閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年08月24日

全国のサウナ好きが「長野に集まる」理由 夏の湖畔がフィンランド化

  • 14365

サウナと湖、サイコー!

サウナと湖、サイコー!

長野県は八ケ岳のふもとにある小海町。この町では全国のサウナ好きが集まるお祭りが開催されています。その名も「フィンランドの夏祭り」。本場フィンランド式のサウナをはじめ、多種多様なサウナが体験できるという、サウナーにはたまらないイベントです。そこで味わう「唯一無二」のサウナ体験とは、いったいどんなものなのでしょう?

やってきました小海町

電車はだいたい1時間に1本くらいで、

バスはだいたい2時間に1本くらい

コンビニは8時くらいに閉まります


さあ、やって参りました長野県は八ヶ岳のふもとにある小海町。豊かな自然に恵まれ、最近では映画「君の名は。」の新海誠監督の故郷としても知られています。

2016年には新海誠監督作品「君の名は。」展が開催

2016年には新海誠監督作品「君の名は。」展が開催

2017年には新海誠展が開催されました

2017年には新海誠展が開催されました

松原湖の奥には八ケ岳

松原湖の奥には八ケ岳

晴れていると美しい空が広がります

晴れていると美しい空が広がります

そんな小海町にある松原湖のほとりで「フィンランドの夏祭り」が開催されました。お祭りの中心は「フィンランドビレッジ」。小海町の気候や景観がフィンランドに近いという理由で作られた施設です。

7月7日の七夕。
会場に到着すると、目にしたのは湖のほとりにあるログハウス。
そしてあちらこちらにサウナ、サウナ、サウナ。

松原湖畔にあるフィンランドビレッジ

松原湖畔にあるフィンランドビレッジ

湖畔にサウナ

湖畔にサウナ

ここにもサウナ

ここにもサウナ

もうあちらこちらにサウナ

もうあちらこちらにサウナ

スモークサウナ、、、、楽しみすぎる

スモークサウナ、、、、楽しみすぎる

なんと用意されたサウナは全部で8種類。
フィンランドサウナにテントサウナそして、スモークサウナまで。これが全て入り放題なんて、まるで夢のようです。

最近のサウナ人気を反映するかのように、今年はサウナ体験への申し込みが例年を遥かに超える勢い。途中で受付を締め切り、急遽サウナの数を増やしたそうです。通常「フィンランドビレッジ」は関係者以外入れないため、この機会を逃すまいとするサウナー(サウナを愛する人)の皆様の気持ち、大変よく分かります。

いざサウナへ!

さっそく水着に着替え、いざサウナ体験。
まずはログハウスの中にあるサウナに向かいます。

本場フィンランド式サウナ。椅子に腰掛けると天井と頭がかなり近くなります。もちろんロウリュし放題。

ロウリュ
熱くなったサウナストーンに水をかけ蒸気を発生させること。体感温度が上がり、発汗が促進される。

なかなかお目にかかることができない本格フィンランドサウナとあって、時にはサウナ待ちの列も。お互い譲り合いながら、しっかりサウナを楽しみます。


お次は近くにあるサウナコタへ。
(コタとはフィンランド語で「小屋」の意味)

こちらのサウナは薪ストーブです。
電気ストーブとはまた違った熱を肌に感じます。

ここでも多くの人がロウリュを楽しんでいました。

水が蒸発する音が響くと、一気にサウナ室の温度が上がり、体中に蒸気が降り注ぎます。

熱い。でもそれがいい。

まだまだ自由にロウリュできるサウナ施設が少ないので、この環境、サウナーにとってはたまりません。



テントサウナではサウナヨガも開催されていました。

講師のIzumiさん(写真左)

講師のIzumiさん(写真左)

