閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年11月17日

合コン累計2500回以上 「乳がんステージ4」でも行きまくった理由

  • 29138

『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』著者の白戸ミフルさん

『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』著者の白戸ミフルさん

 進行性の乳がんと診断された後、自身の体験を漫画にして、夢だったマンガ本を出した女性がいます。神奈川県鎌倉市の白戸ミフルさん(40)です。『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』(キノブックス)は、突然乳がんを告げられた、自身のことを赤裸々に描いています。

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供

とにかく合コンが大好き

 白戸さんは、化粧品関係の仕事をしたり、ライターとしても活動したりしています。そして、とにかく合コンが大好きで、累計2500回以上参加してきたほど。「高校生からカラオケボックスで、合コンをしていました。一番はまったのは20代で、週3回以上はあり、1日2回の『はしご』もありました。当時は、ウェブ系の広告会社にいて、土日はゴルフをしたり、パーティーをしたりして、パリピっぽい生活を送っていました」

 合コンの楽しさは、恋人を見つけることだけに限らないそうです。「楽しいのは女子会議ですね。合コンの最中に、トイレに一人ずつ行き、ターゲットを誰にするか決めて、その後どうなるか『こんな連絡がきたよ』といったことを語ることが、楽しかったんですよ。逆にデートとかする暇がありませんでした(笑)」

『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』著者の白戸ミフルさん

『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』著者の白戸ミフルさん

宣告された「ステージ4」

 そんな白戸さんは、35歳の時に胸にしこりのようなものを感じました。

 「もしかしたら乳がんかもしれないと、思いました。不摂生な生活を送っていましたが、健康診断も異常がなかったので、『ありえない』と思いつつ、とにかく怖かったです」

 その3カ月後、会社の健康診断がきっかけで乳がんが発覚。脇や骨にも転移していて、「ステージ4」と宣告されました。

 「考えないようにしようと思いながら、ずっと考えていたんですけど、病名が宣告されてからは、絶望的になりました。全然がんについての知見がなかったので、『転移していたら、死んじゃうんじゃないの』って思いました。ショックすぎて情緒不安定でした」

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供


 その後、抗がん剤治療などを受けました。同僚らに話すこともできず、泣きながら眠る日もあったそうです。

 「髪の毛がベッタリと抜けて、まるでのりのようでした。普段は気づかなかったけど、髪の量ってこんなにあったんだと思いました。ものすごい量が抜けたのに意外となくならなくて、でも、2カ月近くで完全に抜けてしまいましたね」

『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』著者の白戸ミフルさん

『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』著者の白戸ミフルさん

「楽しまないと逆に損」

 それでも前向きに病気と向き合いました。ウィッグを楽しんだり、野菜中心の生活で肌がすべすべになっていく様子を楽しんだり。とにかくポジティブです。

 「最初はショックでしたけど、髪の毛が抜けきってしまうと、逆に気持ちよくなってしまいました。この状況を楽しまないと逆に損だと思いました。私の好きな言葉が「コロンブスの卵」(発想の転換)「一粒で二度おいしい」。つらいことを楽しくするをモットーとしてきました。子どものころから同時に色々とするのが好きでした。時間を有効活用したい気持ちがあるんでしょうね」

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供

「カミングアウトしやすい世の中に」

 小学生の時からの憧れだった漫画家を目指す気持ちも強くなったそうです。同じ乳がん患者として励まされていたタレントの小林麻央さんが亡くなったこともあり、「自分でもできること」を考え、自分の体験を描くことを決意。マンガ教室に通い始めたそうです。そして、夢をかなえました。

 「がんになった人は皆が死んでしまうとか、治療もつらいとか、マイナスイメージばかりがある。そうしたものを払拭(ふっしょく)したいと思いました」

 「がんである人がカミングアウトしやすい世の中になればいいなと思う。私自身なかなか言い出せなかったし、勇気を出して告白しても、ドン引きされて、傷ついていました」

 「過剰に気を使われたり、心配されたりするのも、ありがたいことなんですけど、普通に接してほしいと思う。私が病気を経験していなかったら、こんな風に考えるようになれたかは難しいかも思うんですけど、今はできると思う。がんへの理解が進んで、もっとカジュアルに言えるような時代がくれば良いなと思っています」

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供

マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた=キノブックス提供


 現在は、3カ月に1度のペースで通院しているという白戸さん。再発は今のところなく、根治に向かっているそうです。最後のページにはこんなメッセージが添えられています。

 「がん治療も気持ち一つで楽しく乗り越えることができる!」


「がんの私を好きになる人いるのかな…」 宣告されて考えたこと
前へ
マンガの一場面。自身の実体験に基づいた乳がん闘病記を描いた
次へ
出典:キノブックス提供
1/13
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る