close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年11月14日

安田純平さんは謝るべきか ジャーナリストが「当事者」になる怖さ


  • 1693

10月25日の帰国後すぐ入院してメディカルチェックをし、11月2日に初の記者会見に臨んだ安田純平さん。冒頭に深く頭を下げた=東京・内幸町の日本記者クラブで。藤田直央撮影

10月25日の帰国後すぐ入院してメディカルチェックをし、11月2日に初の記者会見に臨んだ安田純平さん。冒頭に深く頭を下げた=東京・内幸町の日本記者クラブで。藤田直央撮影

最新ニュースを受け取る

 安田純平さんは、謝るべきなのでしょうか? 内戦下のシリアに入り、武装勢力による3年4カ月の拘束を経て解放されたジャーナリスト。帰国後に臨んだ二つの記者会見でのやり取りを見つめ、考えました。(朝日新聞政治部専門記者・藤田直央)

常識が外国と違う?

 「あなたのその謝罪について聞きたい。ジャーナリストとして本当に必要なのでしょうか」

 11月9日、東京・丸の内の日本外国特派員協会。会員の外国人記者など約120人で埋まった会見場で、最初に質問に立ったマイケル・ペンさんが安田さんに聞きました。

 ペンさんは米国出身で、日本や海外の大手メディアが報じきれない日本の姿を伝えようと2010年にネットメディアSNA(新月通信社)を立ち上げています。

11月9日に日本外国特派員協会で開かれた記者会見で、安田さんに最初に質問したマイケル・ペンさん(右)。その次に質問した左のイタリアメディアの記者は、安田さんと同様にシリアで拘束されたという情報のあるイタリア人ジャーナリストの消息を尋ねた=東京・丸の内

11月9日に日本外国特派員協会で開かれた記者会見で、安田さんに最初に質問したマイケル・ペンさん(右)。その次に質問した左のイタリアメディアの記者は、安田さんと同様にシリアで拘束されたという情報のあるイタリア人ジャーナリストの消息を尋ねた=東京・丸の内

 パリを拠点とするNGO「国境なき記者団」が安田さんの解放に対する日本での反応について出した声明にも、ペンさんは触れました。それはこんな内容です。

 「シリアの悲劇を日本の人々に命がけで伝えようとした安田純平が謝罪を強いられるのは受け入れられない」「戦地にジャーナリストがいなければ、人々は交戦の当事者たちからの偏った情報に頼らざるを得なくなる」

国境なき記者団(Reporters Without Borders)が11月6日付でHPに載せた、安田さんは「ジャーナリストとして仕事をしたことで謝るべきではない」という記事。団体としての声明も含まれる

国境なき記者団(Reporters Without Borders)が11月6日付でHPに載せた、安田さんは「ジャーナリストとして仕事をしたことで謝るべきではない」という記事。団体としての声明も含まれる

出典: 国境なき記者団のHPより

 でも、安田さんは謝ります。先立つ11月2日には東京・内幸町の日本記者クラブで会見があり、冒頭、400人を超す報道陣の前で立ち上がってあいさつ。「私の解放に向けてご尽力、ご心配をいただいた皆さんにおわびしますとともに、深く感謝申しあげます」と言い、深く頭を下げました。

 安田さんは外国特派員協会では、冒頭に立とうとして司会にとどめられ座ったままでしたが、同様に語りました。これにペンさんは「あなたはたたえられるべきで、酷評されるべきではない。日本の人々と外国メディアの常識は違うようだ」と述べました。

SNSで賛否交錯

 ペンさんの言う「日本の常識、世界の非常識」といった意見には、私は違和感があります。国内の反応のあり方には、単に安田さんが「謝罪を強いられる」ということではない複雑さを感じるからです。

 安田さんの解放について、SNSでは「世間を騒がせた」「政府に迷惑をかけた」という批判一色ではなく、「無事でよかった」「よく頑張った」という喜びの声と交錯しています。

 外国特派員協会で質問したジャーナリストの江川紹子さんは、「安田さんが(解放直後に日本メディアに)話したことが政府批判のように伝わって、親安倍、反安倍が空中戦のように非難しあっていた」と表現しました。

11月9日に日本外国特派員協会で安田さんに質問する、ジャーナリストの江川紹子さん=東京・丸の内

11月9日に日本外国特派員協会で安田さんに質問する、ジャーナリストの江川紹子さん=東京・丸の内

 日本記者クラブでは、主に国内メディアから質問が続きました。外国特派員協会で多くの質問が「お帰りなさい」で始まり、励ますような雰囲気だったのに対し、日本記者クラブの方が緊迫していたのは確かです。ただ、それは帰国後最初の会見だったからという面もあり、厳しい批判を交えた質問は出ませんでした。

記者会見で質問続々

 では、その日本記者クラブでのやり取りはどんなものだったのか。まず安田さんが「おわび」に続き、「何が起こったのか、可能な限り説明することが私の責任」だとして、拘束から解放までを2時間近くかけて話しました。その後、質問しようと多くの手が挙がり続けました。

11月2日の日本記者クラブでの記者会見。安田さんに質問しようと手が挙がり続けた=東京・内幸町

11月2日の日本記者クラブでの記者会見。安田さんに質問しようと手が挙がり続けた=東京・内幸町

 日本語メディアの記者から出た質問は計11。国内の関心を映し、このように様々な角度からでした。

・司会の最初の代表質問 ネット上で匿名による安田さんへのバッシングが起きた日本社会の現状をどう思うか
・拘束までの経緯と反省点 3問
・拘束中の体験や得た情報 3問
・紛争地取材を続けるのか 2問
・シリアの今と日本での報道 2問

安田さんのジレンマ

 ただ、様々な質問とは言ってもほぼ今回の「人質事件」に関するもので、純粋にシリアの現状を問うたのはジャーナリストの堀潤さんだけでした。そして、拘束されていた安田さんは30秒ほど「んん……」と考え込み、その末の答えには「話を聞いて回るわけにはいかないので」と限界がありました。

11月2日の日本記者クラブでの会見で安田さんに質問する、ジャーナリストの堀潤さん=東京・内幸町

11月2日の日本記者クラブでの会見で安田さんに質問する、ジャーナリストの堀潤さん=東京・内幸町

 私はその場で安田さんの心境を思いました。こうした状況を生んだことまで「自己責任」と考えるかどうかは迷うところですが、少なくとも忸怩たる思いを抱いたのではないかと。

 つまりそれは、シリア内戦下の反政府勢力や市民の現状を日本の人々に伝えようと取材に挑んだジャーナリストが、拘束されて目的を果たせなかっただけでなく、日本の人々の関心が自身の「人質事件」の方に集まってしまったことへの苦渋です。

11月2日の日本記者クラブでの会見で、うつむき気味に質問を聞く安田さん=東京・内幸町

11月2日の日本記者クラブでの会見で、うつむき気味に質問を聞く安田さん=東京・内幸町

 これと同様の指摘が、日本記者クラブでの「シリアの今と日本での報道」に関する2問のうちのひとつでした。安田さんはジレンマをこう語りました。

 「私自身の行動の検証のために報道の皆さんから注目されるのは当然だろうと受け止めていますが、できればさらに進んで、そこで何が起きているのか、この先どうすべきかというところまで関心を持ち続けていただききたい」

 安田さんは日本記者クラブでも外国特派員協会でも、自身の「おわび」と説明責任の理由について「私自身の行動において、日本政府が(解放のため)当事者にされてしまった」と話しています。

 しかしジャーナリストにとって本当に悩ましいのは、報道にあたるべき自身が「当事者」として報道対象になってしまうことではないでしょうか。

"Not the story"

 実は外国特派員協会でも、このことが語られました。

 "The journalist is not the story." 会長のピーター・ランガンさんは最初のあいさつで、ジャーナリスト自身が記事になってはならない、と二度繰り返しました。英国出身でアジア取材歴が約30年のジャーナリストです。

11月9日に日本外国特派員協会で開かれた安田さんの会見であいさつする、会長のピーター・ランガンさん=東京・丸の内

11月9日に日本外国特派員協会で開かれた安田さんの会見であいさつする、会長のピーター・ランガンさん=東京・丸の内

 ただ、これはそばで聞く安田さんに「拘束されて記事になった」と苦言を呈したのではありません。報道に徹しようとして力ずくで自由を奪われたジャーナリストを報道対象にして騒ぎ過ぎないでほしいという、日本社会へのメッセージだと思いました。

 それは、ランガンさんが続けて次のように語ったからです。

 「不幸なことに、ジャーナリストは昨今ますます記事にされている。沈黙させようと世界中で標的にされている」

 「ジャーナリストの仕事の本質は自身を危険にさらす。だから同志を代表して、安田さんに心からお帰りなさいと言いたい」

11月9日の日本外国特派員協会での会見で、シリアで拘束された安田さん(左端)の話に聞き入る会長のジャーナリスト、ピーター・ランガンさん(右端)=東京・丸の内

11月9日の日本外国特派員協会での会見で、シリアで拘束された安田さん(左端)の話に聞き入る会長のジャーナリスト、ピーター・ランガンさん(右端)=東京・丸の内

 拘束されれば命の危険はもちろん、人質としてネットにさらされ、自身のことが記事になりかねない。それでも内戦の実態を取材し伝えるために現場へ行く。今回の安田さんの行動は、ジャーナリストとしてぎりぎりの挑戦だったのでしょう。

 日本記者クラブでの2時間半にわたる会見の最後に、安田さんの記帳が披露されました。「あきらめたら試合終了」。1畳より少し広い程度の空間で監禁され絶望感に苛まれたことがあっても、帰国の意思を持ち続けたという説明でした。

 安田さんは、「今後も紛争地に赴いて取材を続けるつもりですか」という質問には「全く白紙です」と答えていました。ただ、この記帳は私には、へこたれないという気持ちの表れにも見えました。

11月2日に日本記者クラブでの会見に臨むにあたり、安田さんが記した言葉=東京・内幸町

11月2日に日本記者クラブでの会見に臨むにあたり、安田さんが記した言葉=東京・内幸町

 安田さんの身を案じ続け、解放に腐心し、いま安堵する人たちに、安田さんが謝意を示すのは自然なことです。でも、沈黙してはならないと思う記者の一人として、私は謝罪までは望みません。

激戦地ルポ シリア・アレッポはいま
前へ
アレッポ城の塀に立ち、スマートフォンで自撮りする女性たち=2017年1月10日、シリア・アレッポ、矢木隆晴撮影
次へ
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

学校での「仮面」は脱がなくていい 平野啓一郎さんの「分人構成図」
学校での「仮面」は脱がなくていい 平野啓一郎さんの「分人構成図」
NEW
「Nikonようかん」通販終了へ 1973年発売の逸品、その歴史を聞いた
「Nikonようかん」通販終了へ 1973年発売の逸品、その歴史を聞いた
「9月1日」樹木希林さんが語りかけたこと 娘が明かした病室での涙
「9月1日」樹木希林さんが語りかけたこと 娘が明かした病室での涙
最速148キロ左腕が作った英語テキスト 「君...
最速148キロ左腕が作った英語テキスト 「君...
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
PR
東京2020オリンピック 聖火ランナー募集
東京2020オリンピック 聖火ランナー募集
PR
ラスボス感半端ない!SNS震撼、100m級「巨大仏」の深いルーツ
ラスボス感半端ない!SNS震撼、100m級「巨大仏」の深いルーツ
しょんぼり顔のトラ、水浴びしたかったな… 掃除後の池で撮影の1枚
しょんぼり顔のトラ、水浴びしたかったな… 掃除後の池で撮影の1枚
26歳介護士ブロガー、月収100万円でも生活費8万3000円の理由
26歳介護士ブロガー、月収100万円でも生活費8万3000円の理由
「霜降り明星」せいや、髪まで抜けたいじめ...
「霜降り明星」せいや、髪まで抜けたいじめ...
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
Q&A
柴犬が赤ちゃんに嫉妬? 食事中の抱っこに猛アピールする姿が可愛い
柴犬が赤ちゃんに嫉妬? 食事中の抱っこに猛アピールする姿が可愛い

人気

もっと見る