程よい温度のサウナ室で、ゆっくりと体を伸ばしていきます。

もちろんこのテントサウナもロウリュできます

もちろんこのテントサウナもロウリュできます

最後はフィンランドの石で体を撫でます

最後はフィンランドの石で体を撫でます

初体験のサウナヨガ、大変リラックスできました。

激レアのスモークサウナ体験

数あるサウナの中でも、スモークサウナにはひときわ多くの人が並んでいました。

スモークサウナを待つ参加者

スモークサウナを待つ参加者

スモークサウナは石を8時間くらいかけて温め、その余熱でロウリュする完全オーガニックなサウナ。サウナ大使・タナカカツキさんによると「おそらく日本でここにしかない」とのこと。このスモークサウナは、フィンランドに残っていたものを採寸して再現したそうです。そのサウナにかける情熱たるや、、、脱帽です。

いざ初スモークサウナ!

中は薄暗く、明かりは小さなランプと外から差し込む光のみ。いつも入っているサウナと異なり、薪が燃えた後の良い香りが鼻孔をくすぐります。

温度はそこまで高くないため、長い間サウナ室にいることができます。ゆっくり、ゆっくりと体が暖まってく……。

厳かな空間で、心穏やかに自分と向き合う。そんな貴重な時間を過ごすことができました。

スモークサウナ、裏はこんな感じ。土に埋まっていることが分かります。

スモークサウナ、裏はこんな感じ。土に埋まっていることが分かります。

湖が大きな水風呂

水風呂は水温10度の松原湖。湖に入って体を冷やすのは、まさしく本場フィンランド流の楽しみ方。

参加者のみなさん、どんどん湖へ入ります

参加者のみなさん、どんどん湖へ入ります

大きな水風呂を全身で楽しみます

大きな水風呂を全身で楽しみます

熱くほてった体を湖に投げ出せば、感じるのは大自然との一体感。街中のサウナ施設では体験できない別次元の「ととのった」感覚を味わうことができます。

ととのう
サウナで味わえる爽快感を表現した言葉。またその爽快感を得ること。(例)今日もサウナでととのった

サウナからの湖「サイコ-だ!」

サウナからの湖「サイコ-だ!」

自然の環境のなかで楽しむサウナ。
シラカバの葉を束ねた「ヴィヒタ」もそこかしこに。

ここにもヴィヒタ

ここにもヴィヒタ

そこここにヴィヒタ

そこここにヴィヒタ

これで体をたたけば森の香りが広がり、心も体も落ちつきます。

ヴィヒタを片手に……

ヴィヒタを片手に……

バシバシ体を叩きます

バシバシ体を叩きます

高原の涼しい空気の中、外気浴するのも大変心地よい時間です。

ゆっくり休憩。高原の空気が気持ち良い

ゆっくり休憩。高原の空気が気持ち良い


参加者はおよそ200人。東京はもちろん、名古屋や東北から来た人も。サウナハットをかぶったサウナーたちが、次から次へとサウナをハシゴしています。参加者の多くが若い人たち。女性の姿も目立ちます。

夏祭りに参加していた日本サウナ・スパ協会の米田行孝専務理事(49)は、
「都会でも新しいサウナができたりと、その魅力が見直されています。タナカカツキさんの『サ道』が出版されたことで若い世代にも一気に広まりました。」
と嬉しそうに話していました。はい、まさしく私もそんな1人です。


東京から来た斉藤修太さん(34)と斉藤美香さん(33)は夫婦で参加。
「夫婦一緒にサウナを楽しめるのが良かったです。都内のサウナで男女一緒に楽しめる施設は少ないですから。」
と喜んでいました。

自由にサウナを楽しみます。会場は大賑わい。

自由にサウナを楽しみます。会場は大賑わい。

若きサウナーの姿も

若きサウナーの姿も

テントサウナでもロウリュが楽しめます

テントサウナでもロウリュが楽しめます

将来が楽しみなサウナーも

将来が楽しみなサウナーも

会社員の松田宇貴さん(31)はサウナが好きすぎてサウナ関連会社に転職してしまった強者。
「サウナと新鮮な空気が相性抜群。最高の経験です。参加者同士がサウナを通じて交流できるので、仲間の輪も広がりました。」

そう、参加者はサウナーばかりなので、自然と会話もサウナの話。世代や性別が違っても、サウナを通じてすぐに意気投合できます。

サウナだけじゃない!フィンランド文化に親しめる夏祭り

サウナに入っては湖に。サウナに入っては湖に。繰り返しているとお腹が減ります。そんな時は、会場に用意されたフィンランド料理をいただきます。

用意された料理はなんと食べ放題

用意された料理はなんと食べ放題

高原ならではの味も

高原ならではの味も

この夏祭り、サウナ以外にもフィンランドの文化に触れられるイベントがたくさん。
フィンランドの装飾品「ヒンメリ」作りワークショップや、

フィンランドの伝統的なゲーム「モルック」の大会も。

色々な角度からフィンランドの文化に触れることができるお祭りなのです。

本格的なフィンランドの夏祭りとあって、会場にはフィンランド大使館関係者の姿もありました。家族で来場されていた、参事官のマルクス・コッコさん(47)に話を聞いてみました。

フィンランド大使館の文化・報道担当参事官マルクス・コッコさん(写真右)

フィンランド大使館の文化・報道担当参事官マルクス・コッコさん(写真右)

「小海町の湖や山々、気候といった自然環境がまるでフィンランド。ここに来ると故郷に戻ってきたように感じます。小海フィンランド協会が尽力し、夏祭りを開催してくれていることに感謝します。」
フィンランド生まれのコッコさんが懐かしむほど、小海とフィンランドの環境は似ているようです。

コッコさんもスモークサウナを存分に楽しまれたそうで、
「フィンランド発祥のサウナが世界に広がり、日本でも多くの人が楽しんでいることをうれしく思います」
と笑顔で語っていました。

サウナを生んだフィンランド、残念ながらまだ足を踏み入れたことがなく……。一刻も早くお伺いせねばと思っています。

式典で挨拶するコッコさん

式典で挨拶するコッコさん

自然や気候が似ていることから始まったフィンランドと小海町との交流。2002年から開催しているこの夏祭りも今年で17回目になります。

今後、小海町はフィンランドとの関係をさらに深めていきたいとのことで、小海フィンランド協会理事長の小池民夫さん(75)は、
「フィンランドデザインの展覧会を開催や、フィンランドでのホームステイ体験などを検討しています。さらに幅広い活動を通じてフィンランドとの交流を深められればと思います。」
と話していました。

北欧で古くから人々に愛されてきた、伝説の森の妖精「プティリッツァ」。小海町のシンボルキャラクターです。

北欧で古くから人々に愛されてきた、伝説の森の妖精「プティリッツァ」。小海町のシンボルキャラクターです。

駅前にも「プティリッツァ」の姿

駅前にも「プティリッツァ」の姿

飽きずにサウナを楽しんでいると、辺りはだんだんと暗くなってきました。夏祭りの最後には「コッコ」と呼ばれる大きな松明に火が灯り、夏祭りを締めくくります。

燃える「コッコ」

燃える「コッコ」


小海町では毎年「日本サウナ祭り」も開催されています。その主催者の1人で、サウナ大使でもあるマンガ家・タナカカツキさん曰く「小海町でのサウナ体験は唯一無二」。いやはや、まさにその通り。「オーガニックなエンターテイメント」「自然を使ったアクティビティ」としてのサウナを心ゆくまで堪能できた1日。街中ではとても体験できない「ととのい」を体験できる、素晴らしいイベントでした。


夏祭りの内容は年々充実させているとのことなので、きっと来年も開催されるはず。「フィンランドの夏祭り」がこれからも続き、小海町にさらに注目が集まること、そして今以上にサウナを楽しむ人が増えることを心から願っています。(この記事がそれらのために少しでも役立てば幸いです。)

ありがとう小海町!

ありがとう小海町!

「フィンランドの夏祭り」でサウナを楽しむ参加者
前へ
サウナでじっくり汗をかく参加者
次へ
1/16
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る