閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年08月30日

新人カメラマンが見た金足農の吉田輝星 実感したエースの責任と喜び

  • 26572

大阪桐蔭のリードで迎えた決勝の9回2死、金足農最後の攻撃をベンチで仲間と肩を組んで見つめるエースの吉田輝星投手(右端)=西岡臣撮影

大阪桐蔭のリードで迎えた決勝の9回2死、金足農最後の攻撃をベンチで仲間と肩を組んで見つめるエースの吉田輝星投手(右端)=西岡臣撮影

 100回目を迎えた夏の甲子園は、大阪桐蔭が史上初の2度目の春夏連覇を果たしました。その大阪桐蔭と決勝を戦った金足農は、「ミラクル」な勝ち上がり方も手伝って、全国の注目を集めました。その金足農を引っ張ったのが、エースの吉田輝星投手でした。この夏、朝日新聞の新人カメラマンとしてファインダーを通して見た150キロ右腕の活躍を、写真とともに振り返ってみました。(朝日新聞映像報道部・西岡臣記者)

どよめきの先にあった「150km」

 ブラスバンドの演奏が響き渡るなか、ファインダーに目を向ける。投手が球を投げ込むと観客がどよめきました。何事かと電光掲示板に目を向けるとそこには「150km」の文字がありました。

 金足農の吉田選手のすごさを感じたのは、自己最速と並ぶ150キロを記録した横浜との三回戦でした。その投球を三本間(三塁と本塁の延長線上の撮影位置)で撮影していました。

横浜―金足農 九回表、センター方向へ向かってポーズをとる金足農の吉田投手=松本俊撮影

横浜―金足農 九回表、センター方向へ向かってポーズをとる金足農の吉田投手=松本俊撮影

 八回裏、金足農は高橋選手の3点本塁打で逆転。二塁走者として生還した吉田選手は満面の笑みで高橋選手と抱き合いました。アルプスの盛り上がりは最高潮となりました。

 そして九回表、吉田選手が、最後の打者に自己最速に並ぶ150キロの速球を投げ込むと球場全体に歓声が響き渡りました。テンポよく投球しながら時折笑顔を見せる吉田選手からは、野球が楽しくて仕方がない、といった様子が、レンズ越しに伝わってきました。

横浜戦の三回裏金足農2死三塁、吉田が中越えに2点本塁打を放つ=松本俊撮影

横浜戦の三回裏金足農2死三塁、吉田が中越えに2点本塁打を放つ=松本俊撮影

 その後、金足農は近江との準々決勝、日大三との準決勝を制して秋田勢として103年ぶりの決勝進出を果たします。特に近江戦はサヨナラ2ランスクイズという劇的な幕切れが話題となり、SNSでも広く拡散されました。その瞬間を三塁側カメラ席で撮影していた私は、夢中で生還する走者と捕手にレンズを向けていました。

サヨナラ2ランスクイズ、撮るべきだったのは……

 しかし、試合終了後、あの瞬間は金足農のベンチの様子を撮るのが私の役割だったのかも知れないと反省しました。甲子園では、センターやネット裏に加えて、ニコンのロボットカメラまで駆使して内外野の最大11カ所から試合を撮影しています。実際、サヨナラのシーンで一番絵になる写真が撮れたのは、三本間と一塁側のカメラマン席でした。

八回裏日大三2死一、二塁、中村から三振を奪う吉田=松本俊撮影

八回裏日大三2死一、二塁、中村から三振を奪う吉田=松本俊撮影

 劇的な試合展開はもちろんですが、今大会の金足農の人気の理由は、それだけではありませんでした。秋田大会からの試合を戦った9人の選手全員が秋田出身でした。宿舎に用意されていたのは、秋田大会優勝時に贈呈された「あきたこまち」でした。こうした郷土愛を感じさせる要素が、金足農が多くの人から応援された理由の一つでもあると思います。私はどんどん高校野球の面白さ、そして金足農というチームの魅力に惹かれていきました。

カメラマンの要望に応え、侍のポーズをする金足農の吉田投手=西岡臣撮影

カメラマンの要望に応え、侍のポーズをする金足農の吉田投手=西岡臣撮影

決勝前、キャップに伝えた「吉田投手」狙い

 大阪桐蔭との決勝。この日、私は通常はカメラマンがあまり入らない一本間(一塁と本塁の延長線上の撮影位置)というポジションに入ることになりました。

 ここからは、一塁側に入った金足農のベンチがよく見えます。決勝の幕切れでは通常、喜ぶ優勝チームを追いかけるのが原則です。けれども、金足農が勝っても負けても、試合の幕切れでは金足農ベンチの選手たち、特に吉田投手を狙うことを事前にキャップに伝えて、臨みました。

五回裏大阪桐蔭の攻撃中に、帽子を脱いで一呼吸置く金足農の吉田投手=井手さゆり撮影

五回裏大阪桐蔭の攻撃中に、帽子を脱いで一呼吸置く金足農の吉田投手=井手さゆり撮影

 この試合、吉田選手は苦戦を強いられます。5点のリードを許し迎えた五回裏、猛攻を受け4失点。二塁手の菅原選手がマウンドで声をかけても、吉田選手の表情に笑顔はなく、横浜戦で見せたような強気な様子もありませんでした。

 その後さらに2失点し、五回を投げきった吉田選手は、直後の六回表、先頭の打席に立つも、凡打に倒れてしまいます。ベンチでは、意気消沈した表情でした。この後、吉田選手は今大会で初めて、試合途中でマウンドを降ります。右翼手として守備につく吉田選手の背中はどこか寂しげに見えました。

五回裏、大量失点した先発の吉田投手(中央)のもとに集まる金足農の選手たち=樫山晃生撮影

五回裏、大量失点した先発の吉田投手(中央)のもとに集まる金足農の選手たち=樫山晃生撮影

心の中で声援を送りながら、シャッターを切った

 七回表、金足農が菊地亮太選手の二塁打で1点を返すと、球場が大いに盛り上がります。攻守交代の場面で、吉田選手は奮闘した打線に元気づけられたかのように勢いよくグラウンドへ飛び出しました。

 九回表、金足農の最後の攻撃。吉田選手は仲間と肩を組みベンチの端で試合を見守っていました。最後の打者、菊地彪吾選手が右飛となり、試合終了。選手たちは整列に向かいます。ベンチを出た吉田選手は少し歩いたところで泣き出しました。そんな吉田選手を励ましながら、整列に向かうチームメートの姿を見て、心の中で声援を送りながらシャッターを切り続けました。

大阪桐蔭に敗れ、涙を流す金足農の吉田輝星投手(右)=西岡臣撮影

大阪桐蔭に敗れ、涙を流す金足農の吉田輝星投手(右)=西岡臣撮影

 両校あいさつが終わった後、大阪桐蔭の選手たちが次々に吉田投手に握手を求めていたのも印象的でした。
 
 七月の東京大会開幕からずっと高校野球を取材し、多くの投手が印象に残っています。攻玉社の田中、小山台の戸谷、日大鶴ケ丘の勝又、創志学園の西、下関国際の鶴田、そして金足農の吉田。野球というスポーツで、投手が背負う責任、重圧、緊張、やりがい、喜び。カメラマン席で、同じ時間と空間を過ごして、肌で感じました。

決勝を終えて戻った宿舎で、「侍」のポーズで記念撮影に応じる金足農の選手たち=西岡臣撮影

決勝を終えて戻った宿舎で、「侍」のポーズで記念撮影に応じる金足農の選手たち=西岡臣撮影

 私は小学校から高校まで、サッカー少年でした。サッカーでは、たった一つのポジションが、野球における投手ほどに大きな役割を果たすことはなかったように思います。

 決勝後、金足農の選手たちは、疲れをにじませながら宿舎に戻りました。それでも、カメラマンがおなじみとなった「侍」ポーズをリクエストすると、笑顔で応じてくれました。初めての甲子園を彼らと過ごしたことは、私にとっても一生忘れることのない経験となりました。

夏の甲子園で輝いた金足農の吉田輝星投手
前へ
次へ
1/20
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る