close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年11月14日

「僕は日本人で地球人」 黒い肌、アフロ受け入れた副島淳さんの思い


  • 71626

「今は人間や情報が世界中を行き交う時代。国の『外』とか『内』とかいった定義で、地球を分けてしまうのは時代遅れだと思います」と語る、タレント・俳優の副島淳さん=松本俊撮影

「今は人間や情報が世界中を行き交う時代。国の『外』とか『内』とかいった定義で、地球を分けてしまうのは時代遅れだと思います」と語る、タレント・俳優の副島淳さん=松本俊撮影

出典: 朝日新聞

最新ニュースを受け取る

 「自分の外見に悩み、家族を責めてしまいました」。日本人と米国人の両親を持つ、タレントで俳優の副島淳さん(34)は、幼い頃をそう振り返ります。黒い肌に大きなアフロヘア、2メートル近い長身。明るいキャラクターも手伝い、NHKの朝の看板番組「あさイチ」でリポーターを務めるなど、今やお茶の間の人気者です。しかしかつては、その見た目から教室で孤立し、周囲に溶け込めなかったといいます。そんな副島さんに聞きました。「外国人っていう呼び名、どう思いますか?」(withnews編集部・神戸郁人)

【動画】見た目に葛藤した時期もあったが、今では周りの反応を楽しんでいるという副島淳さん=松本俊撮影

出典:朝日新聞

「何で俺だけ黒いんだ」母に怒声

小学生時代の副島さん。この頃から、周囲との見た目の違いに悩み始めた(画像を加工しています)

小学生時代の副島さん。この頃から、周囲との見た目の違いに悩み始めた(画像を加工しています)

出典: REMIX提供

<母親は日本人、父親は米国人という副島さん。日本で生まれ育ちましたが、周りの友人とは、幼少期から見た目が異なっていました。違和感を持ち始めたのは、小学生の時。クラスで容姿の特徴をなじられ、家族に当たってしまうこともしばしばだったそうです>

 ――副島さんは日本生まれ、日本育ちですね
 
 東京・蒲田で生まれ、後に千葉県浦安市へ引っ越しました。父親は物心つく前に蒸発してしまい、顔も分かりません。母方の祖母、母と暮らしていたので、昔から日本語だけで会話していました。実は、米国に行ったこともないんです。

 ――ご自身の見た目について、深く考えるようになったのはいつでしたか
 
 小学校に入った後でしょうか。僕は当時から縮れ毛だったのですが、そんな同級生は一人もいなかった。次第に「髪形が変だ」「お前は肌の色が違う」といじめられるようになったんです。それまでは何の疑問も持たなかったのに、生き方が変わってしまいました。

 ――生き方が変わったというと?
 
 活発だった性格が、引っ込み思案になりましたね。友達の輪に入ろうとすると、「外国人だろう」と仲間外れにされるので、自ら距離を取っていました。

 いつも教室の隅っこにいて、目立つ振る舞いは控える。クラスにはいるだけ、という感じです。心の中では「どうすれば仲間に入れてくれるのかな」と悩んでばかりでした。

 ――ご家族との関わり方はどうでしたか
 
 母を責めてしまうことが多かったです。
 
 「何で俺だけこんなに黒いんだ」
 「そのせいでいじめられているんだよ」

 学校から帰ると、ことあるごとに気持ちをぶつけていました。裏を返せば、彼女しか本心をさらけ出せる人がいなかったんです。
 
 でも、母は「いつかは必ず良い状況になる」「お前が強くなりなさい」と励ましてくれました。おかげで、苦しい状況をどう乗り切るか、自ら考える力は身についたと思います。とてもありがたかったですね。

「違い」の生かし方知った中学時代

中学校の部活の仲間たちと。後列の右から4番目が副島さん。バスケットボール部で身体能力を発揮できたことが自信に。副島さん本来の、ひょうきんな人柄も輝きだす。「劣等感しかなかった自分を、初めて良いと思えた時期」(画像を加工しています)

中学校の部活の仲間たちと。後列の右から4番目が副島さん。バスケットボール部で身体能力を発揮できたことが自信に。副島さん本来の、ひょうきんな人柄も輝きだす。「劣等感しかなかった自分を、初めて良いと思えた時期」(画像を加工しています)

出典: REMIX提供

<悩み深い幼少期を過ぎ、副島さんは浦安市の公立中学に進みます。バスケットボール部での活躍を通じ、弱点だと思っていた周囲との「違い」が、逆に武器になることに気づきました>

 ――成長するにつれて、見た目の捉え方は変わっていきましたか
 
 そうですね。転機は中学1年の時。高身長なのを見初められて、バスケットボール部にスカウトされたんです。

 初心者で最初は下手だったのですが、練習するほど結果につながるのが楽しくて。最終的には地区内で注目されるレベルの選手になれました。「居場所が見つかったな」という感じがしましたね。

 チームワークが求められる競技なので、部員間で協力できたのも良かったです。自然と会話する機会が増えて、他人と接することへの「免疫」ができたと思っています。

 ――友人と話すのに、抵抗がなくなった?
 
 はい。公立校だったので、部員には小学校の同級生も多く、相変わらず見た目をいじられることはあったんです。でも、うまく切り返せるようになりました。
 
 たとえば、「お前黒いよな」と言われたら「日焼けサロンで寝過ぎちゃって」、縮れ毛について指摘されれば「理科の実験に失敗して、爆発に巻き込まれた」……といった具合です(笑)。
 
 すると、笑ってもらえたんですよね。今まで弱点だと思っていた外見で、人を楽しませられると気づいた出来事でした。自分の容姿を初めて「いいな」と思え、どんどん人の輪に飛び込んでいけるようにもなりました。この体験は、今の仕事につながっていると思います。

一個しかないルーツで生きていく

「よく『あなたは外国人ですか?』と聞かれるんです。そのたびに『僕は日本にしかルーツが無いんですよ』と答えています」と話す副島さん=松本俊撮影

「よく『あなたは外国人ですか?』と聞かれるんです。そのたびに『僕は日本にしかルーツが無いんですよ』と答えています」と話す副島さん=松本俊撮影

出典: 朝日新聞

<日本で生まれ育ち、英語が苦手。なのに、周囲からは「外国人」と見られてしまう現実……。自分のアイデンティティーはどこにあるのか?そんな疑問の答えに、30代で初体験した、海外渡航を通じて到達します>

 ――ところで、副島さんは英語が苦手と伺いました
 
 おっしゃる通りです。中学1年の時、英語の定期試験の成績が、全然振るわなくて。先生は僕の見た目から、ネイティブ並みに使いこなせると考えていたようなんです。後で呼び出され「ふざけるな」と叱られました。以来、英語は「怖い」という印象が強いです。

 ――街中で、他人から英語で話しかけられることもあるのでは
 
 あります、あります。特に外国人観光客の方からは、ものすごい勢いで声をかけられます(笑)。でも、うまく答えられず、申し訳ないなぁと思うことが多いです。

 ――日本人であるにもかかわらず、外国人と見られてしまう。その状況を、どう捉えていらっしゃいますか
 
 確かに、見た目とのギャップは感じてきました。でも今は、「自分には日本人としてのアイデンティティーしか存在しない」と自信を持って言えます。
 
 2年前、テレビ番組のロケでニュージーランドに行ったんです。人生初の海外渡航でした。地元の大きな温泉まで自力で向かう、という企画で、住民にしゃべりかけないといけなかった。

 米国人のような見た目ながら、僕の英語は片言です。しかし彼らは、こちらの意をくんで手を貸してくれました。その経験から、生きる上で、容姿は大きな問題にならないと思ったんです。

テレビ番組のロケで訪れたニュージーランドでの一コマ。副島さんの明るさに、現地の子どもたちも思わずニッコリ

テレビ番組のロケで訪れたニュージーランドでの一コマ。副島さんの明るさに、現地の子どもたちも思わずニッコリ

出典: REMIX提供

 同時に、海外の文化に触れたことで、「僕は日本で育った日本人なんだ」と再認識することもできました。外見は、確かに日本だと一般的ではないかもしれない。それでも「一個しかルーツがないなら、それで生きていこう」という気持ちでいます。

外国人より「地球人」

おちゃめなポーズを決める副島さん=松本俊撮影

おちゃめなポーズを決める副島さん=松本俊撮影

出典: 朝日新聞

<観光客や留学生、技能実習生に永住者。海外から日本を訪れる人々は、年々増加する一方です。日本人と他国に出自を持つ人とを、時に隔ててしまう「外国人」という言葉は、現状になじまない部分も出てきています。副島さんが考える、新しい呼び方とは……>

 ――日本には海外から多くの人々が訪れ、定住するケースも増えています。親が海外の出身など、日本以外にもルーツがある「日本人」は少なくありません。「外国人」との呼び方は、ふさわしいとお考えでしょうか
 
 個人的には、「外国人」という言葉では、もはや人間を区分できないと思っています。時代遅れというか、字面のニュアンスが通用しなくなっているのではないでしょうか。

 僕のような見た目でも、話せるのは日本語だけという人は多い。逆に、日本人に見えて、別の国の言語しか分からない人もいます。となると、わざわざ国や文化によって、人を定義づける意味はないですよね。
 
 もはや地球全体が一つの国である、と言っても良いかもしれません。そうすると、「地球人」になるのかな?

 ――それなら、国の内や外という概念もいりませんね
 
 確かにそうですね!僕自身もまた、生まれながらに日本人であり、もっと言えば地球人だと思っています。
 
 もし今後、宇宙人と交流するようになれば、「太陽系人」「銀河系人」といった呼び方が出てくる可能性だってありますよ。「『地球人』なんて古くさい!」って言われているかも。ちょっと壮大すぎるかな(笑)。
 

◆副島淳(そえじま・じゅん)

 1984年7月18日生まれ。約195センチの長身で、アフロまで含めると2メートルを超える。雑誌のモデルや、舞台・映画俳優として幅広く活躍し、2017年4月からNHKの朝の情報番組「あさイチ」にレギュラー出演中。「人を笑わせ幸せにできる俳優」が目標。

 

 日本で働き、学ぶ「外国人」は増えています。でも、その暮らしぶりや本音はなかなか見えません。近くにいるのに、よくわからない。そんな思いに応えたくて、この企画は始まりました。あなたの「#となりの外国人」のこと、教えて下さい。

みんなの「#となりの外国人 #TonariNoGaikokujin」を見る

 

「日本人?…って驚かれるの楽しい」アフロ関東人・副島さん成長記録
前へ
運動会に参加する、小学生の副島さん。この頃から、周囲と外見が違うことに悩み始めた。
次へ
出典:REMIX提供
1/7
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

木登り苦手なはずが… アナグマ9頭の「ごは...
木登り苦手なはずが… アナグマ9頭の「ごは...
椎葉さんと那須さんばかりの村……現地で感じた「落人伝説」のリアル
椎葉さんと那須さんばかりの村……現地で感じた「落人伝説」のリアル
65キロを完走した88歳の自転車レーサーがくれたもの 戦争・震災の末
65キロを完走した88歳の自転車レーサーがくれたもの 戦争・震災の末
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
広島カープの今年のスローガンが、「水金地火木土天カープ」になった理由は?
Q&A
サビだらけのポルシェ… 実は特殊加工です! 話題の所有者に聞いた
サビだらけのポルシェ… 実は特殊加工です! 話題の所有者に聞いた
佐々木・奥川だけじゃない!サブローが注目するドラフト「隠し球」
佐々木・奥川だけじゃない!サブローが注目するドラフト「隠し球」
「ナス科の地上絵」が傑作すぎる! トマト...
「ナス科の地上絵」が傑作すぎる! トマト...
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きた...
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きた...
カロリーメイトから「リキッド」が新発売!なぜ今リキッドなのか?
カロリーメイトから「リキッド」が新発売!なぜ今リキッドなのか?
PR
宅急便に隠しデザイン? 「急」の文字が走ってる ヤマト運輸に聞く
宅急便に隠しデザイン? 「急」の文字が走ってる ヤマト運輸に聞く
サッカー長友「若いとき以上」の秘訣は「脂質」 MCTオイルに注目
サッカー長友「若いとき以上」の秘訣は「脂質」 MCTオイルに注目
PR
39歳で妻に先立たれた「企業戦士」、後悔だらけの子育て 子の思いは
39歳で妻に先立たれた「企業戦士」、後悔だらけの子育て 子の思いは

人気

もっと見る