close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年08月31日

「あの花」脚本家が、じんたんに不登校を「脱却」させなかった理由


  • 53435

岡田麿里さん(右)と「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のシーンから(c)ANOHANA PROJECT

岡田麿里さん(右)と「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のシーンから(c)ANOHANA PROJECT

最新ニュースを受け取る

 思春期の揺れる心情が描かれたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「心が叫びたがってるんだ。」の脚本を手がけた岡田麿里さん(42)は中高生時代に不登校でした。「あの花」では、不登校の主人公を描きながら学校シーンはほとんど登場させなかった岡田さん。「あの花」と「ここさけ」の生みの親が、生きづらさを抱えた若者たちに伝えたいこととは? (聞き手 朝日新聞大阪社会部記者・金子元希)

これだけ覚えておいて

【岡田麿里さんのメッセージ】
・周囲を気にするよりも自分を気にしよう
何がしたいのか、何が得意なのかを考えよう
・少しでも息のしやすい『次』の場所を見つけよう

「通常営業の教室に行く勇気はなかった」

 ――いつから不登校になったのですか。

 「きっかけは小学校時代です。学校でのポジション、アニメ現場の言葉で言うなら『キャラクター設定』につまずきました。その結果、中1の途中から高校まで5年半、登校拒否児をしていました。ずっと息苦しくて、現状から逃げることができず、何の変化もなく消えていく日々でした」

<岡田さんは1976年生まれ。埼玉・秩父の公立中に通っていた。文部省(現・文部科学省)が「登校拒否」を「不登校」に改めたのは1999年だった>

 ――学校にまったく行っていなかったのですか。

 「自分を登校拒否児とは認めたくなくて、修学旅行や学期の終わりは『つじつま合わせ』になんとか登校しました。中間テストの日に行ってみたことも。その度に激しくダメージを受けて、また何カ月も学校に行けなくなってしまうんですけど。通常営業の、いつもの教室に行く勇気はなかったです」

「あの花」の登場人物がいる橋のモデルになった旧秩父橋。奥に見えるのは秩父橋=埼玉県秩父市

「あの花」の登場人物がいる橋のモデルになった旧秩父橋。奥に見えるのは秩父橋=埼玉県秩父市

出典: 朝日新聞

「妄想で過去をやり直していた」

 ――夏休みはどんな位置づけでしたか。

 「夏休みは大好きでした。それは、他の子たちも同じように学校を休んでいるから。普段は外を歩くだけでも緊張していたのですが、夏休みは『私だけが休んでいるわけじゃない』と開きなおれて、自由にふらつけたんです。夏休みが終わるときは、絶望的な気持ちになりました」


 ――学校に行かないとき、何を考えていましたか。

 「どうしてこうなってしまったのかと、過去のことばかり考えていました。こうすればよかったんじゃないかと、妄想で過去をやり直してみたり。母親に対して罪悪感もありました。『私を捨ててくれないかな』とか。その方が『学校に行く』『行かない』の問題から離れた場所に行けて、今よりマシだとまで思っていました」


 ――高校を出ると、不登校が終わったのですね。

 「上京してゲームの学校に通うことになったのですが、すごく気が楽になりました。早朝にふらっとコンビニに行けるとか、過去の私を知っている人が全然いないとか」

登場人物が並ぶイメージ画のモデルになった旧秩父橋下=秩父市寺尾

登場人物が並ぶイメージ画のモデルになった旧秩父橋下=秩父市寺尾

「つらいことがあっても踏ん張れる場所はある」

<ゲームの学校に通っていた1995年、テレビでアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が放映され、人気を博した。アニメの業界が世間の注目を集めていく時代とも重なった>
 

 ――環境を変えたことが良かったのですね。

 「学校には『自分も不登校だった』という子が何人かいて、彼らと話すことでも救われましたね。真面目でしっかりした子が多かったな。私はだらしないですが……」


 ――仕事をするようになり、どう感じましたか。

 「私自身、シナリオを書く仕事を始めてからつらいことも多々ありましたが、学校に通うよりも困難ではありませんでした。つらいことが起こらない場所は存在しないけれど、つらいことがあっても踏ん張れる場所はあるんだなと感じました」

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のシーンから(c)ANOHANA PROJECT

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のシーンから(c)ANOHANA PROJECT

「ハッピーエンドとなるのに抵抗があった」

<アニメ「あの花」は2011年にテレビで放映され、2013年に劇場版が公開された。秘密基地に集う仲間だった6人の小学生。だが、1人の死をきっかけに疎遠になってしまう。月日がたち、高校生になると、主人公の少年(宿海仁太=じんたん)は不登校。そこに死んだはずの少女が現れる……という物語だ。大ヒットし、「聖地巡礼」として舞台になった秩父を多くのファンが訪れた。>

 ――自分の経験と重ねるファンも多いのでは。

 「不登校の男の子を主人公として描きましたが、ラストで『学校に行けるようになった』としたくありませんでした。不登校からの脱却が、ハッピーエンドとなるのに抵抗があったんです。物語の中で、学校のシーンはほとんど描いていません」

「心が叫びたがってるんだ。」のシーンから(c)KOKOSAKE PROJECT

「心が叫びたがってるんだ。」のシーンから(c)KOKOSAKE PROJECT

<2015年公開の劇場版「ここさけ」は、過去のトラウマで言葉を発するとおなかが痛くなる女子高生(成瀬順)が主人公。母親との関係に悩む姿が描かれている>

 ――当時の思いが投影されているのですか。

 「書いているときは、まったく意識しませんでした。『あの花』よりも自分から離れたものにしようと思っていたので、学校で起こる出来事がメインになっていますし。でも、書き終わってから『自分の過去を意識したか』と聞かれることは、『あの花』より『ここさけ』の方が多いですね」

「心が叫びたがってるんだ。」のシーンから(c)KOKOSAKE PROJECT

「心が叫びたがってるんだ。」のシーンから(c)KOKOSAKE PROJECT

<2017年には自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」(文芸春秋)を著した>

 ――自伝を書いて、何を思いましたか。

 「この歳になっても、私は意外と変わっていないなと感じました。性格にしてもそうですし、基本は家にこもって仕事をしていて、同じような日々をくりかえしているし。ただ、当時よりはだいぶ気が楽です。それは、今いる場所が自分にあっているからだと思います」

岡田麿里さん

岡田麿里さん

「少しでも息のしやすい『次』の場所を見つけてほしい」

 ――学校生活をどう振り返りますか。

 「不登校になってしまったからこそ、学校に通えていた頃のことは、ちょっとしたことでも本当によく覚えています。学生ならではの人間関係の悩みやポジションの取り方、息苦しさや焦燥感などは、脚本を書く時に役にたつこともあります」


 ――中高生やいま息苦しさを感じている若者に向けてメッセージを。

 「学校生活を楽しめるのは、語弊があるかもしれませんが『運がいい』子たちなのかなと。クラスでも部活でも、自分にとって『生きやすい』場所に所属できることってなにより大きいですから」

 「『生きづらい』場所で活路を見いだそうと努力するのは、大変なわりに貰(もら)いが少ない。そこで傷つくぐらいだったら、周囲を気にするよりも自分を気にしたほうがいいと思います。誰の目に映っても完璧な自分を求めるのではなく、『わりといいな』と自分が共感できる自分を探していく」

 「何がしたくて、何が得意なのか。まったく悩みのない場所はないとして、『これなら耐えられる』と思えるつらさはどんな性質のものか。そのうえで、少しでも息のしやすい『次』の場所を見つけていってほしいです」

     ◇

 おかだ・まり 脚本家。自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」を原作にした実写ドラマが9月1日、BSプレミアムで放映予定。その脚本も書き下ろした。2018年2月公開のアニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」では脚本とともに初監督を務めた。


 withnewsは4月から、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou」を始めました。日本の若い人たちに届いてほしいと、「#きみとともに」もつけて発信していきます。以下のツイートボタンで、みなさんの生きづらさも聞かせてください。

みんなの「#withyou #きみとともに」を見る

いろんな相談先があります

・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト

学校がしんどかったあの有名人 中川翔子さん・千原ジュニアさん…
前へ
「これは中2ぐらいかな? 本当に中学が嫌すぎたみたいで、成人式のとき地元を歩いてみたんですけど、中学だけ場所が分からなくなって、たどりつけなかった」と話す中川翔子さん=ワタナベエンターテインメント提供
次へ
1/9
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

「天皇決戦」叫んだ中核派、今はコミケ出展 ブースで売っていたもの
「天皇決戦」叫んだ中核派、今はコミケ出展 ブースで売っていたもの
NEW
その女、いったい誰なの? ご飯のお供「ゆ...
その女、いったい誰なの? ご飯のお供「ゆ...
ラコステなのに「ワニ」じゃない! 絶滅危惧10種のポロシャツ販売
ラコステなのに「ワニ」じゃない! 絶滅危惧10種のポロシャツ販売
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
PR
アラームでダメなら実力行使だ!半世紀愛される「定刻起床装置」とは
アラームでダメなら実力行使だ!半世紀愛される「定刻起床装置」とは
NEW
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR
確率1000分の1、からあげクンに「令和」の焼...
確率1000分の1、からあげクンに「令和」の焼...
もはや顔ハメじゃない! 小田急百貨店「令...
もはや顔ハメじゃない! 小田急百貨店「令...
ブラッシングしたいのに…自意識高めな猫との生活、愛らしい絵日記に
ブラッシングしたいのに…自意識高めな猫との生活、愛らしい絵日記に
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
ツッパリするなら正しくな! 突っ張り棒の社長が「ツッパリ嬢」に
同棲カップルの心理戦 「プリンの恨み」と思いきや…漫画作者に聞く
同棲カップルの心理戦 「プリンの恨み」と思いきや…漫画作者に聞く
引っ込み思案、話せない「性格だと…」 24歳で知った「場面緘黙」
引っ込み思案、話せない「性格だと…」 24歳で知った「場面緘黙」
NEW

人気

もっと見る