MENU CLOSE

話題

5913

「パタパタ表示機」今までありがとう 仙台空港の動画に懐かしむ声が

仙台国際空港で先月27日、長らく親しまれてきた「反転フラップ式案内表示機」が役目を終えました。

先月27日で役目を終えた「反転フラップ式案内表示機」
先月27日で役目を終えた「反転フラップ式案内表示機」 出典: 仙台国際空港のツイッター

目次

 仙台国際空港で先月27日、長らく親しまれてきた「反転フラップ式案内表示機」が役目を終えました。通称パタパタと呼ばれる案内板で、ツイッターに投稿された動画には惜しむ声が続々寄せられています。空港の広報担当者に話を聞きました。

仙台国際空港の外観
仙台国際空港の外観 出典: 仙台国際空港のツイッター

ツイッターで話題に


 先月26日、仙台国際空港のツイッターアカウントがこんな投稿をしました。

 長い間、皆様に親しまれてきたパタパタ(反転フラップ式)案内表示機が、27日をもって役目を終えることになりました。

 ピア棟の供用が始まる28日からは、リアルタイムに情報提供するデジタルサイネージ式(4言語)へと刷新いたします。

 懐かしさを感じるパタパタ。その最後の姿を是非ご覧ください。

 動画には、便名や行き先、出発時間などのパネルがパタパタと動いて切り替わる様子が映っています。

 この動画に対して、「飛行場といえばパタパタですよね」「ザ・ベストテンみたいで昭和感あってよかった」「博物館とかで保存して欲しい」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万、いいねは1万7千を超えています。


担当者に聞きました


 「新たな旅客搭乗施設『ピア棟』が先月28日に供用開始になったタイミングで、空港全体の発着案内表示システムを刷新しました」と空港の広報担当者。

 現在のターミナルビルがオープンした1997年から使い続けてきたパタパタ。端末にデータを入力するとモーターが動き、パタパタ動いて反映される仕組みですが、新たな就航先が決まった際などにパネルを準備して取り付けるといった手間がかかっていました。

 新しい発着案内表示システムはデジタルサイネージになったため、情報がリアルタイムで反映できるそうです。

 役目を終える前に、実際に動いている様子を見てもらおうと投稿した動画が話題になったことについて、担当者はこう話します。

 「反響の大きさに驚いています。さみしさもありますが、見やすくリアルタイムで表示できるようになったので、その便利さを感じていただけるとうれしいです」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます