MENU CLOSE

話題

34563

ホームパイの「端っこ」だけ発売 不二家「一番おいしいところです」

ホームパイの「みみ」と呼ばれる端っこだけを詰め込んだ商品が発売されました。

こちらが話題の「ホームパイのみみ」
こちらが話題の「ホームパイのみみ」

目次

 今年で発売50周年を迎えた不二家の「ホームパイ」。そんなロングセラーお菓子の「みみ」と呼ばれる端っこだけを詰め込んだ商品が発売され、ネット上で注目を集めています。いったいなぜこのような商品を企画したのか? 担当者に話を聞きました。

こちらは通常のホームパイ
こちらは通常のホームパイ 出典: 不二家のホームページより

40g入りで税込み135円


 今月13日から東日本のセブン-イレブンで販売されている「ホームパイのみみ」。27日からは西日本のセブン-イレブンでも取り扱いが始まります。40g入りで価格は税込み135円です。

 バターの風味が感じられ、サクッと軽い食感。パッケージにはホームパイのようなキャラクターが描かれていて、「ここが『みみ』だよ」と指さしています。

 セブン‐イレブン・ジャパンのツイッターアカウントがこの商品を紹介すると、「みみ好きなので嬉しい」「レジ横で発見して即買いしました」といったコメントが寄せられ、話題になっています。

こちらが話題の「ホームパイのみみ」
こちらが話題の「ホームパイのみみ」

不二家に聞きました


 どういった経緯で「ホームパイのみみ」を販売することになったのか? 不二家の商品企画二課主任・板橋和範さんに話を聞きました。

 ――「ホームパイのみみ」とは、どんな商品なのでしょうか

 こだわりのバターと自家製の発酵種を組み合わせ、じっくり丁寧に焼き上げ、たっぷりの砂糖をふりかけたホームパイ。その一番おいしい「端っこ」の部分のみをひとくちサイズにカットした、ホームパイ史上一番小さい小袋タイプです。

 ――この商品を企画したきっかけは

 若年層への拡売を狙って、ホームパイブランドのメインユーザーである40代女性のお子様の年代にあたる「中高生~20代男女」をターゲットに、商品を開発しました。意識したのは以下のポイントです。

 (1)スナック感覚でポイポイ食べられるひとくちサイズ
 (2)腹持ちがよい
 (3)インスタ映えする楽しいパッケージデザイン
 (4)買いやすい価格
 (5)持ち運びに便利な形態

 今までにない軽さと食感が楽しめ、いつでもどこでもポイポイ気軽に食べられます。

キャラクターもちょっとシュール
キャラクターもちょっとシュール 出典: 不二家提供

「一番おいしいところ」を販売


 ――なぜ「みみ」だけなのでしょうか

 ホームパイの端っこの部分は、平面部分(中央部分)よりも火の通りがよく、パイ生地の表面に凹凸が多い分、砂糖が乗っかりやすく、そのため、カリカリで甘いスナックのような食感が楽しめます。その「一番おいしいところ」を販売することにしました。

 ――「みみ」より中身が好きという人もいるようですが

 特徴のある「みみ」をフィーチャーして話題性を喚起し、通常のホームパイにも興味関心をもっていただきたいと考えましたので、今回は中心部分(中身)ではなく、外側の部分を取り上げました。

 ――企画する上で苦労した点は

 50年続くホームパイの歴史やイメージを、ある意味壊すことにもなりかねない「ゆるい」商品なので、社内を説得するのに苦労しました。

 また、試作を重ねて、通常の焼成速度よりも遅く、低温でじっくり焼き上げることで「みみ」の品質を実現した点もポイントです。

チョコとパイを組み合わせた「ホームパイ 大人のリッチチョコ」
チョコとパイを組み合わせた「ホームパイ 大人のリッチチョコ」 出典: 不二家提供

「商品開発の参考に」


 ――今後販路を拡大していく予定は

 未定ですが、販路拡大の可能性はあります。

 ――話題になっていることについては

 まだ実感はありませんが、SNSを検索すると、日に日に盛り上がっていただいていることに喜びを感じます。商品に対する生の声が聞けますので、今後の商品開発の参考にさせていただきます。

 また、今年はホームパイ50周年です。チョコとパイを組み合わせた自信作「ホームパイ 大人のリッチチョコ」を満を持して発売しましたので、こちらもぜひお試しください。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます