MENU CLOSE

話題

15648

スープカレー、なぜ汁が跳ねた写真に? 話題の垂れ幕、躍動感の狙い

カレー店に設置されたスープカレーの垂れ幕が、ネット上で注目を集めています。

見事にスープが飛び散っています
見事にスープが飛び散っています 出典: カレー&スパゲッティ ミールラウンジ提供

目次

 札幌のショッピングモール内にあるカレー店。その店頭に設置されたスープカレーの垂れ幕が、ネット上で注目を集めています。器の中に具材が飛び込んでいくデザインで、スープが飛び散る瞬間を写しています。なぜこのような垂れ幕を設置することになったのか? 理由を聞きました。

これが話題の垂れ幕
これが話題の垂れ幕 出典: カレー&スパゲッティ ミールラウンジ提供

こんな垂れ幕です


 札幌市西区にある「イオンモール札幌発寒」。そのモール内に今年3月オープンしたのが、「カレー&スパゲッティ ミールラウンジ」です。

 札幌市中央区にある「ミールラウンジ」のスピンオフ店で、もともとドライカレーがメインでした。8月中旬からスープカレーの提供を開始し、それに合わせて店頭に垂れ幕を設置したそうです。

 垂れ幕には「スープカレー始まる」と書かれており、器の中に向かって具材が飛び込んでいく様子や、スープが飛び散る瞬間が写真で表現されています。

 このデザインがツイッター投稿されると話題になり、「白いシャツ着て食べに行けない」「スープカレーのサラサラ感を出したかったんですかね」といったコメントが寄せられています。

今年3月のオープン時はドライカレーがメインでした
今年3月のオープン時はドライカレーがメインでした 出典: カレー&スパゲッティ ミールラウンジ提供

担当者に聞きました


 いったい何のためにスープが飛び散るデザインを採用したのか? お店を運営する会社の広報担当者は、こう説明します。

 「ドライカレーが名物のお店がスープカレーを始めても、お客さまに気づいていただけないのではないかということで、対比をわかりやすくするためにこのデザインにしました。デザイナーの『スープカレー店の広告写真は、どこも似たようなものがあふれている。写真だけでミールラウンジだと認識できるように』という考えも反映しています」

 名物のドライカレーはややニッチな商品だったため、北海道で人気が定着しているスープカレーを新たにラインナップ。垂れ幕の影響もあって足をとめる人が増え、客層が広がっているそうです。

 撮影にあたっては、良い「ハネ感」や、スープのしぶきを引き出すために2時間ほどかけて100回は撮影。納得できる1枚が撮れた後、スープカレーは撮影メンバーでおいしく食べたそうです。

 デザインが話題になったことについては、「広告ビジュアルでこんな反響が起きていることに驚いています。店頭での提供時はもちろんスープは跳ねませんので、ご安心ください」とのことでした。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます