閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年11月15日

長澤まさみファン、福沢諭吉好き 関西育ちアフリカ少年の日本人観

  • 28611

カメルーンに帰省して出された料理は……。まんがアフリカ少年が日本で育った結果「食の洗礼」より

カメルーンに帰省して出された料理は……。まんがアフリカ少年が日本で育った結果「食の洗礼」より

 腕に輝く赤、緑、黄の「ラスタカラー」の腕輪。「自分を象徴する色でもある。僕は日本人でもあり、アフリカ人だから」と話すのは、国籍も生まれもカメルーンだけど、4歳で来日し、日本で育った星野ルネさん(34)です。今年8月に自身の半生を描いた「まんが アフリカ少年が日本で育った結果」(毎日新聞出版)で漫画家としてデビューしました。「バイブルは福沢諭吉」「憧れの女性と言われれば、長澤まさみが思い浮かぶ」と言うルネさん。漫画では既存の「日本人観」を超越する生き様を発信し続けています。

「やっぱりラスタカラーとか原色が似合っちゃうんですよね」と笑う星野ルネさん=神戸郁人撮影

「やっぱりラスタカラーとか原色が似合っちゃうんですよね」と笑う星野ルネさん=神戸郁人撮影

「何でもない日常」がウケた

〈カメルーン人の母とカメルーンに研究に来た日本人男性が結婚したのをきっかけに、4歳を目前に母と来日。日本語も英語も分からないなか、友達とのコミュニケーション手段として絵を描き始めた〉

 育ったのは兵庫県姫路市です。地元のダイニングバーで働いていたとき、お客さんに今までの人生の話をしてたら、けっこう話題になったんです。「聞いてもらう価値があるものを持っているんだ」って自信にもなりました。

 最初にはまった「絵を描く」ってことに、結局たどりつきました。今年3月からSNSで漫画を公開し始めたら、1カ月後に書籍化の話がきました。

 周りにウケたのは、たとえば家族の会話です。僕の家は、父と母はフランス語。僕と(日本で生まれた)妹たちは関西弁で話す。母と僕はフランス語と関西弁の混合。東京出身の父とは標準語で話すという、「多言語家族」。そういう、僕にとっての日常が、面白かったみたいです。

 〈小学校1年のとき、カメルーンに帰省したときの思い出。日本でオムライスや海老フライになじんだアフリカ少年の前に、アルマジロのような見た目の「センザンコウ」が出てくる、「ギャップがハンパない」夕飯が描かれた〉

カメルーン帰省の思い出を描いた「食事の洗礼」

カメルーン帰省の思い出を描いた「食事の洗礼」

出典:まんが アフリカ少年が日本で育った結果

「欠けている」ことは強みだった

〈学生時代は周りと違う見た目に戸惑ったこともあったという〉

 日本の歴史漫画が好きだった。そこに出てくる侍や偉人は、みんななら、なんとなく「ご先祖さまだ」って思うじゃないですか。でも、僕は自分のご先祖さまだとは言えない。絶対に血はつながっていないし。周りとは見た目もルーツも違うから、孤独を感じたことはあります。

 だけどカメルーンでは、「日本人」って言われるんです。向こうの常識もわからないし、挙動や考え方も日本人っぽい。僕はどっちにいても「外国人」のカテゴリーに入っちゃう。

 みんなと違うから、「日本人として欠けている」と思っていたけど、自分の視野が広がる中で、日本人として足りない要素は、実はアフリカ人として補われていたことに気づきました。それが強みだった。

 たとえば、僕にはアフリカに親戚が200人超います。政府関係や貿易、森を守っている人もいる。日本人でありながら、日本とアフリカをつなげられる存在なんです。

 今はナニジンと言われても、気にしません。
 アメリカとか多民族の国をヒントにすれば、もし日本がいろんなルーツを持った人がそれなりにいる国になったら、僕は「アフリカ系日本人」と呼ばれるのが適切なんだろうな、とは思います。

 でも僕は僕。国籍はカメルーン、永住権は日本。カメルーンの要素と日本の要素を併せ持っていて、日本の歴史や文化の方がカメルーンのことより分かる一人の人間。好きなアイドルを想像したら、アフリカ人女性ではなく、長澤まさみが出てくる。

 幼稚園から一緒の幼なじみは「ルネのこと『外国人』だと思ったことない。日焼けしている日本人だとしか思ってなかった」って言います。

 浮世絵に描かれていた日本人の典型的な顔。今は日本でも、アフリカ系も東南アジア系の顔も増えていて、日本で育ち、日本食を食べ、これからも日本で生きていくという僕みたいな人が増えている。こんな人生があるのかと「日本人」の解釈の幅が広がれば、僕の漫画も有意義だと思う。

 〈マンガでは、日本の若者との会話するルネさんが、「印籠」について「わかりますか」と尋ねられる場面を描いた。すかさず「君はいくつ?」と尋ねるルネさん。「味噌汁もきっと君より飲んでるし、日本では君の大先輩だよ」と説明する〉

「というわけで、お箸を使っているだけで感動するのはやめて」とコメントを付けた、「日本の大先輩」

「というわけで、お箸を使っているだけで感動するのはやめて」とコメントを付けた、「日本の大先輩」

出典:まんが アフリカ少年が日本で育った結果

泣いている「アフリカ少女」へ届いた「手紙」

〈自分の苦労について、ルネさんはあまり言及しなかった。一方で、「見た目」で悩んだ妹たちのような少女たちに送るメッセージを漫画に込めたという〉

 苦労したことを聞かれれば、バイトの面接で「君は良い子だけど、黒人をレジや接客で雇った前例がないから」という理由で断られたり、道で人から指を指されて何か言われたり、そういうことは、たくさんありました。

 でも、外国人やハーフの人だけが人生苦労するわけじゃないでしょ。厳しい人生送っている人は、日本にもいる。みんな、それぞれの課題を抱えて生きている。僕をねぎらってくれなくても大丈夫。

 ただ、ルーツで悩む人もいます。漫画では、「アフリカ少女」として、妹たちを登場させました。妹たちはカメルーン人の母と日本人の父の間に生まれたハーフです。

 ある日、学校から帰ってきた妹がすごく落ち込んでいました。「みにくいアヒルの子」を読んだんです。白くないとハッピーじゃないの?って。
 CMでは「美白が良い」と聞いたり。肌が黒い子達からしたら、日本の平均の子より白くないことが、「自分は理想から遠い位置にいるんだ」って、存在が全否定されるような気持ちになる。

 妹たちはそういう中で、死にたいほどつらい思いをしていたんです。

 なんとか乗り越えて、今は明るい大人になりました。「あのとき、どういうメッセージをもらえたらよかったか」って、妹たちに聞いて作品に盛りこみました。

 〈泣いている「アフリカ少女」に届いた手紙。「みんなと同じじゃなくていい! じぶんが持って生まれたもののすばらしさに、いつか気づく日がくるから」と、「いつもわらっているみらいのあなた」からの言葉が届く〉

泣いてばかりのアフリカ少女に届いた手紙の内容は……

泣いてばかりのアフリカ少女に届いた手紙の内容は……

出典:まんが アフリカ少年が日本で育った結果

Dear ないてばかりいたむかしのわたし

あなたは、ほかのみんなとちがうはだの色や
かみの毛を持って生まれたことで、とってもなやんでいるよね。
わたしはあなたのつらさ全部知ってるよ。
白い色がよくて、きれいって
かってにきめられたような世界で、いばしょがなくて
死にたくなるくらい、つらい時もあったよね。
だけど、わたしの言葉を聞いて!

何がよくて、何が悪くて、何がきれいで
何がきれいじゃないか……。そんなことはだれにも決められない。
あなたの目には、今住んでいる場所や
今まわりにいる人や、今まわりにあるモノや言葉が
世界のすべてのようにうつっているかもしれない。

でも、ちがうわ、今あなたがいるのは小さな鳥かごの中。

あなたが大きくなって、外の世界にとびたっていく間に
この世界の本当のすがたが見えてくるわ。

どんな石も、どんな花も、どんな虫も
どんな動物も、どんな音も、だれかにとっては
世界でいちばん美しいものなんだよ。

あなたのことを大すきだと思ってる家族やお友だちや、
しょうらい、あなたのことを世界で一番美しいって
言ってくれる運命のこいびとのために、
あなたには、あなただけの美しさがあるの。

みんなと同じじゃなくていい!
じぶんが持って生まれたもののすばらしさに、
いつか気づく日がくるから。

今は、自分がなりたいものや、行きたい場所、やりたいこと
どんなゆめでもいい、そのゆめをかなえるために、
自分を大切に育ててあげて。
じゃあ、なみだをふいて、今日はゆっくりおやすみなさい。

いつもわらってるみらいのあなたより

「違い」を逆手にとった

 父に昔、「見た目が人と違うと、外国人ってことで偏見があるかもしれない。周りの倍ぐらい頑張らないと人生大変だろうから、がんばれよ」って言われました。

 でも僕は反発した。「逆に目立つことをやったら、日本人の半分の努力でうまい思いすることもあるんじゃないの」って。僕はただ立っていても目立てるんだから。

 最近、姫路に帰ったとき、「日本文化」の話をしていたら、聞いていた父が急に「日本文化って何だと思う?」と聞いてきたんです。そして「文化はモノではなく、時代時代に生きている全ての人の営みだと思う」と言ってくれました。
 父もずっと考えていたんだと思います。自分が日本に連れてきて、育てた子どもも日本人だと、そう思ってくれたんでしょうね。

日本とカメルーンのハーフで、芸人の「ぶらっくさむらい」さん(右)と、インターネット上のラジオ番組「地球人レイディオ」を収録する星野ルネさん

日本とカメルーンのハーフで、芸人の「ぶらっくさむらい」さん(右)と、インターネット上のラジオ番組「地球人レイディオ」を収録する星野ルネさん

出典:地球人レイディオ《星野ルネ×ぶらっくさむらい》

「日本人」と呼ばない限り変わらない

〈見た目が「外国人」でも、日本で生きる人たちは増えている。ルネさんにそういう人を「外国人」と呼ぶ以外に、何か新しい呼び方ができないか、考えを聞いてみた〉

 難しいですね。これは、福沢諭吉さんにもう一回復活してもらわないと。「学問のすすめ」は僕のバイブルなんです。

 ただ多分、どんな呼び方を作っても、社会が変わらない限り、何も変わらない気がする。結局、「日本人」とは呼ばないでしょ。「その人たちも、日本人って呼びましょう」と言ったときに、初めて変わるんだと思います。

 何はともあれ、あまり急ぎ過ぎない方が良いです。

 まだ外国にルーツがある人って、日本国民の割合でいったらすごく少ない。長い歴史がある日本の中で、全員が満遍なく認識するには時間がかかる。「差別はいけない」とか「受け入れよ」とか声高に言うのではなくて、「こんな人たちもいる」と、その日常を、ただサザエさんみたいに見せてあげる。それだけで、親近感をもってくれる人は増えると思います。

 ちょっとずつでいいんです。

 それからやっぱり、エンターテイメントにしないとね。アメリカの黒人が受け入れられたのも、公民権運動もあったけど、ミュージシャンやコメディアンの活躍が人々を楽しませたからだと思う。

 たとえば、日本版オリンピックみたいなのやりたいですね。日本にいる人だけでやっちゃうの。国旗も一応持っているけど、「僕は日本とドイツとチュニジア代表」。「あいつ3カ国も代表しているのか! すげえ!」みたいな。

 面白い話や料理、音楽を持ち寄って、話して。競争はなし、ね。順位つけると「民族の誇り」みたいになっちゃうから。

 そのイベントに行った人が、「素敵」と思ってくれたら、もし次にアルバイトの面接に黒人が来ても、もう垣根は薄くなっていて、「入れてみようかな」ってなるんじゃないかな。
 人を楽しませる方が、心の氷はとかしやすいですよね。

「おわりに」で描かれた星野さんの思い

「おわりに」で描かれた星野さんの思い

出典:まんが アフリカ少年が日本で育った結果

◆星野ルネ(ほしの・るね)  1984年8月20日生まれ。カメルーン出身、兵庫県姫路市で育ち、ばりばりの播州弁を話す。高校卒業後、工務店に就職。転職後、飲食店店長として、生い立ちなどを話しながら、店を人気店に育てる。「もっと大きな世界で話して」と背中を押され、25歳で上京。タレント活動の傍ら、ツイッター(@RENEhosino)などで漫画を発信する。

 

 日本で働き、学ぶ「外国人」は増えています。でも、その暮らしぶりや本音はなかなか見えません。近くにいるのに、よくわからない。そんな思いに応えたくて、この企画は始まりました。あなたの「#となりの外国人」のこと、教えて下さい。

みんなの「#となりの外国人 #TonariNoGaikokujin」を見る

 

#となりの外国人 星野ルネさん「アフリカ少年が日本で育った結果」
前へ
「身体能力神話」
次へ
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る