもりや!」 友人の一言で気づいた僕の本音
「いつまでええ子でおるつもりや!」 友人の一言で気づいた僕の本音
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
PR

人気

もっと見る